【東工大】【情報理工学院】A.Y先生の勉強の転機

本記事では、家庭教師マッチングサイト スマートレーダーに登録する先生から聞いた勉強における転機を掲載しています。

勉強ができる人は、勉強が好きな人でしょうか?

勉強ができる人は、ずっと勉強が出来たのでしょうか?

超難関大学に通う学生にも、

  • 自分を騙して勉強をするようになったきっかけ
  • 勉強を好きになったきっかけ

があるのです。

この記事は、そういった成功者の勉強に対する価値観やその価値観を変えた瞬間を提示することで、保護者様、そして一人でも多くの小・中・高生の将来を変える勉強のきっかけになることを期待しています。

勉強の転機とは

あなたについて紹介してください!

僕は地方の公立高校、いわゆる自称進学校から東京工業大学の情報理工学院に現役合格しました。早稲田、慶應にも滑り止めとして受験し、合格しました。小学校ではサッカー、空手。中高ではバスケットボール部に入っており、運動はとても大好きでした。

あなたの勉強のきっかけはなんですか?

僕は、高校受験、大学受験と受験勉強を2回経験しましたがその両方に共通して持っていたのは、「落ちたくない」という思いでした。

小学校の頃は算数がとても大好きで、自分から先生に難しい問題を求めているほどでした。その頃から今まで算数、数学の勉強が苦だと思ったことはありません。だから勉強を頑張るための1つの方法はその教科を好きになることです。好きになることでもっと学びたい、発展的な問題をときたいと思えるようになります。また、難しい問題を解けたときはとてつもなく嬉しいもので、達成感を得ることができます。僕の場合、高校生の途中から数学に加え、物理、化学も面白いと思えるようになっていきました。ただ僕はどうしても英語、国語、社会は好きになることができませんでした。

じゃあどのようにしてこういった教科を克服していくのか。それが先ほど述べた「落ちたくない」という思いです。志望校に落ちた時の自分の姿を想像することによってなんとしてでも受かるという思いが湧いてきて、それによって勉強を必死でがんばるようになります。また、自分が受かった時の輝いている姿を想像するのもいいと思います。この気持ちで僕は受験期を乗り越えました。

もう一つ苦い受験期を乗り換えることのできた要因として、切磋琢磨しあえる友達がいたということです。自分1人では精神的にとてもきついです。そのような友達と競い合って助けあって行くことができたから今まですべての受験において合格を勝ち取ることができたのだと思っています。

お子様をお持ちの親御さん、やる気の起きない受験生に向けたメッセージ

受験勉強で1番大事なことは息抜きです。最初からとてもハードな勉強日程を組むのはいいことではありません。はじめは自分がやりやすいように勉強のペースを自分で決めるといいです。それからどんどん増やしていくといいと思います。

[コメント]先生の体験記を読んで・・・

算数、数学が好きだったというA.Y先生。その他の教科は少し苦手意識があったようですね。それでも、志望校に受かった時の輝いている姿を想像しながら、合格のために必要なことをしっかりと対策していかれたのですね。

この先生からもっと話を聞きたい方へ

この先生は、家庭教師マッチングサイト「スマートレーダー」に在籍する先生です。

スマートレーダーでリクエストを行うことで、指導をお願い/記載内容についてより詳細に聞くことが可能です。

スマートレーダーとは

「スマートレーダー」は、生徒一人ひとりに合った理想の家庭教師が見つかり、直接契約できる CtoC プラットフォームです。教師の得意教科の評価をAI(人工知能)によって行い、レーダーチャートで表示する日本初のサービスです。

ご家庭の方は家庭教師の指導実績や得意教科の評価、時給や趣味 、家庭教師の出身高校や在籍大学などのタグから最適な家庭教師を見つけることができます。


こちらから公式HPへ移動できます。


他の注目記事