家庭教師の料金相場は?個人契約などパターン別に徹底解説

家庭教師の利用を決心できない最大の理由が料金です。
「家庭教師の料金相場は知らないが、漠然と学習塾よりも高いイメージがある」という方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では塾講師歴6年以上の筆者が、家庭教師の料金相場や、家庭教師もしくは塾のどちらに通うべきか生徒のタイプ別にまとめました。

家庭教師の料金相場に対する知識を深め、生徒に最適な学習環境を用意しましょう!

今話題位のオンライン家庭教師の料金相場について気になる方は「オンライン家庭教師の料金相場を徹底解説!!」の記事に詳しく書いていますので、ぜひご一読ください。

家庭教師の料金相場

家庭教師 費用

家庭教師の料金相場は、おおよそ3,000〜8,500円です。週1回の授業で月額12,000〜34,000円、週2回の授業で月額24,000〜68,000円です。

料金相場は、家庭教師派遣会社を通して派遣された家庭教師なのか、個人契約の家庭教師なのかによって異なります。また、生徒の学年や教師のレベルによっても、料金相場は異なります。

各タイプ別の家庭教師の料金相場について見てみましょう。

家庭教師派遣会社(家庭教師センター)を通した場合の料金相場

家庭教師派遣会社(家庭教師センター)とは、家庭教師と生徒のマッチングを行う機関のことです。家庭教師派遣会社を通すことで、質が保証された家庭教師の授業が受けられます。一方で、授業料には家庭教師派遣会社への手数料も含まれるため、料金相場は高くなります。

家庭教師派遣会社を通した場合の月額料金相場は以下の通りです。

タイプ料金相場
小学生(中学受験なし)3,000〜6,000円
小学生(中学受験あり)3,500〜6,500円
中学1・2年生3,000〜6,000円
中学3年生3,000〜6,500円
高校生(1・2年生、大学受験をしない3年生)3,000〜6,000円
高校生(大学受験あり)5,000〜8,500円

※難関大学生やプロ家庭教師の場合の料金相場は上記の表よりも少し高くなります。
スマートレーダーであれば同程度の金額で超難関大学生に指導を依頼できます。

個人契約の料金相場

個人契約は、家庭教師派遣会社などの機関を通さずに、直接個人的に家庭教師契約を結ぶ形態です。個人契約の家庭教師を探す方法はたくさんありますが、知人経由・ネット上で探す・大学に依頼する、といった方法が一般的です。

家庭教師派遣会社への手数料が必要ない分、料金相場は安いですが、信頼できる家庭教師を探す手間と、何か問題が発生した時のリスクが大きいです。

金銭トラブルや、家庭教師の経歴詐称、無断欠勤などのトラブルの可能性が高くなります。「個人契約の家庭教師でよく起こる6つのトラブル」でも個人契約の家庭教師で起こりがちなトラブル内容や対策・対応方法を解説しています。

また、個人契約の家庭教師を依頼する場合場合は自分で家庭教師と契約を結ぶ必要があり、少々煩雑になります。

個人契約の家庭教師の場合、料金相場は以下の様になります。

タイプ料金相場
小学生(中学受験なし)3,000〜5,000円
小学生(中学受験あり)4,000〜6,500円
中学1・2年生3,000〜5,000円
中学3年生3,000〜6,000円
高校生(1・2年生、大学受験をしない3年生)3,000〜6,000円
高校生(大学受験あり)5,000〜7,500円

※難関大学生やプロ家庭教師の場合の料金相場は上記の表よりも少し高くなります。

塾と家庭教師の料金相場について知りたい方は「家庭教師と塾ではどちらが安い?両者の相場を比較」の記事に詳しく書いていますので、ぜひご参照ください。

家庭教師センターと個人契約の特徴

家庭教師センターに家庭教師を依頼する場合と、個人契約を結ぶ場合には、様々な違いがあります。そこで、それぞれの特徴を解説していきます。

先生選び

家庭教師センター

家庭教師センターでは契約時に、社員がご家庭に伺い面談を行います。これにより生徒の学力や、性格、目的を明確にしたうえで先生を選ぶことが多いので、先生選びに失敗しにくいです。また、先生の変更も簡単にできることが多いので、先生選びが簡単な特徴があります。

