[高校入試英語対策]家庭教師の探し方ガイド

「英語の成績が伸び悩んでおり、高校入試で足を引っ張るのではないかと心配している」「英語の勉強方法がよくわからず、特に長文読解が苦手…」
という中学生のお子様をお抱えのご家庭はいらっしゃいませんか?

そんなときには、ぜひ1授業1時間からご契約いただけるスマートレーダーをご利用ください!本記事では、英語の高校入試対策でつまづいている中学生に向けた、スマートレーダーのご利用方法をご案内しています。

お悩みの具体例(高校入試英語の点数を伸ばしたい)

中学3年生の男の子。高校入試でも重要になる「英語」でつまづいている。これまでは部活(サッカー部)が忙しく、あまりコツコツ勉強できていない。さらに、勉強方法がよくわかっておらず、授業には何とかついていっているものの、模試になるとイマイチ点数が取れない…。特に英語が足を引っ張っており、どうにかして挽回したい。部活を引退するまでは、平日は部活で忙しいため、日曜日に、高校受験当日が近づいてくる引退後は平日にも家庭教師を依頼したい。

高校受験英語の成績をしっかり伸ばせる家庭教師の探し方

1. スマートレーダーに登録しましょう!

スマートレーダーには、料金は一切かかりません。以下のリンクをクリックし、必要事項を入力して会員登録をしましょう!

2. 先生を募集しましょう!

スマートレーダーでは、希望の条件を提示して先生を募集することができます。登録ができたら、さっそく先生を募集してみましょう!募集をせずに、イチからご自分で選ぶこともできます。その場合は(3. 先生を選びましょう)に進んでください。

募集する際は、

  • 生徒様の学年、性別
  • 契約の期間、授業の頻度、1授業あたりの時間
  • 特に指導してもらいたい科目
  • その科目の成績、目標
  • 利用している教材、通っている塾
  • 生徒様の性格、特徴など
  • 希望の先生のタイプ

を記載頂くと、希望の先生とマッチングしやすくなります。以下は、先生を募集する際の例文です。

【指導内容】
中学3年生(男子)の英語の高校入試対策の依頼。部活(サッカー部)を引退する6月頃までは、日曜日の週1回、それ以降は平日も含め週3回、それぞれ1回2時間程度で授業をお願いしたいです。高校入試直前まで指導していただける方を希望します。
自分でも勉強していますが、 英語の勉強方法がよくわからず、伸び悩んでいます。特に、部活が忙しく、コツコツと勉強してこなかったため、基礎からじっくりと指導していただきたいです。
生徒の性格:元気のよい男の子です。
希望の先生:男性の先生を希望します。自分に甘えがちなので、時には厳しく指導してくださる方ですとありがたいです。また、志望校が△△県立●●高校ですので、●●高校あるいは△△県立の高校の卒業生ですと幸いです。
【勤務地】
JR東海道線 熱田駅徒歩10分

3. 先生を選びましょう!

先生の募集を行った場合

応募のあった先生と、積極的に初回面談をしてみましょう!残念ながら先生からの応募がなかった場合でも、問題ありません!次の「自分で先生を選ぶ場合」と同様、たくさんの先生から希望の先生に対して面談を依頼することが出来ます。

自分で先生を選ぶ場合

先生を選ぶページで、先生を選びましょう!

  • 指導科目で「中学生 英語」を選択
  • スケジュールで「日曜」や「月曜」~「金曜」を選択
  • 最寄り駅に、指導場所の最寄り駅を設定

などの条件で検索してみてください。

ご希望に応じて、

  • キーワードに、「●●高校」「△△県立」を入力(●●高校あるいは△△県立の高校出身の先生を検索できる場合があります)
  • 認定タグで「TOEIC 〇〇〇点台」を選択
  • ユーザータグで、「高校受験」「文武両道」「運動部」を選択

などの条件で絞り込むと、希望の先生を見つけやすくなります。

4. 初回面談を実施しましょう!

