家庭教師だけで中学受験は成功可能?理解しておきたいメリット・デメリットとおすすめの活用法を徹底解説!

中学受験を目指す場合、受験勉強を効率に進めるための選択肢として、考えられるのは大きく分けて「家庭教師」と「塾」の2つがあります。

しかし実際には、大手の進学塾だけに通っており、家庭教師を利用していないという受験生が大半を占めるのではないでしょうか?

それでは、受験合格のためにはもう一つの選択肢である「家庭教師」を活用する必要があるのでしょうか?また、塾と同じように家庭教師だけで中学受験を乗り切ることができるのでしょうか。

本記事では、中学受験対策で家庭教師を効果的に利用する方法や、塾との併用のコツなどをご紹介していきます。

中学受験対策と家庭教師の相性を踏まえた利用方法についても知りたい方は「中学受験に家庭教師ってどうなの?現役家庭教師が効果的な利用方法を解説!!」の記事も併せてご覧ください。

【結論】家庭教師だけで中学受験は成功できる!

結論からご紹介しますと、「家庭教師だけで中学受験は十分成功可能」だと間違いなく言えるでしょう。

次に紹介するメリットの観点から、家庭教師は中学受験をする際の大きな味方となってくれるはずです。中学受験対策として、家庭教師の利用を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

家庭教師だけで中学受験を目指すメリットは?

中学受験で家庭教師を利用する際、授業形式は1対1のマンツーマン指導ですので、以下の4つの観点から家庭教師のメリットがあげられます。

お子様に合わせた授業のカリキュラムを組んでもらえる

家庭教師の場合、お子様一人ひとりに合わせた指導をしてもらえることが可能です。

集団塾のカリキュラムでは志望校合格に向けて、授業のカリキュラムがあらかじめ決められていますので、特定の単元に対しての授業が集中して行われることは少ないです。

また、講師が生徒全員の学習状況を理解するのは困難であり、苦手な教科・単元の理解が追いつかない生徒が出てくることがあります。

一方家庭教師では、苦手な教科・単元を集中的に指導してもらえることも可能であるため、苦手対策に効果的です。マンツーマン指導ですので、学習状況も把握しやすいため、疑問点を残さない学習をすることができます。

また、家庭教師の場合、授業日程の振替やテスト前に集中的に教わりたい時などに授業日程の変更や追加を行うことも塾に比べて可能な場合が多いです。

勉強に集中的に取り組める

家庭教師はマンツーマンで指導が行われるため、周りの目を気にせずに勉強に集中して取り組むことができます。

集団塾の場合、ライバル意識を与えるために周りの生徒を意識させ、生徒同士で競争意識を持たせるところもあります。周りからの視線が気になってしまうお子様の場合、テストの順位やクラス分けなどがプレッシャーに感じてしまうことがあります。

家庭教師の場合、周囲の視線を気にすることなく、お子様のペースに合った授業を行えるため、集中的に勉強に取り組めるでしょう。

中学受験は自分との戦いです。周りの視線を気にすることなく、どれだけ集中的に勉強に取り組むことができるかが大切になってくるでしょう。

お子様のモチベーションやメンタルのケアをしてもらえる

家庭教師の場合、集団塾より、教師と生徒の距離が近いです。そのため、お子様の集中力が途切れているときなどに雑談を挟むなどして、お子様に合わせて楽しく授業をすることが可能です。また、お子様が成績が上がらなくて悩んでいる時などに、家庭教師の場合、お子様の心情の変化に気づきやすく、お子様を励ましてくれるなど、メンタルケアをしてくれることもあります。

そして、「何のために勉強しているのか」「中学受験の目的は何なのか」を再確認してくれたり、一緒に考えてくれるなどサポートをしてくれます。勉強する目的意識を明確にしておくことで、より効率的な学習を行えるでしょう。

