新型コロナウイルス対策!オンライン家庭教師のススメ

オンライン 家庭教師

こんにちは。新型コロナウイルスが猛威を振るっています。多くの学校が休校となり、予備校も休業となっています。「勉強が遅れてしまうのではないか」と心配されている方も多く、「家庭教師に勉強を教えてもらいたい」という方が増えています。

しかし、

「直接会って指導してもらうのは感染のリスクがあり、怖い…」

とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そんな方は、ぜひともオンライン家庭教師に対応したスマートレーダーを検討してみてください!

  • 「オンライン家庭教師ってどういうこと?」
  • 「オンラインで教えてもらうにはどうしたらいいのかわからない…」

今回は、こうした皆さまに向け、オンライン家庭教師の解説・始め方についてご紹介します!Web会議サービスの1つ、「Zoom」の使い方も簡単に解説します。
学校や予備校に行けない今だからこそ、オンライン家庭教師を活用してライバルと差をつけましょう!

オンライン家庭教師とは?

オンライン家庭教師とは、ZoomやSkypeなどのWeb会議のサービスを利用して、先生と直接会うことなく、インターネット上で行う家庭教師です。

では、Web会議のサービスとはどのようなものでしょうか。
Web会議とは、パソコンをインターネットに接続し、音声と動画のやりとりをリアルタイムでやり取りすることができるシステムです。

Web会議のサービスを利用している場合の画面はこのようになります。お互いの表情や声だけでなく、下にある「画面を共有」機能を使うと、先生あるいは生徒さんのパソコンの画面を映し出すこともできるので、教材の共有などもスムーズです。

そして、 オンラインで家庭教師をしてもらうメリットは、何といっても

直接会うことなく指導を受けられるので、新型コロナウイルスへの感染拡大のリスクが無いこと

でしょう。オンライン家庭教師を活用することで、感染のリスクを抑えつつ、学力アップが図れます!

必要なものは?

Web会議にはいくつか必要な設備があります。
・インターネットの接続環境
・音声を拾うことができるマイク
・動画を撮影するためのカメラ

動画を送受信しますので、容量を気にせず使えるインターネットの環境があると安心です。
また、マイクとカメラは、多くのノートパソコンには備わっています。画像のようなWebカメラと内臓マイクがあれば大丈夫です。

これらの設備や、パソコンがないという場合、スマートフォンでこれらのサービスを利用することは可能です。

スマートレーダーでのオンライン家庭教師のはじめかた

スマートレーダーは、先生の検索や授業の依頼など、すべての手続きをWeb上で行えます。スマートレーダーでのオンライン家庭教師のはじめかたを解説していきます。

1. スマートレーダーに登録しましょう!

スマートレーダーには、料金は一切かかりません。以下のリンクをクリックし、必要事項を入力して会員登録をしましょう!

スマートレーダー バナー

2. 先生を募集しましょう!

スマートレーダーでは、希望の条件を提示して先生を募集することができます。登録ができたら、さっそく先生を募集してみましょう!募集をせずに、イチからご自分で選ぶこともできます。その場合は(3. 先生を選びましょう)に進んでください。

募集する際は、

  • 生徒様の学年、性別
  • 契約の期間、授業の頻度、1授業あたりの時間
  • 特に指導してもらいたい科目
  • その科目の成績、目標
  • 利用している教材、通っている塾
  • 生徒様の性格、特徴など
  • 希望の先生のタイプ
  • オンラインで指導してほしい旨

を記載頂くと、希望の先生とマッチングしやすくなります。以下は、先生を募集する際の例文です。

【指導内容】
小学5年生(男子)の国語の授業補助の依頼。週に2回(平日夕方を希望)、1回2時間程度で授業をお願いします。オンラインでの授業をお願いしたいので、対応いただける方を希望します。
文章問題がニガテで、学校のテストではいつも平均点以下です。学校の宿題を進めるのも苦労しています。学校がお休みの期間に克服したいので、基礎からのご指導をお願いします。
生徒の性格:おしゃべりで、活発な性格です。
希望の先生:国語の文章問題を理解できるまで丁寧に教えていただける、男性の学生を希望。落ち着いた方だとありがたいです。

3. 先生を選びましょう!

