東大生の家庭教師と個人契約ってどうなの?現役家庭教師が解説!

東大生で家庭教師をやっている方は大勢います。東大生は賢いというイメージから、大手の家庭教師派遣会社ではなく、東大生と個人契約を結ぶケースが存在します。

そこで今回は現役家庭教師の筆者が東大生の家庭教師から教わることはどうなのかを解説していきます

3000人以上 バナー 最新版

東大生家庭教師の実態

先に結論から述べますと東大生は受験対策のプロが多いです。個人的な見解では受験対策や成績向上といった観点でいえば、一般に言うプロ家庭教師や、塾講師、学校の先生よりも知り尽くしている場合があります。

そのため、家庭教師派遣会社からプロ家庭教師を依頼するよりも、東大生に個人契約をお願いすることをお勧めします。

プロ家庭教師について詳しく知りたい方は「「プロ家庭教師」に騙されるな!中学受験対策の家庭教師で失敗しないために」の記事をご参照ください。

東大生家庭教師は大学受験のプロ

東大生は全員大学受験のプロです。特に得意科目においては常軌を逸しています。実際に入試問題を見てもらったらわかるのですが、東京大学の問題は他の多くの大学の入試問題と比べ、難易度が非常に高く、高得点を取ろうと思えば教科書内容だけでは足りえない深い理解が必要となります。

合格者の多くは苦手科目を得意科目で補っているので、得意科目に関しては進学校の高校の先生の水準を超えている人が大勢います。こういった深い理解を得ている人の指導は理解したつもりになっている人の指導とはレベルが違い、得られるものに大差があります。

また実際に受験を経験してからの日が近いので、的確で効率的な対策を指導してくれることが多いです。

高校受験・中学受験のプロも多い

東大生には中学受験のプロや高校受験のプロも大勢います。というのも東京大学の合格者の多くが難関中高一貫校出身であったり、難関公立高校出身であったりするためです。

こういった合格経験のある先生は入試対策に特化した指導をすることが可能です。実際に自分が経験したことを参考にやってよかったこととやればよかったこを焦点を当ててくれるので、学習効率は非常に高くなります。

プロ家庭教師や塾講師からは得られないような生の経験が生きた授業は、受験当日において多大な良い影響を与えます。

特に中学受験においては、ほかの受験対策と比べ、受験経験が非常に重要になります。しかし、塾講師やプロ家庭教師には受験経験のない先生が多くいるので、中学受験対策としては東大生の家庭教師は非常にお勧めです。

中学受験対策としての家庭教師の利用については「中学受験対策に個人契約の家庭教師ってどうなの?現役家庭教師が解説!」の記事をご参照ください。

また、家庭教師と塾の比較について詳しく知りたい方は以下に記事にまとめています。ぜひご一読ください

家庭教師vs塾【徹底比較!】メリット・費用・向いている方など

2019.02.27
家庭教師と塾を様々な点で比較。 生徒にあった家庭教師・塾選びのポイントを紹介しています。

東大生家庭教師の注意点

東大生家庭教師は受験のプロですが二つだけ注意点があります。

  • 受験経験に合わない指導はプロではない
  • レベルの高い内容を要求しない場合は割高

一つ目は特に気を付ける必要があります。中学受験経験のない東大生に中学受験対策を依頼するのは難しいです。中学受験は特に算数において特有のものの見方や考え方を必要とするので、受験経験の有無で先生の質が大きく異なります。

また、難関中高一貫校出身の先生に高校受験対策を依頼するのも好ましくありません。こういった経歴の先生は中学内容をほとんどすることなく高校内容を始めた方が多く、高校受験の問題すら見たことがないことも結構あります。

二つ目は中学校の定期試験対策などを東大生家庭教師に依頼するのは好ましくないということです。もちろん中学校や試験などによっては異なりますが、教科書レベルの問題は、誰が教えてもあまり差がありません。特に定期試験対策といった、その場しのぎに特化した対策をわざわざ東大生に依頼するのは割高です。

しかし例外としてトップ中高一貫校の定期試験は、中学校の段階で高校内容の問題が出るので、こういった場合は東大生に教えてもらうメリットがあります。

東大生家庭教師の相場

東大生家庭教師の授業料は以下の表のようになります

種類授業料(1時間当たり)
東大生3,500~8,000円
一般個人契約3,000~6,000円
派遣会社3,000~8,000円

東大生は受験対策のプロであるため、ほかの大学生と個人契約する場合よりも料金が高くなります。しかし、派遣会社のプロ家庭教師よりも安いことが多いです。

家庭教師の料金相場について詳しく知りたい方は「家庭教師の料金相場は?個人契約などパターン別に徹底解説」の記事をご参照ください。

東大生家庭教師と個人契約を結ぶ方法

東大生家庭教師の実態について説明してきましたが、ここからは、実際に個人契約を結ぶ方法について解説していきます。また、契約の際の注意点も説明します。

知り合いを探す

個人契約を結んでいる方の多くは知り合いに依頼していることが多いです。知り合いの場合は、トラブル発生のリスクが大きく下がります。また、先生と生徒が知り合いの場合は、お互い緊張せずに気を使うことなく授業をすることができます。

知り合いと個人契約を結ぶ場合は以下のケースが多いです。

  • 兄弟の兄の友達を弟の家庭教師として雇う場合
  • 親の知り合いの息子を家庭教師として雇う場合
  • 家庭教師個人契約を結んでいる知り合いに紹介してもらう場合