中学受験本番時の対策ができる

中学受験対策を指導している家庭教師は中学受験のプロといえるでしょう。

家庭教師は中学受験の本番時に、時間が多くかかる問題や、解くことが難しい問題を後回しにして、得点が取りやすい問題から解くといったテクニックを知っています。

また、最近の中学受験の入試問題は知識を応用させないと答えられないような高い思考力が求められる問題が増えています。塾などで解法を画一的に学ぶだけでは解くことが難しい場合が多々あります。家庭教師の場合、丁寧にマンツーマン指導を受けられるため、問題を解く際に先生がどのように考えて問題に取り組んでいるか、思考のプロセスまで学ぶことができます。

家庭教師だけで中学受験を目指すデメリットは?

多くの中学受験生が家庭教師を利用せずに大手塾だけで中学受験を乗り切ろうとし、そして、家庭教師だけで中学受験を成功することは難しいと言われています。

その理由には、家庭教師だけで受験合格を目指すためにはどうしてもいくつかのデメリットが生まれてしまうことが原因として考えられます。

そこで、家庭教師だけで中学受験を目指す際のデメリットを紹介します。

ライバルが生まれない

まず、家庭教師だけで中学受験に臨む場合には「中学受験を目指す同じ小学生のライバルが居ない」というデメリットが生まれます。家庭教師だけを使っている場合は、周りに同年代の生徒がいないためライバルとなりうる存在が生まれてこないのです

ライバルが存在する最大のメリットは、「生徒のモチベーション維持・向上」です。周りに中学受験をする仲間がいると、負けじと勉強に取り組むことができたり、テスト結果を仲間と比較するなどしてモチベーションを保つことができるのです。

情報収集に遅れが出る

塾に通っていれば、長年の間中学受験業界に身をおいて「中学受験」を知り尽くした教師から「ベストな併願校」や「合格までに必要な偏差値や勉強量」といった中学受験に関する情報を簡単に集めることができます。

しかし、残念ながら家庭教師の先生は「指導のプロ」ではあるものの、情報収集といった部分を苦手としている場合は多いです。

先に紹介した中学受験に関する情報は決して塾の関係者しか入手できないような情報ではなく、調べれば簡単に手に入れることのできるものではあります。しかしながら、受験生本人や保護者様が情報集めを苦手としている場合だと、塾で簡単に手に入れることができるような受験に必要となる情報の入手が難しくなり、中学受験に不利に働いてしまう可能性があるのです。

料金が塾に比べて高い

比較的、塾は料金を安く抑えられますが、家庭教師の場合、金銭面での負担が大きくなってきます

金銭面で余裕があるご家庭の場合は全く問題ないですが、そうでない場合は食費や教材費などを節約することで、かえってお子様に負担になり、勉強に集中できなくなる場合があります。

家庭教師を雇う場合は料金コストが嵩むことを忘れないようにしてください。

塾を既に使用している時は?上手く併用するにはどうすればいい?

やはり、「家庭教師だけで中学受験に臨むことは不安」と感じる方も、塾だけの利用ではなく、それと同時に家庭教師を利用することはとてもおすすめです。

なぜならば、塾と家庭教師を併用することで、単独で利用するよりもさらに効率的・効果的に学力を向上させることが可能になるからです。

ここからは、塾と併用する場合の家庭教師おすすめ活用法をご紹介します。

サピックスと家庭教師の併用について以下の記事に詳しく書いていますので、ぜひご一読ください。

【中学受験生/SAPIX生向け】サピックス生が家庭教師を利用するのは中学受験対策として効果的?

