小学生の家庭教師はあり?料金相場やメリット・デメリット、選び方などを解説

「小学生に家庭教師ってどうなの?」「子供が勉強についていけない(or 中学受験をしたい)から家庭教師をつけたい」とお悩みではありませんか。

そこで今回は、小学生に家庭教師をつけるメリット・デメリットや料金相場などについて解説します。

記事を最後までチェックすれば、あなたのお子さんに家庭教師をつけるべきなのかどうかが明確になりますよ。

小学生に家庭教師をつけるメリット

小学生に家庭教師をつけるメリットは、以下の3つです。

  • 送り迎えの負担がない
  • 自分のペースで学習ができる
  • 家での学習習慣が身につきやすい

それぞれ詳しく解説します。

送り迎えの負担がない

家庭教師は、自宅に来て指導を行います。よって送り迎えは不要です。子供が塾まで通う必要はありません。

保護者は送り迎えに時間を取られることはありません。仕事等で送り迎えが難しい場合にも安心です。

特に自宅から塾までの距離が離れている場合は、多くの時間を節約できます。週に2回も3回も、片道30分以上かかる場所に子供を送迎するのは大変ですからね。子供が自宅で過ごす時間も減ってしまいます。

家庭教師であれば、送り迎えの時間を節約できます。よって家族で有意義に過ごしたり、子供に好きなことをしてもらったり、勉強時間をさらに増やしたりできますよ。

自分のペースで学習ができる

学校や塾では、授業が一定のペースで進んでいきます。クラスの平均に合わせて授業が行われるので、平均より大分下のレベルの子は全く付いて行けませんし、平均より大分上のレベルの子は退屈してしまいます。

しかし家庭教師をつけることで、自分のペースで学習を進めることができます。これは勉強が得意な子、苦手な子の両者にとってメリットです。

理解が深まるまで、何度も同じことを繰り返して学習することができます。すぐに理解できれば、どんどん単元を先に進められます。

「うちの子は学校や塾の授業ペースに合っていないかも」という方は家庭教師がおすすめです。

家での学習習慣が身につきやすい

家庭教師との学習は、自宅で行われます。よって家庭学習の習慣が身につきやすいというメリットがあります。

学習習慣の形成において、環境は大切な要員です。家庭教師の授業を受ける場所をリビングのテーブルや自室の机などに固定しておきましょう。

そうすることで、家庭教師がいないときも、その場所にいるだけで自ずと勉強をしようという気持ちが働きます。

一方で「塾は勉強をする場所、自宅は遊ぶ場所」というイメージがついてしまうと、なかなか自宅学習が捗りません。

小学生に家庭教師をつけるデメリット

小学生に家庭教師をつけるデメリットは、以下の2つです。

  • 通学型の塾と比べて費用がかかる
  • 地元の大学生が講師の場合が多く、中学受験等には向かない

それぞれ詳しく解説します。

通学型の塾と比べて費用がかかる

家庭教師にかかる費用は、指導時間や講師の経験・スキルによって異なります。しかし通学型の塾と比べると、費用が高い傾向にあります。

勉強面だけで考えれば家庭教師の方が良いのですが、費用面から家庭教師の利用が難しいこともあるかもしれません。

料金相場については次の項目で解説していますが、費用を抑えたい場合は対面ではなくオンライン家庭教師の利用もおすすめです。

地元の大学生が講師の場合が多く、中学受験等には向かない

家庭教師は、地元の大学生が講師を務めることが多いです。

そのため、中学受験等に向けて高度な知識を身につけるための指導を受けることができない場合があります。また大学生であっても、指導力や教育の知識が十分でない場合があるため、講師選びには注意が必要です。

近所にある大学のレベルが、中学受験をしたい小学生のレベルに合っていない場合は、家庭教師はおすすめしません。

ただしオンライン家庭教師であれば、日本中どこにいても、難関大学に通う家庭教師から授業が受けられます。

小学生の家庭教師の料金相場

小学生が家庭教師を利用し、1時間の授業を1回受ける際にかかる料金相場は以下の通りです。

タイプ料金相場
小学生(中学受験なし)3,000〜6,000円
小学生(中学受験あり)3,500〜6,500円

※上記は、一般的な大学生家庭教師の料金相場です。難関大学生やプロ家庭教師の場合の料金相場は上記の表よりも少し高くなります。

家庭教師の料金相場については、「家庭教師の料金相場は?個人契約やオンラインなどタイプ別に徹底解説!」の記事に詳しくまとめていますので、ぜひご参照ください。

家庭教師の費用を抑えるなら個人契約がおすすめ

家庭教師の料金相場は、集団塾の料金相場と比べると高いです。上記の表ですと中学受験をする場合、週に2回の授業で月額28,000〜52,000円かかります。

小学生の家庭教師にかかる料金を抑えたいのなら、家庭教師との個人契約がおすすめです。家庭教師と利用者の間に入っている家庭教師派遣会社への手数料を省くことで、料金を抑えられます。

家庭教師との個人契約と言っても、スマートレーダーのようなマッチングサービスを使えば、信頼性を担保できますよ。

なお、家庭教師と個人契約する際に知っておくべきことについては、以下の記事で詳細に解説しています。あわせてご確認ください。

【個人契約 家庭教師】メリット・デメリットから先生の見つけ方まで必ず知っておくべきことを徹底解説!

