馬渕教室を徹底解説!入塾テストに落ちたらもう無理?対策についても解説

関西圏で中学受験をしようとする場合、馬渕教室の名前は耳にするのではないでしょうか。

2024年の中学入試では灘中に58名の合格者を出しており、これにより6年連続で55名以上の合格者を輩出していることになります。そして、さらに7年連続で馬渕教室の生徒が算数の最高得点者になるなど、凄まじい実績を残している塾として注目されています。

このように驚異的な数字を出し続けているため、馬渕教室に入塾をご検討されているご家庭の中には「どんな塾なの?」「どうやったら入塾できるの?」と疑問や不安を抱いている方もいらっしゃるでしょう。

そこで本記事では、馬渕教室がどのような塾なのか、入塾テストに対してどのような対策を取ればいいのかを解説していきます。

馬渕教室の特徴

そもそも馬渕教室とはどのような特徴のある塾なのでしょうか。ここでは大きく3つに分けて紹介します。

独自の教育システム

馬渕教室では馬渕ライブナビという映像と音響を駆使して「発見」と「実感」をもって「最初のイメージ」を伝える最先端のシステムを採用しています。

板書では伝えきれないような視覚聴覚に直接訴えかけるイメージを持って、生徒の「わかった」を引き出すことで学習へのモチベーションを上げる工夫をしています。

中堅校にも強い

最難関中学に対し驚異的な合格実績を出している馬渕教室ですが、実は中堅校にも力を入れており、しっかりと合格実績を出しているところが馬渕教室の特徴です。

関西エリアにある全ての国立・私立中学の入試を徹底分析しているため、たとえば「そもそも中堅校を目指している」「志望校を変えたい」などのご希望にも合わせた対策が可能です。

保護者との接点が多い

馬渕教室では保護者会だけではなく、個別面談も年に数回行われていて、お子様の学習状況が把握しやすい仕組みになっています。また、学校説明会や入試分析会、卒業生の講演会といった保護者向けのイベントも豊富です。

馬渕教室の入塾テストとは?

対象学年小学4年生~中学3年生
教科小4~6:算数・国語
中1:数学・国語
中2~中3:英語・数学
時間各教科40分

テストの後にはお子様のみの面接も行われます。

面接官が聞く内容に対してしっかりと回答ができるように練習しておくようにしましょう。

また、面接の練習を行う際は、質問の受け答えのみならず、入退室のマナー声の大きさ目線などにも意識を配りながら行うようにしましょう。

馬渕教室の入塾テストに落ちたらもう無理?

入塾テストに残念ながら不合格になってしまった場合でも、あきらめるのは早いかもしれません。不合格になったとしても希望をすれば入塾テストの結果や今後の学習方法などについて説明をしてもらうことができます。

今まで受けたことのないような形式のテストに戸惑い実力が出せなかったというケースも十分考えられます。入塾テストの対策をしっかり行うことで合格の可能性を伸ばすことは可能です。

入塾テストの対策方法は?

難易度的にも学校の勉強のみでは対策にはならないため、+αの勉強をするのが重要です。しかし、馬渕の入塾テストは過去問が公開されていないため、お子様一人やご家庭だけでは対策をするのはかなり困難ではないでしょうか

その際には家庭教師のマッチングサービスのスマートレーダーがおすすめです。スマートレーダーでは馬渕教室出身の難関大学の学生が在籍しています。また、その他中学受験で有名な塾出身の方も多数在籍しています。

そのため実体験による入塾テストの対策や、入塾した後のフォローアップも全力でサポート可能です。スマートレーダーの先生と一緒にお子様の成績や習熟度に合わせた入塾テスト対策をしてみませんか。

まとめ

今回は馬渕教室の特徴や入塾テストの対策方法について紹介しました。

馬渕教室の入塾テストは+αの勉強が必要条件ですが、過去問が公開されていないため、お子様一人やご家庭のサポートだけでは対策が厳しいです。

その際には馬渕教室出身の難関大学生が多く在籍するスマートレーダーがおすすめです。お子様の成績や習熟度に合わせて入塾テストの対策を行ってくれます。

馬渕教室に通うことを検討されているご家庭にとって本記事が参考になれば幸いです。

他の注目記事
2024.03.28

塾に通っている小学生の割合ってどれくらい?いつから塾に行くべきかについても解説!

小学生の塾に通っている割合や難関中学合格を目指す場合はいつから塾に通うべきかを紹介。周りの小学生がどれくらいの割合で塾に通っているのかを知って、お子様を塾に通わせる際の指標にしましょう。また、難関校合格のためにはいつから塾に通うべきかについてを現役難関大生へのアンケートをもとにご紹介します。