オンライン家庭教師と個人契約を結ぶにはどうする?先生の探し方やメリット・デメリットを紹介

コロナウイルスの感染拡大により、オンライン教育が需要を増しています。その中でも、オンライン家庭教師は人気が高く、多くの教育機関がオンライン授業を提供しています。

しかしながら、オンライン家庭教師で個人契約を結ぶ場合は、どのように探して、どのように契約を結ぶのか、不安な点も多いかもしれません。

そこで、本記事では、オンライン家庭教師で個人契約を結ぶ方法や、そのメリット・デメリットについて解説していきます。

家庭教師と個人契約する際に知っておくべきことについては、以下の記事で詳細に解説しています。合わせてご確認ください。

個人契約の家庭教師って?メリット・デメリットや注意点、家庭教師センターとの相違点を徹底解説!

オンライン家庭教師の個人契約とは??

オンライン家庭教師で個人契約を結ぶとはどういうことが、あまりピンと来ない方も多いと思われます。そこで、まずはオンライン家庭教師で個人契約を結ぶことの特徴やメリット・デメリットについて解説していきます。

オンライン家庭教師について詳しく知りたい方は「【オンライン家庭教師ってどうなの?】オンライン家庭教師の良くある疑問点や不安点5選」の記事に詳しく書いていますので、ぜひご参照ください。

オンライン家庭教師で個人契約を結ぶとは?

オンライン家庭教師の個人契約とは、インターネットを通じて個人的な指導を行う教育サービスの契約のことです。例えば、英語や数学などの科目を学びたい生徒が、インターネット上で家庭教師と繋がり、個人的な指導を受けることができます。

生徒と家庭教師は、授業の内容や頻度、料金、キャンセルポリシーなどについて合意し、書面で契約を結びます。家庭教師は、スマートフォンやパソコンを使って、遠隔地にいる生徒にも授業を提供することができます。

個人契約の場合、生徒は自分に合った学習方法で、自分のペースで学ぶことができます。また、授業の時間や場所に制限がないため、生徒や家庭教師にとって柔軟な学習環境を提供することができます。

オンライン家庭教師の個人契約のメリット

1.多様な教師選択肢がある
オンライン家庭教師は、全国規模で教師を集めているため、多様な教師の中から選択できます。そのため、自分に合った教師を見つけることができる可能性が高いです。

オンライン家庭教師を探す際は、可能な限り希望の条件を整理しておくようにしましょう。例えば中学受験対策での利用を考えるなら、自身の志望校出身でかつ、指導経験や合格実績のある先生といった、対面家庭教師ではあまり見つからないような条件の先生でも見つけることができます。

2.時間の自由度が高い
オンライン家庭教師は、自宅などの場所で学習できるため、時間の自由度が高いというメリットがあります。また、授業の予約や変更もオンラインで行うため、いつでも授業の予約や変更ができます。

塾の授業や日々の学習でわからない分野が増えたタイミングや、模試の結果が返ってきたタイミングなど、ピンポイントで都合のいいときに、先生と予定を合わせて授業を依頼するといった使い方も容易に行うことができます。

3.費用を安く抑えられる
オンライン家庭教師では教師が家までくる必要がないので、交通費等や移動時間に伴う費用などを抑えることができます。また料金相場も対面家庭教師に比べて安く設定されていることが多いです。

加えて先生を家に招かないので、家の掃除やお菓子やお茶等を用意する必要がありません。無理に気を遣う必要がないので、そういった面でのストレスがほとんどかからないのもオンライン家庭教師のメリットと言えるでしょう。

オンライン家庭教師の料金相場について詳しく知りたい方は「オンライン家庭教師の料金相場は?現役家庭教師がその実態を解説!」の記事に詳しく書いていますので、ぜひご参照ください。

オンライン家庭教師の個人契約のデメリット

1.対面授業と比較すると、コミュニケーションに不安がある
オンライン家庭教師は、対面授業と比較して、教師と生徒の間に物理的距離があるため、コミュニケーションが取りづらいというデメリットがあります。

また、教師と生徒が同じ空間にいるわけではないため、教師が生徒の学習状況を直接確認することができません。そのため定着度合いの把握や苦手分野の認識などができないので学習効果が低下する可能性があります。

2.ネット環境による制限
オンライン家庭教師は、インターネットに接続している必要があります。しかし、インターネット環境によっては、通信速度が遅かったり、接続が不安定だったりすることがあります。そのため、授業が中断されることがあるかもしれません。

ネット環境をしっかりと整備することで、こういったトラブルを防ぐことができます。しかし、ネット環境の整備やデバイスの用意などにはそれなりの費用がかかるのであらかじめ把握しておくことが重要です。

3.無断キャンセルや遅刻が発生しやすい
対面で行う家庭教師とは違い、オンライン家庭教師は先生が自宅などの指導場所に直接来るといったことがありません。時間通りに先生とお子様が各自で指導ツールを起動して、授業の準備をしなければいけないので、対面で授業を行う家庭教師に比べ、気づいたら授業開始時間を過ぎてしまっていたなんてことも珍しくありません。

必ずお子様がきちんと時間通りに授業を受けているのかを確認するようにしましょう。また、定期的に先生に授業態度などを聞いて、しっかりと集中して授業を受けているかを確認するようにしましょう。

また、教師が突然音信不通になるトラブルも発生しやすいです。授業料の先払いはなるべく避ける、先生の連絡先や住所を押さえておく等の対策をあらかじめ行うようにしましょう。

オンライン家庭教師と個人契約を結ぶにはどうする?