小学生の家庭教師の選び方

小学生の家庭教師を選ぶ際は、以下2つの点を意識しましょう。

  • 講師の学力で選ぶ
  • 対面かオンラインかで選ぶ

それぞれ詳しく解説します。

講師の学力で選ぶ

講師の学力は、指導力に直結します。小学生のうちからしっかりと基礎学力を身につけることが、中学受験や高校受験につながるため、学力の高い講師を選ぶことが重要です。

またいくら小学生に勉強を教えるといっても、中学受験レベルとなると、大学生でも簡単には解けない問題が多いです。

講師の学歴や成績を確認できる場合は、しっかりとチェックしましょう。

対面かオンラインかで選ぶ

家庭教師の指導方法には、対面指導とオンライン指導があります。

対面指導の場合は、講師と生徒が同じ場所で指導を行うため、直接やりとりができます。一方オンラインでの指導は、インターネットを通じて指導を行うため、場所に縛られないメリットがあります。

自宅にいながら学習できるため、忙しい家庭でも無理なく学習ができるのが特徴です。またオンラインの場合は、自宅にいながら指導を受けることができるため、交通費や時間を節約できます。

最近の子供は、タブレットを使って学習をすることもよくあります。よって画面越しに講師からの授業を受けても、問題ありません。

小学生の家庭教師ならスマートレーダーがおすすめ!

スマートレーダー 家庭教師

スマートレーダーとは

「スマートレーダー」は、生徒1人ひとりに合った理想の家庭教師が見つかり、直接契約できるマッチングプラットフォームです。教師の得意教科の評価をAI(人工知能)によって行い、レーダーチャートで表示する日本初のサービスです。

ご家庭の方は家庭教師の指導実績や得意教科の評価、時給や趣味 、家庭教師の出身高校や在籍大学などのタグから最適な家庭教師を見つけることができます。

スマートレーダーでは費用を抑えて指導が受けられる!

スマートレーダーでは、他の家庭教師マッチングサイトや家庭教師センターに比べ、仲介手数料をわずか25%に抑えているため、授業料がより低価格で提供される傾向があります。

また、入会費や退会費、紹介費、会員費等の費用が一切かからないため、授業を行う分だけの費用で利用することができます。さらに、教師の変更についても、追加費用が発生することはありません。

これらの点から、スマートレーダーはコストパフォーマンスの高い家庭教師マッチングサイトといえます。

スマートレーダーでは先生の質が最高クラス!

スマートレーダーでは東大、京大、東工大、一橋大、旧帝大などの難関大学の先生に登録を限定させることで、先生の質がかなり高くなっています。

また先生の登録者数も6,000人以上いるのでぴったりの先生を見つけることができます。この中には当然志望校出身の先生もいらっしゃるため、志望校に特化した指導を受けることができます。

安心のトラブルサポート

「スマートレーダー」は家庭教師の個人契約で起こりがちなトラブルも防ぐことができます。

一般的な家庭教師マッチングサイトとは異なり、先生との間でトラブルが発生した時に、運営事務局が仲介に入り、トラブル解決のサポートをしておりますので、はじめての家庭教師の個人契約をご利用の方も安心してサービスを利用できます。

また、個人契約にありがちな金銭トラブルに関しても、運営事務局を介して金銭のやり取りを行うため、トラブルを回避することが可能となっています。

オンライン指導も可能!!

スマートレーダーはオンライン指導にも対応しています。

お家にいながら優秀な学生から様々な知識を教えて頂きます。地方に在住の方も、パソコンさえあれば、東大生の勉強法までも伝授してもらえます!

また、1回1時間から指導を依頼することができます。テスト直前や長期休みの時期に授業を増やすことや、その時期のみの利用など柔軟に指導を依頼することが可能です。

他の注目記事
料金相場 2023.03.13

高校受験をする中学生が家庭教師の個人契約をする場合、料金相場はどれくらい?

個人契約の家庭教師を利用することで、家庭教師センターを利用した場合よりも安く個別指導を受けられるというメリットがありますが、料金相場がわかりにくいという問題も存在します。今回は、高校受験で家庭教師を利用するメリットと、個人契約における料金相場を解説していきます。