家庭教師で中学受験を成功するの?現役家庭教師が解説!

中学受験対策に家庭教師を雇うか悩んでいる方はたくさんいると思います。特に、家庭教師をつけて効果があるのか、合格につながるのか、あるいは何を教えてもらえばいいのかなど、気になることがたくさんあります。

そこで今回は中学受験は家庭教師で成功できるのか、どうすれば合格につながるのかを現役家庭教師の筆者が解説していきます。

中学受験に家庭教師が効果あるのかどうかについては以下の記事に具体的に書いていますのでぜひご参照ください。

中学受験に家庭教師って効果あるの?現役家庭教師が解説!!

2022.06.05
中学受験対策に家庭教師を雇うか悩んでいる方も多くいると思います。その中でも特に気になるのは効果があるのかどうかだと思います。受験対策に効果のないことをやってしまうと時間とお金の無駄になってしまいます。そこで今回は、現役家庭教師の筆者が中学受験対策に家庭教師が役立つのかどうかを解説します。
3000人以上 バナー 最新版

家庭教師で中学受験を成功できるのか

先に結論を述べます。中学受験を家庭教師で成功させることは十分可能です。むしろ、その他の高校受験や大学受験と比べても、家庭教師での学習は、中学受験が最も相性が良く、うまく利用すれば受験において大幅にアドバンテージを得ることができます。その理由について解説していきます。

中学受験の指導はマンツーマンが効果的

中学受験の特徴として挙げられるのは、生徒一人ひとりの理解力の差です。小学生の段階では、科目ごとや分野ごとの理解力の差は明白です。そのため集団塾や学校の授業などの学習では、理解力がある生徒にとっては退屈であったり、逆に理解力が乏しい生徒では取り残されてしまいます。

これは、小学生は科目ごとや分野ごとの理解力にムラがあり、苦手分野の理解はとことん遅いために生じます。実際いろいろな生徒を指導していて、学年が上がるにつれて理解力自体は均一になり、高校生になるとある程度丁寧に説明すると基礎問題はほとんど理解してもらえるようになります。

これが中学受験にはマンツーマン指導が有効である理由です。一人一人の理解力に合わせた丁寧さや速度で授業を実施することができ、かなり効率的になります。そのためマンツーマン指導である家庭教師を雇うことで、効果的に学習をすることができ、苦手分野の克服や、授業進度をあげて早めに過去問対策に移ることが可能になります。

志望校ごとに問題傾向が大幅に異なる

中学受験は学校ごとに問題を作っているため、入試問題の出題傾向が大幅に異なります。また、中学受験にはこれといった具体的な出題範囲が決まっているわけではないのが、この違いをより大きくしています。

そのため、志望校に特化した対策をする必要があります。こうした対策では頻出問題を考慮した志望校ごとのカリキュラムを組むことが有効です。これは、最初から具体的なカリキュラムが決まっている集団塾では対応できません。こういった塾では網羅的に学習するので、受験に必要な知識は身につくのですが、効率的ではありません。

そのため、中学受験の指導経験が充実している家庭教師や、志望校出身の家庭教師に自分の志望校に合った対策を考えてもらうことでかなり効果的に勉強をすることができます。

早いうちから志望校対策として家庭教師を雇ったり、塾に通って最後の志望校対策で家庭教師をお願いしたりと自分に合う形で利用するのがいいでしょう。

こういった利用をする際は、具体的なカリキュラムやルールに縛られない個人契約の家庭教師がおすすめです。「中学受験対策に個人契約の家庭教師ってどうなの?現役家庭教師が解説!」の記事に詳しく書いていますのでぜひご一読ください。

問題の解法より思考プロセスが大切

中学受験は実は最難関校であっても問題の解法はいたって単純です。しかし、その解法まで行きつくひらめきが非常に難しいです。中学受験で成功する秘訣はこのひらめきをいかに必然的なものにするかです。

その場、その時の運次第で思いつくかどうかが決まるのでは安定して合格をつかみ取ることができません。これを必然的に思いつくようにするためには、問題を解ける人の思考プロセスを学ぶことが重要です。なぜその発想に行きつくのか、どの手順で考えていったのかを学んでいくと、入試本番に初見の問題を限りなく必然に解けるようになります。

しかし、集団塾や個別指導塾では問題の解答を説明されるだけなことが多いです。解答の解説は丁寧でわかりやすいですが、思考プロセスは先生によって違うのでテキストやカリキュラム化するのがむずかしく、説明されることは少ないです。

家庭教師では具体的なカリキュラムが決まっていないので、先生の問題を解くまでの思考プロセスまでしっかりと教えてもらうことができます。指導実績が豊富であったり、実際に中学受験を経験した実力のある先生から指導してもらえると模試や入試本番に安定して点を取れるようになります。