先生を選んだら、是非積極的に初回面談をしましょう!初回面談無料としている先生もたくさんいらっしゃいます。先生を自宅にお呼びせず、カフェなどで実施しても構いません。

初回面談では、

  • 生徒様との相性はよさそうか?
  • 希望通りのスケジュールで授業ができそうか?
  • これまでにどのような指導実績があるか?

などを確認してみてください。とくに、生徒様との相性は大切ですので、生徒様から見て「あまりこの先生の授業は受けたくないな」と思うような先生であれば、別の先生を検討したほうが良いかもしれません。

また、実際の成績や目標を相談して、進め方を提案してもらうようにしましょう。普段使っている英語の教材を持っていき、体験授業をお願いしてみるのも効果的です。(初回面談の上限は1時間なので、1時間を超えて面談・体験授業を行う場合には、初回面談無料としている先生であっても、授業料を頂戴いたします。)

納得のいくまで、いろいろな先生と面談を重ねてみてください!

5. 授業を申し込みましょう!

先生との初回面談を終え、特に問題がなければ是非授業を申し込みましょう!スマートレーダーのサイトにログインいただき、Web上で授業の依頼を出すことができます。

授業の契約は、1回1時間から可能です!「いきなり長期契約するのは不安だな…」という場合は、まずは短期でご契約いただくことをおすすめいたします。

授業が確定したら、料金のお支払いをお願いいたします。事前に、授業のトピックなどを話し合っておくと効果的です。

スマートレーダーは他の家庭教師とここが違う!

ポイント1:家庭教師は東大・東工大・一橋大・京大・阪大生のみ

家庭教師の登録を東京大学・東京工業大学・一橋大学・京都大学・大阪大学の学生に限定することで、先生の品質を底上げしています。

超難関校の高度な受験英語を合格した日本一の課題解決能力・成功体験から、あなたの「英語がわからない」を分析し「わかる」に変えます。

※今後、先生の対象大学は変更となる可能性があります

ポイント2:家庭教師の見える化

これまでの家庭教師サービスはヒアリングをもとに会社が選んだ家庭教師が派遣されてくることが一般的でした。事前にどのような家庭教師が来るのかわからず、結局来たらがっかり。

このようなミスマッチを防ぐために、スマートレーダーでは先生の模試・定期テスト・本試験などの成績から、独自のアルゴリズムで 「適正時給」と「レーダーチャート」を算出し、家庭教師を「見える化」することで適切な先生との マッチングをサポートしています。

「英語がニガテ」というあなたの課題を解決するための、最適な先生をご紹介できます。

ポイント3:適切な料金体系

一般的な家庭教師派遣会社では、ご家庭が負担する授業料のうち 約60%(※)が派遣会社に支払う手数料です。そのため 料金は高額になり、教師の収入も少なくなっています。(※自社調べ)

個人契約のスマートレーダーでは、家庭教師の適正時給を査定し、報酬の一部をシステム利用料としていただく(最大25%)ことにより運営されています。そのため、 入会金は不要となり、 高額な手数料がかからない分、ご家庭の負担は少なくなる一方で、教師の収入は増えます。

ポイント4:1回1時間からの授業リクエスト

スマートレーダーでは、授業のリクエストを1回1時間から送ることができます。数回のお試し授業や、長期休暇中のみの短期契約などでも、大変ご利用いただきやすくなっています。

他の注目記事
スマートレーダーMentorスマートレーダーについて 2020.05.11

オンライン学習支援サービス「スマートレーダーMentor」をリリースしました

メンターを活用したオンライン学習支援サービス、「スマートレーダー Online」をリリースいたしました。1500名超の超難関大学生へ質問や相談の回答やアドバイスがもらえる「教えて機能」、そして独自開発のビデオチャット機能を取り入れた「メンター機能」を提供いたします。

中学入試 算数お悩み別ご利用ガイド 2020.03.27

算数の中学入試対策で悩んでいる小学生に!スマートレーダーのシーン別ご利用ガイド

「サピックス模試、日能研模試で算数の成績があがらない」「塾の算数の授業についていけていない」というお悩みはスマートレーダーで解決!算数の中学入試対策でつまづいている小学生に向けた、スマートレーダーのご利用方法をご案内しています。