東大・東工大・一橋大生が厳選した最高の大学受験参考書

大学受験対策に、「良い参考書」は欠かせません。

また、世の中には難関大に合格する生徒の多くが使用する「定番の参考書」というものが存在します。

そこで私たちスマートレーダーは、東大・東工大・一橋大に通う現役の大学生188人にアンケートを取り、大学入試対策でおすすめの参考書を調査しました!

その中で難関大学を対策するのに使われている共通の参考書が判明しました!そこでこの記事では、東大生・東工大生・一橋大生が合格を勝ち取るために、こぞって活用していた共通の参考書を紹介します。参考書ごとの難易度も、大学受験標準レベルを★☆☆☆☆、実力のある人におすすめな超発展レベルを★★★★★とした五段階で評価していますので、自身の参考書ルートを作成する際に是非参考にしてください。

また、東大生・東工大生・一橋大生がそれぞれの志望校対策に活用した参考書についても大学別にまとめていますので、興味のある方はそちらもご覧ください。

東大生が志望校対策に使用した参考書はこちら!!

東工大生が志望校対策に使用した参考書はこちら!!

一橋大生が志望校対策に使用した参考書はこちら!!

数学

基礎・標準レベル

フォーカスゴールド(難易度:★☆☆☆☆~★★★★☆)

網羅系参考書の代表格ともいえる参考書です。入試数学の典型問題を多数収録しており、解説がとても充実していています。同ページに問題と解説が載っていて、問題に詰まった時に解説を見て、すぐにまた問題に取り組みやすいです。また、解答だけではなく計算過程で気を付けるべきことや、考え方も載っているため、応用力を身に付けやすいです。この参考書を周回し、完璧に仕上げることで、多くの大学を射程圏内に収めることができます。

フォーカスゴールドの購入はこちら

青チャート(難易度:★☆☆☆☆~★★★★☆)

フォーカスゴールド同様、網羅系参考書の鉄板といえる参考書です。「チャート」シリーズの内、赤チャートに次いで難易度が高いです。問題の量が膨大であり、解説も考え方まで詳細に載っているため、この参考書を繰り返し解き、完璧に仕上げることで大学の受験範囲のカバーが可能です。しかし、問題数が膨大であるため、すべて完璧にするのは時間的に厳しいこともあります。その場合は特定分野だけ取り組んだり、辞書的に利用したりしても良い教材です。

青チャートの購入はこちら

応用・発展レベル

1対1対応の演習(難易度:★★★★☆)

「1対1対応の演習」は多くの受験生から支持を得ており、とにかく評判がいいです。標準問題から難問題にかけて、良問が入試問題から選抜されて掲載されています。例題は標準~応用、演習題は応用~発展レベルの問題が揃っています。精選された問題に対して多数の別解が掲載されているため、難問に対して様々な視点から解く力を養うことができます。問題の水準が高めですので、いきなり「1対1対応の演習」に取り組むのではなく、「フォーカスゴールド」や「青チャート」などで地力をつけてから取り組むことをお勧めします。

1対1対応の演習の購入はこちら

大学への数学(難易度:★★☆☆☆~★★★★★)

大学入試対策用の問題集というより、数学をより深く勉強したいという方向けの問題集です。月刊誌であり、「特集」「講義・演習」「発展演習」「大数模試」「学力コンテスト」「宿題」という構成になっています。特集は主に「ベーシック演習」「スタンダード演習」「日々の演習」から成り、毎月異なる単元を扱っています。難易度は「スタンダード演習」までは標準・応用レベル、「日々の演習」と「講義・演習」は発展レベル、「発展演習」以降は超発展レベル、「宿題」に至ってはそれ以上のレベルです。大学入試対策として利用するのであれば、「発展演習」以降は手を付けなくても良いでしょう。大学入試対策にとどまることなく、数学をより深く勉強したい方は一度触れてみることをおすすめします。

大学への数学の購入はこちら

英語

英単語ターゲット(難易度:★☆☆☆☆~★★★☆☆)

ターゲット1200.1400,1900とあり、レベル別で単語数がわかれています。ターゲット1900までマスターすれば早慶や国立大学の二次試験まで対応可能です。また、「ターゲットの友」という公式アプリがあり、スマートフォンを用いて手軽に英単語を勉強することもできます。単語の意味を一語一義に絞って掲載しており、派生した意味まで覚えるのが苦手な方におすすめです。

英単語ターゲットの購入はこちら

システム英単語(難易度:★☆☆☆☆~★★★☆☆)

通常盤とBasic版があります。難関大学合格を目指す方には通常盤がおすすめです。1章から4章がレベル別の構成となっていて、5章には多義語が掲載されています。また、3~5語から成るミニマルフレーズが載っているため、単語の使い方まで身に付き効率的に暗記できます。

システム英単語の購入はこちら

鉄緑会 東大英単語熟語 鉄壁(難易度:★☆☆☆☆~★★★★☆)

特徴は見出し語が多いことです。通常の単語帳では派生語や反意語として掲載されるような単語も見出し語として載っているため、セットで覚えられます。収録されている単語のレベルは全て高レベルというわけではなく、センターレベルから難関大レベルまで幅広く収録されています。また、語源が掲載されていることも特徴です。単語の構成が分かるようになると、初見の単語であっても語源を手掛かりに意味を類推できるようになります。他にも、50のセクションに分かれていたり、熟語や例文、イラストが載っていたりして、単語を覚えやすくするための工夫がたくさんされており、長文読解や英作文にも対応できる力が身に付きます。

鉄緑会 東大英単語熟語 鉄壁の購入はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。

受験を成功させるうえで、良い教材を選ぶことは非常に大切です。

この記事で紹介した東大・東工大・一橋大に合格した先輩方の声が、参考書ルートを作成する際の手助けとなれば幸いです。

どの教材を選べばいいのかわからない人は

「どの教材が自分にあっているか判断できない」「教材の効果的な使い方がわからない」といった悩みを持っているかたはいらっしゃいませんか?

スマートレーダーには、受験のプロフェッショナルである東大・東工大・一橋大をはじめとする、超難関大学の現役大学生が家庭教師としてなんと6,000人以上も登録されております。実際に、難関大学を合格した受験のプロフェッショナルから、授業とともにおすすめの教材や使用法の指導をうけることが可能です。

難関大学の合格を手にするために、家庭教師マッチングサイトのスマートレーダーを活用してみてはいかがでしょうか?

他の注目記事
勉強方法/受験対策 2021.01.07

塾に通っている小学生の割合ってどれくらい?いつから塾に行くべきかについても解説!

小学生の塾に通っている割合や難関中学合格を目指す場合はいつから塾に通うべきかを紹介。周りの小学生がどれくらいの割合で塾に通っているのかを知って、お子様を塾に通わせる際の指標にしましょう。また、難関校合格のためにはいつから塾に通うべきかについてを現役難関大生へのアンケートをもとにご紹介します。

コラム記事 2023.09.22

サピックス(SAPIX)の入室テストとは?落ちる子の特徴や入室テストの対策方法を紹介!

中学受験際に、サピックスの入塾を検討してる保護者の方も多くいらっしゃると思います。この記事では、入室テストに対してどのような対策を取ればいいのか、入室テストの際は何を意識すべきか、落ちる子の特徴とはどのようなものなのかなど、入室テストに関して様々な角度から詳しく解説していきます。