中学受験に家庭教師の効果的な利用法

家庭教師で中学受験を成功させるためには、利用方法が非常に重要です。先生の選び方や指導してもらうことを間違えると、合格に直結せず、時間とお金の無駄となってしまいます。そこで実際に自分がやっている指導方法をもとに、効果的な利用法を紹介していきます。

中学受験経験のある先生と個人契約しよう

家庭教師を選ぶ際に、どうやって先生を探せばいいのか悩むと思います。家庭教師には、家庭教師派遣会社による家庭教師と、個人契約家庭教師がいて、さらに社会人が先生をやっているプロ家庭教師と、大学生が先生をやっている学生家庭教師がいます。

どのタイプの先生でもメリットデメリットがありますが、お勧めなのは個人契約の学生家庭教師です。というのも指導内容に最も自由度が高いからです。

家庭教師派遣会社の家庭教師は、規約に基づいて授業を組む必要があり自由度が少ないです。(その分トラブル発生のリスクが少ないメリットはあります。)そのため短期利用であったり、不定期的な利用がむずかしく不便に感じると思います。

また、プロ家庭教師は指導実績が多く、説明は非常にわかりやすいですが、一度の大量の生徒を指導しているため、個人個人に特化した指導というよりは、万人受けする決まって授業をすることが多いです。集団塾をそのままマンツーマン指導にしたような授業を想像してもらえるといいと思います。

個人契約の学生家庭教師では、自分の都合に合わせて、生徒一人一人に特化した指導をしてもらうことができます。というのも、個人契約では先生と都合さえよければ好きなタイミングで授業をしてもらうことができ、学生家庭教師は、多くても生徒を3,4人しかいないので、生徒一人一人と向き合う時間があるからです。

ただし、中学受験にはそれ特有の考え方が必要なため、必ず中学受験経験のある先生に依頼するようにしましょう。小学生の習う内容だからと言って誰でも指導できるわけではなく、自身で勉強してわかるようになった経験がないと効果的に教えることができません。

特に志望校出身の先生は、その学校の過去問研究までした経験があるので、かなり効率的な指導を受けることができます。できる限り、とりわけ受験直前期は志望校出身の先生に依頼するようにしましょう。

中学受験におすすめの家庭教師について詳しく知りたい方は「現役家庭教師が考える中学受験家庭教師のおすすめランキング」の記事をご一読ください。

また、先生選びに失敗したくない方は以下の記事に、理想の家庭教師の選び方を解説していますのでぜひご参照ください。

中学受験で理想の家庭教師の選び方は?現役家庭教師が解説!

2022.09.04
中学受験と家庭教師は非常に相性がいいです。しかしどの先生に依頼すればいいのかわからないことがあると思います。実際、家庭教師の選び方によって効果の差は歴然です。先生選びに失敗してしまうと、いまいち成績が伸び悩んでしまいます。そこで今回は合格を勝ち取るための理想の家庭教師の選び方について解説していきます。

合格までの計画を一緒に考えてもらおう

効果的な授業をするためには目的や目標をはっきりとさせることが重要です。ここができていないと何のために授業をするのかが不透明で、非効率的な学習となってしまいます。

そのため、必ず勉強計画、授業計画を立ててもらうようにしましょう。人によってこなせる勉強量や勉強時間に差があるので、双方で合格に必要なものを優先順にをつけて、整理して実現可能な計画を立てることが非常に重要です。

特に大切なのが、大きな目標から小さな目標に落とし込んでいくことです。例えば数学で9割以上とれるようにするという大きな目標に対しては、計算問題で間違わないようにするや図形問題は必ず完答するなどのより小さな目標に細分化できます。ここからさらに単元ごとに間違わないようにするや、さらに細かくこの分野の問題は何分以内に解くなどを定めていき、それらを達成するために授業計画組みます。

こうすることで、何のために授業をするのか、今何をしているのかを意識しながら学習できるので、効率的かつ効果的に勉強を進めることができます。これは授業計画だけでなく、宿題や問題演習についてもいえることで、何をするにも必ず目的意識をもって行動することが合格するためには大切なので必ず意識するようにしましょう。

小テストをやってもらうようにしよう

合格までの勉強計画が立てれたなら、それをちゃんと達成できているかの到達度テストをすることは非常に重要です。小学生では、できたつもりになってしまっていたり、逆にできているのに自信がつかなくて過剰に一つの分野を勉強してしまうことがあります。

そのため到達度テストを授業前、あるいは授業後にしてもらって、どれだけ定着しているのかを確認してもらうことがかなり効果的です。これによって先生も生徒がどれだけ理解しているかを知ることができ、説明の丁寧さや授業進度を変えることができます。

授業→定着度の確認→未定着部の復習を一つのサイクルとして勉強していけば、先に建てた合格に直結する勉強計画通りに学習を進めていくことができます。実際自分も、このサイクルで授業をするようになってから生徒の点数が大幅に上がり始めました。