先生の募集を行った場合

応募のあった先生と、積極的に初回面談をしてみましょう!残念ながら先生からの応募がなかった場合でも、問題ありません!次の「自分で先生を選ぶ場合」と同様、たくさんの先生から希望の先生に対して面談を依頼することが出来ます。

自分で先生を選ぶ場合

先生を選ぶページで、先生を選びましょう!

  • 指導科目で、「小学生 国語」を選択
  • スケジュールで「月曜」~「金曜」を選択
  • 最寄り駅に、指導場所の最寄り駅を設定

などの条件で検索してみてください。

ご希望に応じて、

  • 認定タグで「文系」を選択
  • ユーザータグで、「短期成績上昇経験」「独学」「家庭教師利用」「塾講師経験」

などの条件で絞り込むと、希望の先生を見つけやすくなります。

4. オンラインで指導してもらう準備をしましょう!

授業や初回面談の前に、オンラインで指導してもらうための準備をしましょう。Web会議のサービスはたくさんありますが、ここでは「Zoom」を例にとって解説します。

(1) Zoomに登録しましょう

まずはZoomに登録しましょう。ZoomのHPに移動し、右上にある「サインアップは無料です」から登録できます。

スマートフォンの場合は、アプリをインストール・起動し、「サインアップ」をタップすると登録できます。

(2) Zoomをインストールしましょう

Zoomに登録することができたら、「Zoomアカウントをアクティベートしてください」というメールが届きますので、「アクティブなアカウント」をクリックし、登録したアカウントを有効化します。

画面に沿って進めていくと、Zoomのアプリがダウンロードできますので、ダウンロードされたファイルを実行すると自動的にインストールされます(画像の例では左下をクリックすればインストールされます)。

(3) Zoomをテストしてみましょう

念のため、ちゃんとZoomが使えるのかテストをしてみましょう。 Zoomにはテストをするためのミーティングが用意されています。テストミーティングのサイトにアクセスし、「参加」をクリックすると、Zoomが起動し、マイクやカメラのテストをすることができます。

この画面では、スピーカーとマイクのテストができます。左側にある「ビデオ」をクリックすると、カメラのテストをすることができます。
(参考: ZoomヘルプセンターHP)


(4) Zoomに先生を招待する方法

最後に、先生を招待し、ミーティングに参加してもらう方法をお伝えします。まず、Zoomのアプリを起動し、サインインします。

するとこのような画面になるので、「新規ミーティング」をクリックします。

このような画面になったら、下部の「招待」をクリックします。すると、メールを送信したり、URLをコピーすることができるようになっていますので、メールを先生に送るか、URLを先生に送る、といった方法で先生を招待することができます。

5. 初回面談を実施しましょう!

先生を選んだら、是非積極的に初回面談をしましょう!初回面談無料としている先生もたくさんいらっしゃいます。先生を自宅にお呼びせず、オンラインで実施してみましょう。

初回面談では、

  • 生徒様との相性はよさそうか?
  • 希望通りのスケジュールで授業ができそうか?
  • これまでにどのような指導実績があるか?

などを確認してみてください。とくに、生徒様との相性は大切ですので、生徒様から見て「あまりこの先生の授業は受けたくないな」と思うような先生であれば、別の先生を検討したほうが良いかもしれません。

オンラインでうまく指導してもらえそうかということも確認してみてください。指導方法について相談してみると良いのではないでしょうか

また、実際の成績や目標を相談して、進め方を提案してもらうようにしましょう。普段使用している教材を見せて、国語の体験授業をお願いしてみるのも効果的です。 (初回面談の上限は1時間なので、1時間を超えて面談・体験授業を行う場合には、初回面談無料としている先生であっても、授業料を頂戴いたします。)

納得のいくまで、いろいろな先生と面談を重ねてみてください!

