家庭教師の料金相場は?個人契約などパターン別に紹介

家庭教師の利用を決心できない最大の理由が料金です。「家庭教師の料金相場は知らないが、漠然と学習塾よりも高いイメージがある」という方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では塾講師歴6年以上の筆者が、家庭教師の料金相場や、家庭教師に通うべき生徒のタイプについてまとめました。

記事最後では、低価格かつ家庭教師のレベルも高い家庭教師派遣会社を紹介しています。家庭教師の料金相場に対する知識を深め、生徒に最適な学習環境を用意してあげましょう。

家庭教師の料金相場

家庭教師 費用

家庭教師の料金相場は、おおよそ3,000〜8,500円です。週1回の授業で月額12,000〜34,000円、週2回の授業で月額24,000〜68,000円です。

料金相場は、家庭教師派遣会社を通して派遣された家庭教師なのか、個人契約の家庭教師なのかによって異なります。また、生徒の学年や教師のレベルによっても、料金相場は異なります。

各タイプ別の家庭教師の料金相場について見てみましょう。

家庭教師派遣会社(家庭教師センター)を通した場合の料金相場

家庭教師派遣会社(家庭教師センター)とは、家庭教師と生徒のマッチングを行う機関のことです。家庭教師派遣会社を通すことで、質が保証された家庭教師の授業が受けられます。一方で、授業料には家庭教師派遣会社への手数料も含まれるため、料金相場は高くなります。

家庭教師派遣会社を通した場合の料金相場は以下の通りです。

タイプ料金相場
小学生(中学受験なし)3,000〜6,000円
小学生(中学受験あり)3,500〜6,500円
中学1・2年生3,000〜6,000円
中学3年生3,000〜6,500円
高校生(1・2年生、大学受験をしない3年生)3,000〜6,000円
高校生(大学受験あり)5,000〜8,500円

※上記は、一般的な大学生家庭教師の料金相場です。難関大学生やプロ家庭教師の場合の料金相場は上記の表よりも少し高くなります。

個人契約の料金相場

個人契約は、家庭教師派遣会社などの機関を通さずに、直接個人的に家庭教師契約を結ぶ形態です。個人契約の家庭教師を探す方法はたくさんありますが、知人経由・ネット上で探す・大学に依頼する、といった方法が一般的です。

家庭教師派遣会社への手数料が必要ない分、料金相場は安いですが、信頼できる家庭教師を探す手間と、何か問題が発生した時のリスクが大きいです。金銭トラブルや、家庭教師の経歴詐称、無断欠勤などのトラブルの可能性が高くなります。「個人契約の家庭教師でよく起こる5つのトラブル」でもトラブル内容や対策・対応方法を解説しています。

個人契約の場合の料金相場は以下の通りです。

タイプ料金相場
小学生(中学受験なし)3,000〜5,000円
小学生(中学受験あり)4,000〜6,500円
中学1・2年生3,000〜5,000円
中学3年生3,000〜6,000円
高校生(1・2年生、大学受験をしない3年生)3,000〜6,000円
高校生(大学受験あり)5,000〜,7500円

※上記は、一般的な大学生家庭教師の料金相場です。難関大学生やプロ家庭教師の場合の料金相場は上記の表よりも少し高くなります。

料金相場は個人契約の方が安いが・・

料金相場は、個人契約の方が安いです。しかしおすすめは家庭教師派遣会社の利用です。やはり個人契約はリスクが大きすぎます。何かトラブルが発生してしまうと、生徒の貴重な学習機会を奪ってしまうことになります。

ただし、個人契約でも家庭教師の信頼性が担保できる場合は例外です。例えば「スマートレーダー」では、契約は個人契約ですが、事前に家庭教師の情報を細かくチェックすることができ、信頼性が担保されています。信頼性が担保されていることに加えて、低価格で授業が受けられることも特徴です。スマートレーダーについては、本記事最後でも詳しく紹介しています。

ホームページでどのような家庭教師が在籍しているかチェックできるので、興味がある方は確認してみてください。

スマートレーダーで教師を探してみる(無料)

家庭教師がおすすめの生徒・学習塾がおすすめの生徒

学生 悩み

家庭教師と学習塾、どちらを利用すべきか悩む方も多いでしょう。そこで、家庭教師がおすすめな生徒と学習塾がおすすめの生徒の特徴をまとめました。詳しくは「徹底比較!家庭教師vs塾」の記事でも様々な観点から比較して紹介しています。