一般に小テストを積極的に実施する先生はそんなに多くないので、先生に直接到達度テストをしてもらうようにお願いするようにしましょう。

中学受験対応の先生探しならスマートレーダー

スマートレーダーとは

スマートレーダー 家庭教師

システム利用型の家庭教師個人契約サイト「スマートレーダー」は、生徒一人ひとりに合った理想の家庭教師が見つかり、直接契約できる CtoC プラットフォームです。教師の得意教科の評価をAI(人工知能)によって行い、レーダーチャートで表示する日本初のサービスです。

ご家庭の方は家庭教師の指導実績や得意教科の評価、時給や趣味 、家庭教師の出身高校や在籍大学などのタグから最適な家庭教師を見つけることができます。

スマートレーダーでは先生の質が最高クラス!

スマートレーダーでは東大、京大、東工大、一橋大、旧帝大などの難関大学の先生に登録を限定させることで、先生の質がかなり高くなっています。そのため、解答を教えるだけの指導するような先生は少ないです。

また先生の登録者数も5000人以上いるのでぴったりの先生を見つけることができます。この中には中学受験経験の先生も多くいて、もちろん志望校出身の先生もいらっしゃるため、志望校に特化した指導を受けることができます。

また、先生の変更には別料金がかからないため、相性が悪い先生だった場合でも安心して別の先生を探すことができます。

トラブル発生時は安心のサポート

スマートレーダーでは料金支払いが授業完了後であるため、時間になっても先生が来ないといった問題が発生しても安心して対応することが可能です。

また、料金についてもAIを用いた独自のアルゴリズムによって先生の適正時給を査定していますので、能力に応じた納得のいく料金体制となっています。

トラブル発生時は運営事務局が仲介に入り解決することができるので、安心して利用することができます。また先生の変更も無料であるためリスクも小さいです。

オンライン指導も可能!!

スマートレーダーはオンライン指導にも対応しています。

お家にいながら優秀な学生から様々な知識を教えて頂きます。地方に在住の方も、パソコンさえあれば、東大生の勉強法までも伝授してもらえます!

また、一回1時間から指導を依頼することができます。ハイレベルな指導を必要な時に必要な分だけ受けることができるため、時間を効率的に使うことができます。

オンライン家庭教師については知りたい方は「オンライン家庭教師と個人契約を結ぶってどういうこと?おすすめの方法と注意点は?現役家庭教師が徹底解説!」の記事をご参照ください。

他の注目記事
中学受験対策 2022.11.25

中学受験直前期(12月)の過ごし方は?現役家庭教師が解説!

12月から入試当日に向けた調整を始める必要があり、受験を本格的に意識することになります。体調管理や過去問対策など、最後の調整がうまくできれば、安心して入試に臨むことができるようになります。今回は現役家庭教師の筆者が、中学受験直前期である12月の過ごし方や、やるべきことについて解説していきます。

中学・高校 2022.09.04

中学受験で理想の家庭教師の選び方は?現役家庭教師が解説!

中学受験と家庭教師は非常に相性がいいです。しかしどの先生に依頼すればいいのかわからないことがあると思います。実際、家庭教師の選び方によって効果の差は歴然です。先生選びに失敗してしまうと、いまいち成績が伸び悩んでしまいます。そこで今回は合格を勝ち取るための理想の家庭教師の選び方について解説していきます。

中学受験対策 2022.09.18

現役家庭教師が考える家庭教師を使った中学受験「算数」対策!!

中学受験で最も重要視されている科目は算数です。これは、ほかの科目と比べて算数は中学受験として必要な対策の量が非常に多くなるためです。そんな中学受験の算数を家庭教師を依頼して、別個に対策をしている人も結構います。そこで今回は中学受験算数対策の家庭教師を利用の仕方について、現役家庭教師の筆者が解説していきます。

中学受験対策 2022.11.18

中学受験の直前期の過ごし方は?保護者がやるべきサポートを現役家庭教師が徹底解説!

中学受験の合否を決める大きな要因として、受験当日までの精神の安定、心の持ち方が挙げられます。しかし、まだ小学6年生の子供が自ら俯瞰して、メンタル面を調整するのは大変難しいです。そこで今回は現役家庭教師の筆者が、受験直前期の過ごし方や保護者がやるべきサポートを解説していきます。

中学受験情報 2022.11.19

中学受験に家庭教師はおすすめなの?現役家庭教師が徹底解説

実は家庭教師を利用されている方の多くは、中学受験対策として利用されています。「中学受験には家庭教師がおすすめ」とよく聞きますが実際はどうなのか気になっている方も多いと思われます。そこで今回は現役家庭教師の筆者が中学受験に家庭教師がおすすめなのかを解説していきます。