1.家庭教師を探す

オンライン家庭教師を探す際には、インターネット上で検索することが一般的です。専門のサイトやアプリケーションを利用することで、授業料やプロフィールなどの情報を比較することができます。

また、知人や友人からの紹介も有効な手段です。近隣の学習塾や教育センターなどでも、家庭教師の紹介や案内をしていることがあります。

家庭教師を探し方についてはこの後に紹介していきます。

2.家庭教師との面談・体験授業を行う

授業を依頼する先生が見つかったら必ず面談と体験授業を行ってもらうようにしましょう。いきなり授業を始めてしまうと思ったような成果が得られなかったり、闇雲に学習を進めてしまうことが多くなります。

家庭教師との面談や体験授業は、個人契約を結ぶ前に行うことが一般的です。面談では、以下のようなポイントを確認することが大切です。

  • 授業の目的や目標
  • 授業の方法やスタイル
  • 家庭教師の経験やスキル

また、体験授業では、家庭教師との相性や授業の効果を確認することができます。授業中に家庭教師とのコミュニケーションや、質問やフィードバックの取り方などを確認すると良いでしょう。

3.契約書を作成する

個人契約で家庭教師を行う場合、後から教材の費用を追加で請求されたり、家庭教師が経歴や実績を詐称していたりするといったケースが少なくありません。

特にオンラインの場合には、先述した通り無断キャンセルや遅刻といったトラブルが対面で行う家庭教師と比べて多く存在します。

直接会う機会が少ないオンライン家庭教師と個人契約する際は、こういったトラブルを防止するため事前に契約書を作成することをおすすめします。

家庭教師との個人契約における契約書に何を書けばいいのかについてはこちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

個人契約で家庭教師を依頼する方法。契約書などは必要?【テンプレあり】

また、家庭教師の個人契約でありがちなトラブルについては以下の記事で紹介していますので参考にしてみてください。

個人契約の家庭教師でよく起こる6つのトラブル

4.契約書に署名・捺印する

契約書には、家庭教師との合意事項が明確に書かれているため、双方が納得したうえで署名や捺印を行います。契約書に署名・捺印をする前には、必ず内容を確認し、不明点や不安な点があれば家庭教師に確認をしてから署名・捺印を行うことが大切です。

契約書に署名・捺印をした後には、原則として授業料の支払いが発生します。支払い方法や支払い期限については、契約書に明記されているため、しっかりと把握しておくことが重要です。

また、契約書に署名・捺印をする際には、必ず自分自身で行うことが重要です。他人に代理で契約書に署名・捺印をしてもらうことは、法律的に有効な契約とはなりません。自分自身が契約書に署名・捺印をすることで、家庭教師との契約が成立し、円滑な授業が受けられるようになります。

5.授業を開始する

契約が完了したら、授業を開始しましょう。定期的に授業の進捗や改善点について、家庭教師とのコミュニケーションを取ることも大切です。

また授業開始後に発生した授業キャンセルやトラブル発生時の対応などは、契約書に則っておこなようにしましょう。

オンライン家庭教師の個人契約を結ぶ際の先生の探し方

スマートレーダー ひらめき

知り合いから探す

個人契約を結ぶ際、知り合いから先生を探すのが安全性が最も高いです。兄弟の友達や親戚、近所の大学生、あるいはすでに家庭教師を利用している人から紹介してもらう等の経緯で個人契約を結んでいる人が多いです。

実際筆者も知り合いのお子様の家庭教師や、そのお子様の友達の家庭教師をしています。身近に家庭教師をやっている先生がいるか一度探してみて、条件が合うか確認してみるようにしましょう。

しかし、身近に家庭教師をしている人がいないことも多いとい思います。そういった場合は次に紹介する二つの手段で探すことをお勧めします。

オンライン家庭教師マッチングサイトを利用する

オンライン家庭教師マッチングサイトは、生徒や保護者が希望する教科やレベル、授業料などの条件に合った家庭教師を探すことができるサイトです。利用者はサイトに登録し、自分の希望条件に合う家庭教師を探すことができます。

探した家庭教師とは、オンラインで面談を行い、相性や教育方針、授業のスケジュールなどを確認した上で、授業を開始することになります。上記で説明した契約書等の作成もする必要がないことが多いので比較的簡単に利用することができるのも特徴です。

ご利用になるサイトによって、利用料金やサービス内容が異なるため、比較して選ぶことが大切です。また、サービスを利用する前には、利用規約や個人情報保護方針などを確認することも重要です。

オンライン家庭教師の料金相場については以下の記事に詳しく書いていますので、ぜひご参照ください。

オンライン家庭教師の料金相場は?現役家庭教師がその実態を解説!