塾でのわからないを解決

中学受験塾では、小学校の授業とは比べ物にならないほどハイレベルな内容の授業が行われるため、どうしてもわからない部分が生まれてしまいます。そのようなときに重要なのが、先生に質問をして疑問点を解消することです。

しかし、引っ込み思案の方はなかなか質問に行けなかったり、先生が忙しくて質問の時間が取れなかったりと生徒の疑問点の解消ができない場合も多々あります。

そこで役立つのが家庭教師の活用です。家庭教師は先生と生徒との一対一指導が行われますので、自分の理解度に合わせて何度でも質問することができ、疑問点を残すことなく勉強を進めていくことができます。

志望校対策

塾ではあらかじめ定められたカリキュラムに沿って授業が行われるため、生徒個々人の志望校に合わせた対策を行うことは難しいです。

その一方で、家庭教師は個人指導ですので、好きな時期から好きなだけ時間をかけて過去問指導といった志望校対策を行うことができるのです。

さらに、生徒の志望校出身の先生から指導を受けることで、先生の実体験をもとにした過去問対策が可能になるほか、実際の学校生活の様子を聞くこともできるのでお子様の勉強のモチベーションアップにもつながります。

家庭教師選びで失敗しないために気をつけることとは?

中学受験の対策と一口に言っても志望校やご家庭の状況、お子様の特性によってその内容は千差万別です。中学受験の対策をする際に、ご家庭・お子様に合った家庭教師を選ぶことで、志望校への合格は一歩近づきます。中学受験対策の家庭教師選びで失敗しない方法については「こんな家庭教師は注意が必要!中学受験で失敗しない家庭教師の選び方とは?」に詳しく書いていますので、家庭教師を選ぶ際は是非参考にしてください。

適正料金で中学受験対策の家庭教師を探すならスマートレーダー

家庭教師は難関大生のみ

スマートレーダーの先生たちは東大・東工大・一橋大・京大・阪大といった超難関大学と呼ばれる一流の国立大学の生徒のみに限定されているため、教師の質が非常に高くなっています。

勉強のプロとも言える難関大生から指導を受けることができ、数多くの先生が難関中学の受験を経験しているため、家庭教師だけで中学受験を乗り切るために必要なモチベーション管理や苦手ポイントの克服、受験対策にぴったりです。

適正料金で指導が受けられる

スマートレーダーでは、先生の指導歴や成績などから一人一人の能力に応じた適正時給を査定しています。

さらに、依頼の際にも入会金は不要で手数料は一切かからないため、費用が高くなりやすい個人契約の家庭教師ながら1時間あたり2500円から指導を受けることが可能です。

オンライン指導も可能!!

スマートレーダーはオンライン指導にも対応しています。

お家にいながら優秀な学生から様々な知識を教えて頂きます。地方に在住の方も、パソコンさえあれば、東大生の勉強法までも伝授してもらえます!

また、1回1時間から指導を依頼することができます。ハイレベルな指導を必要な時に必要な分だけ受けることができるため、時間を効率的に使うことができます。

他の注目記事
中学受験 2023.10.24

中学受験の直前期(12月・1月から)の過ごし方は?保護者ができるサポートからNG行動まで徹底解説します!

12月から中学受験は直前期に差し掛かります。中学受験の合否を決める大きな要因として、受験当日までの精神の安定、心の持ち方が挙げられます。受験を目の前に控えた受験生はかなり大きい精神的なダメージに晒されます。そこで今回は受験直前期の過ごし方や保護者ができるサポートからNG行動まで解説していきます。

中学受験 2021.11.15

中学受験の過去問が解けない場合はどうする?いつまでに何割取れていれば合格の可能性が高いのか解説します!

中学受験をするうえで避けては通れない過去問。初めて解いたときには、その難易度故に「合格点に届かない」「全然点が取れない」という事態が頻繁に発生します。この記事では、いつまでに何割取れていれば合格可能性が高いのか、過去問が解けない場合はどのように対策すればいいのかを紹介します!

中学受験 2022.12.12

中学受験の直前期に子供が勉強しない?理由と解決法を解説します。

直前期くらいはやる気を出すと思ってたのに…勉強しろと言ってもやらないし、直前期なのにと焦っているのは親だけ。このような事態に陥ってしまう家庭は少なくありません。どうしてこうなってしまうのでしょうか?今回は、中学受験の直前期に子供が勉強しない理由と、その解決策について解説します。