しかし注意していただきたいのは、面談と先生選びが関係ない家庭教師センターもあるという点です。なかには、契約をとることを専門としている社員やアルバイトを面談に派遣し、契約が取れたら、登録している先生に募集をかけるという体制をとっている場所もあり、こういった場合は、家庭教師センターの強みが生かし切れていないです。こういった場合は仲介料がとられているだけなので、おすすめできません。

個人契約

個人契約においては先生の選び代がかなり少なくなります。そのため、相性のいい先生に出会うのがかなり難しいです。個人契約の探し方については「個人契約の家庭教師の探し方を解説!」の記事に詳しく書ていますのでぜひご参照ください。

教師

家庭教師センター

家庭教師センターにはプロ家庭教師と学生家庭教師がいます。プロ家庭教師は家庭教師センターに勤める社会人の家庭教師を指します。先に述べた通り、学生家庭教師は、家庭教師センターに登録した大学生に、依頼があるたびに募集をかけて、希望した人を教師としています。

プロ家庭教師の場合は、多くの生徒の情報や受験情報を仕入れていて、それらを使って、授業をします。多くの生徒を同時に教えているため、一人ひとりにぴったりな授業というよりは、万人受けする教え方になる傾向があります。

学生家庭師の場合は、持っている生徒の数が少ないため、しっかりと生徒と向き合った授業を実施します。そのため、やりやすいミスやよく間違える問題を対策してくれることがあります。

個人契約

個人契約の先生は、受験経験をベースにした授業をします。そのため、指導に受験経験が活かしやすい、中学受験対策や大学受験対策などは非常におすすめです。特に志望校出身の先生からの指導は、合格に直結する本番を想定した指導となるので、非常に効率的な授業になります。

逆に学校の定期テスト対策などについては、対策法を先生もわからない場合があるので、注意が必要です。

また、家庭教師センターの学生家庭教師と同様、生徒としっかりと向き合うため、一人一人にあった授業をしてくれることが多いです。ただ、指導力は先生によってバラバラなので、気を付ける必要があります。

個人契約の家庭教師のメリット・デメリットは?

家庭教師センターを利用して家庭教師の指導を受ける場合と、個人契約の家庭教師に指導をお願いする場合とでは料金相場以外にも様々な違いがあります。

そこで、ここからは個人契約の家庭教師を利用する場合のメリットとデメリットをご紹介していきます。

メリット

個人契約で家庭教師をお願いする最大のメリットは「授業料が安い」という点です。上で紹介した表からわかるように、個人契約では家庭教師センターでの料金相場と比較して、1時間あたり1,000円程度安くなっています。

月に2回授業を依頼するとすれば個別指導の方が家庭教師センターに依頼するよりも月額2,000円ほど、年間通して考えると1年間で約25,000円もの差が生じます。

また、指導をお願いする先生を自分で選べるという点も大きなメリットです。個人契約の家庭教師なら、先生の在籍大学や出身高校などが公開されている場合が多く、それらの情報をもとにご自身にぴったりの先生を選ぶことができるのです。

先生選びで失敗したくない方は「家庭教師を選ぶときに重要な5つのポイント」の記事をご参照ください。

3000人以上 バナー 最新版

デメリット

個人契約家庭教師のデメリットは指導にリスクが伴うことでしょう。

個人契約の場合は契約からトラブルが起きた際の対処まで全て自分で行わなければなりません。また、先生の経歴や指導力の信頼性についてもリスクがあります。

このように、場合によっては時間やお金が無駄になってしまう可能性があるという点は個人契約の大きなデメリットであると言えます。

スマートレーダーでは
スマートレーダー は契約は個人契約ですが、事前に家庭教師の情報を細かくチェックすることができ、信頼性が担保されています。
ホームページでどのような家庭教師が在籍しているかチェックできるので、興味がある方は確認してみてください。