家庭教師がおすすめの生徒
・学校の授業についていけない生徒
・集中力にムラがある生徒
・発展的な内容を学習したい生徒
など
学習塾がおすすめの生徒
・自分で教科書を読んで理解できる生徒
・基礎が身についている生徒
・競争心がある生徒
など

簡潔に言うと、勉強が平均よりもできる生徒は、学習塾でも問題ありません。しかしそうでない場合には、家庭教師をおすすめします。なぜなら、家庭教師は生徒に付きっきりで指導をしてくれるからです。

少人数制やマンツーマンの個別指導塾に通う選択肢もあります。しかし少人数の場合は、教師が他の生徒の対応をする時間があります。教師が他の生徒の指導をしている間に質問したいことがあっても、数分間待たなければなりません。居眠りをしてしまっても、数分間は誰も起こしてくれません。

マンツーマンでも周りには他の生徒がいるので、気が散ってしまったり、ついついおしゃべりをしてしまう可能性があります。また周りの生徒の状況によっては、質問することを恥ずかしいことだと感じてしまうかもしれません。

家庭教師の仕事は、勉強を教えることだけではありません。生徒が問題を解いている最中、集中が切れてしまったら、隣にいる家庭教師が声をかけてくれます。居眠りをしていたら起こしますし、手が止まっていたらどこが分からないのか問いかけます。

家庭教師が向いている生徒、学習塾が向いている生徒、どちらもいます。あなたのお子さんがどちらに向いているのか、考えてみましょう。

「低価格×優秀な家庭教師」のいいとこ取りはスマートレーダー

スマートレーダー  ひらめき

家庭教師の料金相場をメインにここまで解説しました。

  • 家庭教師の料金相場
  • 家庭教師派遣会社を利用した方が良いこと
  • 家庭教師と学習塾どちらを利用すべきか

以上3点について、理解できたはずです。しかし肝心の料金がネックになり「家庭教師を利用したくても利用できない」という方も多いはずです。

そこでおすすめなのが、スマートレーダーです。

スマートレーダーは、相場以下の料金で家庭教師の授業を受けられるサービスです。記事前半で「家庭教師派遣会社を通した家庭教師の料金相場が高くなる原因」として、手数料を挙げました。

一般的な家庭教師派遣会社では、授業料の60%は家庭教師派遣会社への手数料です。しかしスマートレーダーは、手数料が25%です。結果、通常の料金相場よりも安く、家庭教師の授業が受けられます。

スマートレーダーでは、家庭教師との個人契約ができます。これも料金が安くなる理由の一つです。さらに、事前に家庭教師の出身校や得意科目、自己紹介などを見ることができるので安心です。

スマートレーダーなら家庭教師のレベルも国内最高レベル

「料金が安い=家庭教師の質も低いのでは?」と考える方もいるでしょう。しかし、スマートレーダーは、家庭教師のレベルも国内最高レベルです。スマートレーダーに在籍している家庭教師は、以下6つのいずれかの大学に在籍する大学生です。

  • 東京大学
  • 東京工業大学
  • 一橋大学
  • お茶の水大学
  • 京都大学
  • 大阪大学

どれも国内トップクラスの難関大学です。料金相場よりも安い授業料で、ここまでの家庭教師のレベルの高さを実現できる理由は、やはり手数料です。

「少ない料金負担でも生徒の学力を上げられる環境を整えたい」「家庭教師にも適切な報酬を支払い、教育に対するモチベーションを高めて欲しい」こういった思いから、保護者も生徒も家庭教師も全員が満足のいくサービスとなっています。

難関大学生の授業を受けるには、決して安くない料金がかかるのが普通ですが、スマートレーダーでは、1時間2,500円〜で難関大学生の授業を受けられます。せっかく家庭教師をレッスンを受けるのなら、小・中・高としっかり勉強に励んできた先生から授業を受けるべきです。

登録は無料、授業は1回単位で受けられます。授業料は家庭教師によって異なります。ぜひどんな講師が在籍しているのか、チェックしてみてください。

スマートレーダーで教師を探してみる(無料)

他の注目記事
休校 オンライン指導 家庭教師家庭教師情報 2020.08.28

【新型コロナ対応】オンライン家庭教師で生じやすいトラブル

個人契約のオンライン家庭教師で生じがちなトラブル例をご紹介します。オンライン家庭教師は、コロナ禍においてメリットが大きい学習方法です。しかし、個人契約の場合、通常の家庭教師とは違ったリスクも存在します。個人契約を結ぶ前に、デメリットもしっかりと把握しておきましょう!