6. 授業を申し込みましょう!

先生との初回面談を終え、特に問題がなければ是非授業を申し込みましょう!スマートレーダーのサイトにログインいただき、Web上で授業の依頼を出すことができます。

授業の契約は、1回1時間から可能です!「いきなり長期契約するのは不安だな…」という場合は、まずは短期でご契約いただくことをおすすめいたします。

授業が確定したら、料金のお支払いをお願いいたします。事前に、授業のトピックなどを話し合っておくと効果的です。

スマートレーダーは他の家庭教師とここが違う!

ポイント1:家庭教師は東大・東工大・一橋大・京大・阪大生のみ

家庭教師の登録を東京大学・東京工業大学・一橋大学・京都大学・大阪大学の学生に限定することで、先生の品質を底上げしています。

超難関校の高度な受験を合格した日本一の課題解決能力・成功体験から、あなたの「わからない」を分析し「わかる」に変えます。

※今後、先生の対象大学は変更となる可能性があります

ポイント2:家庭教師の見える化

これまでの家庭教師サービスはヒアリングをもとに会社が選んだ家庭教師が派遣されてくることが一般的でした。事前にどのような家庭教師が来るのかわからず、結局来たらがっかり。

このようなミスマッチを防ぐために、スマートレーダーでは先生の模試・定期テスト・本試験などの成績から、独自のアルゴリズムで 「適正時給」と「レーダーチャート」を算出し、家庭教師を「見える化」することで適切な先生との マッチングをサポートしています。

お子様一人ひとりの違った課題を解決するため、最適な先生をご紹介できます。

ポイント3:適切な料金体系

一般的な家庭教師派遣会社では、ご家庭が負担する授業料のうち 約60%(※)が派遣会社に支払う手数料です。そのため 料金は高額になり、教師の収入も少なくなっています。(※自社調べ)

個人契約のスマートレーダーでは、家庭教師の適正時給を査定し、報酬の一部をシステム利用料としていただく(最大25%)ことにより運営されています。そのため、 入会金は不要となり、 高額な手数料がかからない分、ご家庭の負担は少なくなる一方で、教師の収入は増えます。

ポイント4:1回1時間からの授業リクエスト

スマートレーダーでは、授業のリクエストを1回1時間から送ることができます。数回のお試し授業や、長期休暇中のみの短期契約などでも、大変ご利用いただきやすくなっています。

休校中の過ごし方のポイント

以下の記事では、休校中の学習におけるコツを5つご紹介しております。是非、ご覧ください。

コロナで休校!自宅でも集中して効率よく勉強する5つの方法

2020.04.15
学校の休校が続く中、自宅で自習することが重要になっています。自宅で、集中して、メリハリをつけ、効率よく勉強するためのコツや、利用できる学習相談サービスをご紹介します。

Twitterアカウントをチェック!

スマートレーダーは、小中高生、浪人生、保護者の方むけにTwitterで情報発信を行っています。ちょっと勉強に役立つ「スマトレクイズ」や、勉強法のご提案などを発信しておりますので、是非フォローをお願い致します!

他の注目記事
中学入試 勉強法お悩み別ご利用ガイド 2020.03.30

中学入試に向けた勉強方法で悩んでいる小学生に!スマートレーダーのシーン別ご利用ガイド

「勉強はしているのに成績が上がらない」「中学入試対策の勉強方法がわからない」というお悩みはスマートレーダーで解決!中学入試対策の勉強方法・学習計画で悩んでいる小学生に向けた、スマートレーダーのご利用方法をご案内しています。

中学 英語 定期テスト対策お悩み別ご利用ガイド 2020.03.17

英語の定期テスト対策をしたい中学生に!スマートレーダーのシーン別ご利用ガイド

「英語の成績がわるく、内申点に影響しそう」「英語の勉強方法がわからないので、学校の授業をただ聞くことしかできない」というお悩みはスマートレーダーで解決!英語の定期テスト対策でつまづいている中学生に向けた、スマートレーダーのご利用方法をご案内しています。