家庭教師がおすすめの生徒・学習塾がおすすめの生徒

学生 悩み

家庭教師と学習塾、どちらを利用すべきか悩む方も多いでしょう。そこで、家庭教師がおすすめな生徒と学習塾がおすすめの生徒の特徴をまとめました。

家庭教師vs塾【徹底比較!】メリット・費用・向いている方など

2019.02.27
家庭教師と塾を様々な点で比較。 生徒にあった家庭教師・塾選びのポイントを紹介しています。
家庭教師がおすすめの生徒
・学校の授業についていけない生徒
・集中力にムラがある生徒
・発展的な内容を学習したい生徒
など
学習塾がおすすめの生徒
・自分で教科書を読んで理解できる生徒
・基礎が身についている生徒
・競争心がある生徒
など

簡潔に言うと、勉強が平均よりもできる生徒は、学習塾でも問題ありません。しかしそうでない場合には、家庭教師をおすすめします。なぜなら、家庭教師は生徒に付きっきりで指導をしてくれるからです。

少人数制やマンツーマンの個別指導塾に通う選択肢もあります。しかし少人数の場合は、教師が他の生徒の対応をする時間があります。教師が他の生徒の指導をしている間に質問したいことがあっても、数分間待たなければなりません。居眠りをしてしまっても、数分間は誰も起こしてくれません。

マンツーマンでも周りには他の生徒がいるので、気が散ってしまったり、ついついおしゃべりをしてしまう可能性があります。また周りの生徒の状況によっては、質問することを恥ずかしいことだと感じてしまうかもしれません。

家庭教師の仕事は、勉強を教えることだけではありません。生徒が問題を解いている最中、集中が切れてしまったら、隣にいる家庭教師が声をかけてくれます。居眠りをしていたら起こしますし、手が止まっていたらどこが分からないのか問いかけます。

また、家庭教師は完全な個別指導ですので、お子様にあった進度で学習を進めることができます。

もし学校の学習進度に満足いかない場合はさらに先に進み、圧倒的な得意教科にすることもできます。

一方で苦手に感じている場合はそこの範囲を徹底的に対策することで勉強を嫌いにならずに済むよう授業を組み立てることも可能です。

家庭教師が向いている生徒、学習塾が向いている生徒、どちらもいます。あなたのお子さんがどちらに向いているのか、考えてみましょう。

スマートレーダーの家庭教師は塾との併用もおすすめ!

2021.02.26
スマートレーダーのお勧め利用方法のご紹介です。塾との併用で効率よく学力アップしましょう!

「低価格×優秀な家庭教師」のいいとこ取りはスマートレーダー

スマートレーダー ひらめき

家庭教師の料金相場をメインにここまで解説してきました。

  • 家庭教師の料金相場
  • 個人契約の家庭教師のメリット・デメリット
  • 家庭教師と学習塾どちらを利用すべきか

以上3点について、理解できたはずです。しかし肝心の料金や個人契約のリスクがネックになり「家庭教師を利用したくても利用できない」という方も多いはずです。

そこでおすすめなのが、個人契約の家庭教師マッチングサービス「スマートレーダー」です!

スマートレーダーは低価格で個人契約の家庭教師を利用できる!

スマートレーダーは、上記に示した相場以下の料金で家庭教師の授業を受けられるサービスです。

記事前半で「家庭教師派遣会社を通した家庭教師の料金相場が高くなる原因」として、手数料を挙げました。

一般的な家庭教師派遣会社では、授業料の60%は家庭教師派遣会社への手数料です。しかしスマートレーダーは、手数料が25%です。結果、通常の料金相場よりも圧倒的に安く、家庭教師の授業が受けられます。

個人契約で生じるリスク対策も万全

個人契約の家庭教師を選ぶとなると、先生の経歴や指導力などの信頼性や契約のトラブルへの対応といったリスクが生じること可能性があるのことも事実です。

しかし、スマートレーダーは個人契約の家庭教師を探すことができるサービスでありながら、事前に家庭教師の出身校や得意科目、自己紹介などを見ることができるようにすることで先生の情報に対する信頼性が担保されています。