筆者がおすすめするオンライン家庭教師マッチングサイトは「スマートレーダー」です。スマートレーダーでは東大・京大をはじめとする難関大学の超一流の家庭教師を探すことが可能です。手数料についてもほかのサイトに比べかなり安いので、費用を抑えて利用することができます。

トラブル発生時も運営事務局が仲介してくれるなど、サービスが充実しているので非常にお勧めです。スマートレーダーについてはこの後にもっと詳しく解説しています。

SNSや口コミサイトを利用する

オンライン家庭教師を探す際に、SNSや口コミサイトを利用する方法もあります。例えば、TwitterやFacebookなどのSNSでは、ハッシュタグを活用して検索することができます。

また、掲示板サイトや口コミサイトには、実際に家庭教師を利用した人がレビューや評価を投稿している場合があります。これらの情報を参考に、自分に合った家庭教師を探すことができます。

ただし、SNSや口コミサイトに投稿された情報は信憑性に欠ける場合があるため、注意が必要です。特に、投稿者が実際にその家庭教師を利用した人であるかどうかを確認することが重要です。また、投稿内容が偏っている場合もあるため、複数の情報源を参考にすることが望ましいです。

SNSや口コミサイトには、家庭教師を探している人が情報交換をしているグループやコミュニティがある場合がありますので、参加してみるのも良いでしょう。

個人契約の家庭教師の探し方については以下の記事に詳しく書いていますので、ぜひご一読ください。

【ご家庭向け】個人契約の家庭教師の見つけ方や探し方をメリット・デメリットを加えて解説!

オンライン家庭教師を探すならマッチングサイト【スマートレーダー】がおすすめ!

スマートレーダーとは

スマートレーダー 家庭教師

「スマートレーダー」は、生徒1人ひとりに合った理想の家庭教師が見つかり、直接契約できるマッチングプラットフォームです。教師の得意教科の評価をAI(人工知能)によって行い、レーダーチャートで表示する日本初のサービスです。

ご家庭の方は家庭教師の指導実績や得意教科の評価、時給や趣味 、家庭教師の出身高校や在籍大学などのタグから最適な家庭教師を見つけることができます。

希望の先生が見つかる

スマートレーダーでは、東京大学、京都大学、一橋大学、東京工業大学などの有名難関大学に先生を限定することで先生の質は最高レベルです。

登録されている先生も6,000人以上いて、この中には灘中学校や開成中学校などの日本最高峰の中高一貫校出身の先生や、トップレベルの高校出身の先生もいらっしゃるので、志望校の卒業生から直接指導していただくことも可能です。

安心のトラブルサポート

「スマートレーダー」は家庭教師の個人契約で起こりがちなトラブルも防ぐことができます。

一般的な家庭教師マッチングサイトとは異なり、先生との間でトラブルが発生した時に、運営事務局が仲介に入り、トラブル解決のサポートをしておりますので、はじめての家庭教師の個人契約をご利用の方も安心してサービスを利用できます。

また、個人契約にありがちな金銭トラブルに関しても、運営事務局を介して金銭のやり取りを行うため、トラブルを回避することが可能となっています。

オンライン指導も可能!!

スマートレーダーはオンライン指導にも対応しています。

お家にいながら優秀な学生から様々な知識を教えて頂きます。地方に在住の方も、パソコンさえあれば、東大生の勉強法までも伝授してもらえます!

また、1回1時間から指導を依頼することができます。ハイレベルな指導を必要な時に必要な分だけ受けることができるため、時間を効率的に使うことができます。

他の注目記事
オンライン家庭教師 2023.03.04

現役家庭教師が考えるおすすめオンライン家庭教師ランキング

オンライン家庭教師は、コロナウイルスの感染拡大を機に普及していきました。しかし、オンライン家庭教師には様々な種類があり、その実態についてうまく把握できていない方もたくさんいると思います。そこで今回は現役家庭教師である筆者がオンライン家庭教師について、タイプ別にランキング形式で紹介していきます。

オンライン 家庭教師オンライン家庭教師 2022.09.19

オンライン家庭教師でおすすめな先生は?現役家庭教師が失敗しない選び方を紹介!!

従来の家庭教師では絶対に必要な条件である定期的に来てもらえる距離に住んでいるという条件を気にしなくて良い以上、純粋な先生としての適正や能力のみにこだわって先生を選んでいきましょう!以下ではおすすめの先生の特徴をランキング系式で紹介していきたいと思いますので先生選びの際に参考にしてみてください!!

オンライン家庭教師 2023.04.03

小学生向けオンライン家庭教師おすすめランキング4選【中学受験対応】

家庭教師には対面とオンライン、2つの選択肢があり「うちの子はどっちがいいの?」と悩みますよね。結論、勉強が苦手な子でも、中学受験を目指している子でも、オンラインの家庭教師がおすすめです。今回は、小学生の家庭教師にはオンラインがおすすめな理由と、小学生向けオンライン家庭教師おすすめ4選を紹介します。