中学受験対策に個人契約の家庭教師ってどうなの?現役家庭教師が解説!

家庭教師を利用している方の多くは実は中学受験対策として利用しています。いくつかある中学受験対策として個人契約の家庭教師は適切なのか気になる方も多いと思われます。

そこで今回は、現役家庭教師の筆者が個人契約家庭教師と中学受験の相性や利用の仕方を解説していきます。

お勧めの家庭教師については以下の記事に詳しく書いていますので是非ご参照ください。

家庭教師だけで中学受験は成功可能?理解しておきたいメリット・デメリットとおすすめの活用法を徹底解説!

中学受験と個人契約の家庭教師の相性

先に結論から述べますと中学受験と個人契約の家庭教師の相性はかなりいいです。個人的には中学受験対策として最も効率的な手段だと考えています。その理由を述べていきます。

個人契約の家庭教師のメリット

個人契約の家庭教師が中学受験対策として優れている理由として挙げられるのは次の三つです。

  • 受験経験のある先生からの授業を受けられる。
  • マンツーマンで問題の解答だけでなく考え方まで学べる
  • 費用が安く抑えられる

大前提として中学受験の問題の難易度は低いです。解答を見ればほとんどの人が問題の解き方を教えることができます。中学受験対策として必要なのはわかりやすさと考え方、効率になります。

中学受験の問題には解き方が難しいのではなく発想が難しい問題が多いです。しかし塾やプロ家庭教師の授業ではこの発想の部分はほとんど教えられません。

問題を見て解答を考えるアプローチこそが重要になります。ここの説明をできるのは実際に受験経験のある先生が、カリキュラムにのらずに授業をする時だけです。

大学生との個人契約については「大学生の家庭教師と個人契約ってどうなの?現役家庭教師が徹底解説!」で詳しく解説しています。

また、受験経験のある先生ならではの重要度に合わせておもりをつけた授業をすることができます。他の中学受験対策の教材や授業を見て頂ければわかるのですが、すべての単元を全く同じ重さで学習するように作られています。

これは合格実績を安定させるたり、授業に統一性を持たせるために必要なことかもしれませんが大変非効率です。受験経験のある先生ならば、頻出度に合わせて、重さを変えて指導してもらうことが可能です。

また、個人契約の家庭教師は、ほかの家庭教師に比べて費用を安く抑えることが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。ぜひご一読ください。

家庭教師の料金相場は?個人契約やオンラインなどタイプ別に徹底解説!

個人契約の家庭教師の注意点

個人契約の家庭教師は授業に非常に自由度が高いです。これこそが問題の解答へのアプローチの指導や重要度に応じておもりを付けた指導を可能にするメリットであるのです。しかし、これは同時にデメリットにもなりえます。

個人契約の家庭教師のデメリットとして挙げられるのは以下の三つです。

  • 指導力の乏しい先生に当たる可能性がある。
  • 先生と相性が悪いと効率が悪くなる。
  • トラブルのリスクが高い

一貫したカリキュラムがないということは、マニュアルがないので指導力が先生に依存します。塾の先生や家庭教師派遣会社のプロ家庭教師には研修期間や入社試験によって先生の指導力を上げていますが、個人契約の家庭教師にはそういった篩や研修が存在しないため、指導力の乏しい先生と当たる可能性があります。

また、カリキュラムがない分先生と生徒の相性が悪いと非効率になります。塾やプロ家庭教師の指導は、効率自体はよくないものの万人受けする指導を目指していることが多いので、相性が悪いことは少ないです。

個人契約の家庭教師の指導は、自分の経験に基づいたその先生にとってぴったりの指導をするので、相性の良し悪しがはっきりとします。

トラブルのリスクについては「【個人契約 家庭教師】メリット・デメリットから先生の見つけ方まで必ず知っておくべきことを徹底解説!」の記事に詳しく書いていますので、ご参照ください。

メリット・デメリットをまとめた表は次のようになります。

種類メリットデメリット
塾・プロ家庭教師・万人受けの授業を受けられる。
・先生の指導力が安定している。
・受験に対するデータ豊富。
・トラブルが少ない。
・費用が比較的高い。
・受験経験のない先生が多い。
・非効率な授業であることが多い。
個人契約の家庭教師・受験経験のある先生を選ぶことができる。
・効率的な授業が受けられる。
・重要なところに絞った授業が受けられる。
・費用が比較的に安い。
・先生の指導力が不安定。
・相性が悪い先生と当たる可能性がある。
・トラブルが多い。