いずれの場合も先生を選べないのが問題点となります。受験経験や得意科目までこだわって先生を探すのは困難になります。

マッチングサイトを利用する

家庭教師個人契約のマッチングサイトが存在します。希望の条件から先生を検索し、依頼をして契約を結ぶといった方法です。こういったサイトには主に3種類のものが存在します。

  • 契約仲介型(契約成立までを仲介してくれるサイト)
  • 掲示板型(掲示板にのっていっる先生に自由に依頼できるサイト)
  • システム利用型(契約成立後もサポートが徹底しているサイト)

契約仲介型や掲示板型の場合はトラブル発生のリスクが非常に高くなります。家庭教師のトラブルについて詳しく知りたい方は「個人契約の家庭教師でよく起こる6つのトラブル」の記事をご参照ください。

また、契約仲介型の場合は契約成立時に仲介料が発生するため、トラブル発生時に先生を変えると再び仲介料がとられてしまうため注意が必要です。

システム利用型では先生への授業報酬の一部をシステム利用料として頂く形であるので、先生を変えても余計な料金がかかりません。システム利用型のおすすめサイトとして「スマートレーダー」があります。仲介料が安くトラブル発生時も運営事務局が仲介してくれるなどサポートが充実しています。

スマートレーダーでは
スマートレーダではシステムで管理しているため、システム利用料を安く抑えていて、授業料のわずか25%に抑えています

それぞれのタイプの家庭教師マッチングサイトについては以下の記事に詳しく書ています。ぜひご一読ください。

家庭教師個人契約サイトってどうなの?タイプごとに特徴を解説!!

2022.05.01
家庭教師で個人契約を結ぶのは難しいです。そのため多くの人は家庭教師個人契約サイトを利用しています。しかしそういった個人契約サイトには多くの種類が存在し、どれがいいのかわかりにくいです。 そこで今回は実際に家庭教師をしてい...

家庭教師マッチングサイト【スマートレーダー】がおすすめ!

スマートレーダーとは

スマートレーダー 家庭教師

システム利用型の家庭教師個人契約サイト「スマートレーダー」は、生徒一人ひとりに合った理想の家庭教師が見つかり、直接契約できる CtoC プラットフォームです。教師の得意教科の評価をAI(人工知能)によって行い、レーダーチャートで表示する日本初のサービスです。

ご家庭の方は家庭教師の指導実績や得意教科の評価、時給や趣味 、家庭教師の出身高校や在籍大学などのタグから最適な家庭教師を見つけることができます。

希望の先生が見つかる

スマートレーダーでは、東京大学、京都大学、一橋大学、東京工業大学などの有名難関大学に先生を限定することで先生の質は最高レベルです。

登録されている先生も3000人以上いて、この中には灘中学校や開成中学校などの日本最高峰の中高一貫校出身の先生や、トップレベルの高校出身の先生もいらっしゃるので、志望校の卒業生から直接指導していただくことも可能です。

トラブル発生時は安心のサポート

スマートレーダーでは料金支払いが授業完了後であるため、時間になっても先生が来ないといった問題が発生しても安心して対応することが可能です。

また、料金についてもAIを用いた独自のアルゴリズムによって先生の適正時給を査定していますので、能力に応じた納得のいく料金体制となっています。

トラブル発生時は運営事務局が仲介に入り解決することができるので、安心して利用することができます。また先生の変更も無料であるためリスクも小さいです。

オンライン指導も可能!!

スマートレーダーはオンライン指導にも対応しています。

お家にいながら優秀な学生から様々な知識を教えて頂きます。地方に在住の方も、パソコンさえあれば、東大生の勉強法までも伝授してもらえます!

また、一回1時間から指導を依頼することができます。ハイレベルな指導を必要な時に必要な分だけ受けることができるため、時間を効率的に使うことができます。

他の注目記事
スマートレーダー 2021.11.14

効率的な成績UPにはオンライン家庭教師がおすすめ!絶対に失敗しないオンライン家庭教師のおすすめの使い方や探し方をご紹介!

オンライン家庭教師というサービスをよく聞くが、どのようなサービスなのか、どのように使うのが正解なのかよくわからないという方は多いのではないでしょうか。 今回はそのような方のために、オンライン家庭教師とはどのようなサービス…

,中学受験,家庭教師,社会,家庭教師情報 2022.06.26

家庭教師個人契約の注意点4点!現役家庭教師がよくあるトラブルを解説!

家庭教師を考えている方で、個人契約にしようか、家庭教師センター(家庭教師派遣会社)にしようか、悩んでいる方も多いと思います。個人契約の利点として挙げられるのは、仲介料が発生しないので、料金が格段に抑えられますが、デメリットとして、トラブル発生のリスクが大幅に上がります。

家庭教師情報 2022.07.30

中学受験に家庭教師は必要なの?現役家庭教師が解説!!

中学受験に家庭教師が必要なのか、悩んでいる方も多くいると思います。特に進学塾の授業についていけなかったり、志望校の対策をうまく詰めていないときに、家庭教師という選択肢が浮かんでくると思います。そこで今回は家庭教師が中学受験に本当に役立つのかを現役家庭教師の筆者が解説していきます。

家庭教師情報 2021.04.02

【地方から東大等へ】地方でも超難関大生の指導を受けられるオンライン家庭教師で志望校合格を掴み取ろう!

地方から難関大合格を目指す難しさとは? 塾がない!?予備校がない!? 都会とは違い、一定規模以下の地方都市では大手塾や予備校がないという場合があります。 これにより、例えば冠模試のような難関大志望生が多く受けるような試験…