また、先生一人一人の時給があらかじめ設定されていたり、先生とのやりとりは全てスマートレーダー のサイト上で行えるため、簡単に先生との契約が行えるほか、先生とのトラブルを未然に防ぐことができます。

スマートレーダー 見える化

スマートレーダーは家庭教師のレベルも国内最高レベル

「料金が安い=家庭教師の質も低いのでは?」と考える方もいるでしょう。しかし、スマートレーダーは、家庭教師のレベルも国内最高レベルです。

スマートレーダーでは登録可能な家庭教師を、東大や京大をはじめとした旧帝国大学や一橋大学・東京工業大学などの日本を代表する国立大学の現役大学生に限定しています。

難関大学生の授業、特に個別指導の家庭教師の指導を受けるには、決して安くない料金がかかるのが普通ですが、スマートレーダーでは、1時間2,500円〜で難関大学生の授業を受けることができます。

一般的な家庭教師の料金相場と同じかそれ以下の金額でハイレベルな指導を受けられます!

登録は無料、授業は1回1時間単位から依頼することができます。

スマートレーダーでは教師の能力を得意教科やこれまでの模試成績などを元にレーダーチャートによって見える化しています。つまり、それぞれの家庭教師にベストな時給を設定しています。

現在(2022年5月)4000人以上の先生が登録されていますのでぴったりの先生がきっと見つかります。ぜひどんな講師が在籍しているのか、チェックしてみてください。

スマートレーダーはオンライン指導にも対応

スマートレーダーでは、独自開発のオンライン指導機能を活用したオンライン家庭教師にも対応。

特に地方にお住まいで難関大学合格を目指す生徒さんや自宅で行う家庭教師に抵抗のあった保護者様などにおすすめです。

自宅への来客や工事の際など緊急の場合だけ、オンライン指導を利用することも可能です。

他にもオンライン指導には様々なメリットがあります。

都市部にお住まいの方であれば対面と併用することでこれまで以上に柔軟かつお手軽にハイレベルな個別指導を受けることができます。

【オンライン家庭教師ってどうなの?】オンライン家庭教師の良くある疑問点や不安点5選

2021.03.04
「オンライン家庭教師って最近よく見るけど実際のところどうなの?」「対面の家庭教師と比べてどっちがいい?」「本当に効果あるの?」 というように、オンライン家庭教師に対して色々と疑問や不安に思われている方も多くいらっしゃると...

他の注目記事
,中学受験,家庭教師,社会,家庭教師情報 2022.06.26

家庭教師個人契約の注意点4点!現役家庭教師がよくあるトラブルを解説!

家庭教師を考えている方で、個人契約にしようか、家庭教師センター(家庭教師派遣会社)にしようか、悩んでいる方も多いと思います。個人契約の利点として挙げられるのは、仲介料が発生しないので、料金が格段に抑えられますが、デメリットとして、トラブル発生のリスクが大幅に上がります。

スマートレーダー ひらめきスマートレーダー 2021.11.22

オンライン家庭教師のメリット、デメリットと個人契約のさらなるメリットを現役家庭教師が解説!

皆さんはオンライン家庭教師と個人契約の家庭教師についてどれくらい知っているでしょうか。 今回はそもそもオンライン家庭教師とは?個人契約の家庭教師とは?といった疑問に答えることから、この二つを組み合わせることによるメリット…

家庭教師情報 2022.07.30

中学受験に家庭教師は必要なの?現役家庭教師が解説!!

中学受験に家庭教師が必要なのか、悩んでいる方も多くいると思います。特に進学塾の授業についていけなかったり、志望校の対策をうまく詰めていないときに、家庭教師という選択肢が浮かんでくると思います。そこで今回は家庭教師が中学受験に本当に役立つのかを現役家庭教師の筆者が解説していきます。