プロ家庭教師について詳しく知りたい方は以下の記事に詳しく書いていますので、ぜひご一読ください

「プロ家庭教師」に騙されるな!中学受験対策の家庭教師で失敗しないために

個人契約の家庭教師のおすすめの利用の仕方

個人契約の家庭教師の利用の仕方は様々です。代表的なものとして学校のや塾の授業補助から、宿題の指導、受験対策などがあります。ここからは、中学受験対策としての個人契約の家庭教師のおすすめの利用の仕方を解説していきます。

その場で問題を解いてもらう

これは自分が実際にやっている授業形式です。塾や学校の宿題や過去問を予習なしにその場で解いてもらい、その過程を学びます。

これは塾やプロ家庭教師の授業では決して受けられない授業スタイルで、問題の解答へのプロセスをすべて学ぶことができます。先に述べた通り、中学受験の問題は考え方が難しいのではなく、発想が難しいことが多いです。

この発想のプロセスは、予習なしのぶっつけ本番で問題を解きながら頭の中で考えていることを言語化することで指導することができます。解答を一度でも見てしまうと、問題の解き方しか解説することができなくなります。

しかし、このライブ感のある授業はレベルの高い先生でないと難しいです。というのも予習なしにその場で問題を解くのには非常に高い学力が必要になるからです。

先生が解くのに時間がかかってしまうと、逆に非効率になり、学ぶことも少なくなります。また頭の整理をしながら解けない先生の解説もわかりにくくなるだけで学べる事が少ないです。

国語や記述問題の添削をしてもらう

中学受験対策で、国語や記述問題に対しては、塾で十分な対策を取ることが難しいです。これは、集団授業である塾では、一人一人の解答をしっかりとみて添削するということが少ないためです。

しかし、小学生が自身の解答と模範解答を見比べて、どの要素が足らなかったのか、何を書くべきだったのか、何が不要だったのかなどを分析するのは非常に難しいです。

こういった塾でも一人でも勉強しにくい内容については、マンツーマン指導である個人契約の家庭教師に依頼するのが大変効果的です。

志望校のOB・OGに教えてもらう

中学受験の特徴の一つとして、問題の出題形式、出題内容が学校によって全く異なることが挙げられます。これこそが塾やプロ家庭教師のカリキュラム化した授業が非効率な原因です。

学校ごとに授業や教材を分けるとコストが大きくなるため統一かさせて過剰量の知識や対策をすることが多いです。

志望校出身の先生ならば志望校の出題内容に絞った授業を受けることができます。また、先に述べたように出題頻度に応じておもりを付けた授業を受けることができるので、非常に効率的です。

家庭教師を利用しても成績が伸びないといった悩みを抱えている方も多いと思われます。そういった場合は「家庭教師を利用しても成績が上がらない原因を解決策も交えて解説します!」の記事をご参照ください。

個人契約の家庭教師探しならスマートレーダーがおすすめ!

スマートレーダー 家庭教師

スマートレーダーとは

「スマートレーダー」は、生徒1人ひとりに合った理想の家庭教師が見つかり、直接契約できるマッチングプラットフォームです。教師の得意教科の評価をAI(人工知能)によって行い、レーダーチャートで表示する日本初のサービスです。

ご家庭の方は家庭教師の指導実績や得意教科の評価、時給や趣味 、家庭教師の出身高校や在籍大学などのタグから最適な家庭教師を見つけることができます。

スマートレーダーでは先生の質が最高クラス!

スマートレーダーでは東大、京大、東工大、一橋大、旧帝大などの難関大学の先生に登録を限定させることで、先生の質がかなり高くなっています。

また先生の登録者数も6,000人以上いるのでぴったりの先生を見つけることができます。この中には当然志望校出身の先生もいらっしゃるため、志望校に特化した指導を受けることができます。

また、先生の変更には別料金がかからないため、相性が悪い先生だった場合でも安心して別の先生を探すことができます。

安心のトラブルサポート

「スマートレーダー」は家庭教師の個人契約で起こりがちなトラブルも防ぐことができます。

一般的な家庭教師マッチングサイトとは異なり、先生との間でトラブルが発生した時に、運営事務局が仲介に入り、トラブル解決のサポートをしておりますので、はじめての家庭教師の個人契約をご利用の方も安心してサービスを利用できます。

また、個人契約にありがちな金銭トラブルに関しても、運営事務局を介して金銭のやり取りを行うため、トラブルを回避することが可能となっています。

オンライン指導も可能!!

スマートレーダーはオンライン指導にも対応しています。

お家にいながら優秀な学生から様々な知識を教えて頂きます。地方に在住の方も、パソコンさえあれば、東大生の勉強法までも伝授してもらえます!

また、1回1時間から指導を依頼することができます。テスト直前や長期休みの時期に授業を増やすことや、その時期のみの利用など柔軟に指導を依頼することが可能です。

他の注目記事