【東工大】【工学院】T.C先生の場合

本記事の目的

本記事では、家庭教師マッチングサイト スマートレーダーに登録する先生から聞いた、実際の大学受験体験を掲載しています。

大学受験を突破し超難関といわれる大学に進学された先生の当時/今の性格やご家庭環境、塾環境など生の実体験を公開することで、大学受験を目指す生徒ご本人、協力する親御様の方向性の再確認、勉強への正しい向き合い方、そして大学受験後の次なる目標を見つけていただくことを目的としています。

体験記

当時のあなた/今のあなたについて紹介してください!

私は中学までは受験せず近くの学校に通ってました。小学校の頃は遊んでばかりでテストの結果はひどいものでした。昼休みは友達とサッカーして放課後は友達の家でゲームをする日々でした。
中学校、高校とソフトテニス部に所属していました。勉強は一気にやるよりコツコツやるタイプだと思います。
今は、勉強もしながら自分のしたいことをして日々を満喫しております。もともとゲーム好きなのでマリオカートなどよくしています。あまり人とコミュニケーションをとることが得意ではないので自分から遊びに行くという人ではありません。

行っていた習い事/部活などはありますか?

書道、ソフトテニス

中学、高校を通じて学校での成績はどうでしたか?

中学生の頃から東工大に行くと部活の友達に言っていました。実際、東工大に行きたいと思い始めたのは小学校5年の頃なんですが、行くと決意したのは中学の時です。成績については、校内ではトップ3に入るぐらいでしたが小規模の学校なのでよくわかりません。高校受験は正直大学入試よりもギリギリだった気がしますが、なんとか合格することができました。

高校入学当初は校内100位ぐらいでしたが、2年以降は20位ぐらいを維持していました。大学受験に向けて本格的に勉強を始めたのは3年の4月1日からです。部活は6月までしていましたが勉強もしっかりしたので、大学入試には心に余裕を持って望むことができました。

塾や家庭教師は利用されていましたか?

塾にも家庭教師にもお世話になっておりません。私は定期テストなどでしっかり復習をするよう心がけていました。本格的に勉強を始めた当初は、ノートをカレンダーのように使って1日ごとに何をするのか計画立てて勉強していました。

受験勉強を始める前の1日の勉強時間/受験勉強を始めた後の1日の勉強時間はどの程度でしたか?

受験勉強を本格的に始める前はテスト期間以外勉強していませんでした。

受験勉強を始めてからは1日あたり2,3時間ぐらいでした。夏休みは10時間ぐらいしていました。

各科目毎の勉強法はどんなものでしたか?

<数学>
 数学は、「読解力・問題把握力」「数学的な論理力・記述力」「計算力」の3つの力が必要不可欠だと感じたので、この3つを常に意識しながら勉強をしていました。公式の意味や定義などをおさえた上で、自分の解答が正しいかどうか常に吟味しながら考えていくようにしていました。まず、学校で購入する問題集をしっかりこなしました。授業であまり使いませんでしたが教科書をしっかり読み込みました。

<英語>
 単語帳は『鉄壁』を使いました。単語を覚えたくらいです…。

<物理>
 3年12月ぐらいまで『名門の森』と『重要問題集』を何周もしました。また、『物理教室』や教科書を隅々まで読みました。興味本位で作問もしたりしました。1月以降は東大・京大・東工大の過去問をやりました。私は微分積分を用いて解くことが多かったです。

<化学>
 『重要問題集』をある程度して、あとは過去問をしていました。まずは理論化学をしっかり押さえました。教科書と資料集を有効に活用していました。入試問題が特殊な大学だったので、過去問でしっかり対策しました。

使っていた教材/おすすめの教材

<数学>
・入試数学の掌握 総論編
・理系数学の良問プラチカ 数学Ⅲ
・東工大数学15カ年

<英語>
・鉄壁

<物理>
・名門の森
・重要問題集
・物理教室

<化学>
・重要問題集
・東工大化学15カ年

<国語(センター現代文)>
・出口汪 現代文講義の実況中継

成績はどのように変化していきましたか?

勉強の成果が特に出たと感じたのは夏休み明けの模試でしたが、全体として定期テストや模試での成績に顕著な成績変化はなかった気がします。夏の東大模試は酷かったのですが、そのほかのテストは実力が発揮できているのかなという感じでした。

合格した学校を教えてください

東京工業大学、東京理科大学(センター利用)、同志社大学(一般)

進学した学校を教えてください

東京工業大学

入学後の学校の印象はどうでしたか?

思ったよりもオタクが少ない印象です。女子の割合も上がっていました。英語苦手な人も思ったよりいませんでした(自分基準で考えています)。ただ、数学・理科好きな人が多いという印象は、入学後も変わらないです。

合格の秘訣は何だったと思いますか?

やはり、「計画性」だと思います。先を見通して逆算して、1日にどれくらいやるべきか考えて計画立てていたので、机に向かってスムーズに勉強に取り組むことができました。それと「メタ認知」です。常に自分を客観的に見るようにして、天狗にならないように、自分自身に失望しないようにバランスをとっていました。

最後に一言ください!

結果に悔いは残ってしまうかもしれません。でもそれまでの努力に悔いを残してはいけません。今できる最大限を尽くすのみです。

今回紹介する先生に関する運営コメント

塾や家庭教師を利用せず、独学で東工大に合格された先生です。日々の学習を大切にし、着々と受験勉強を進めた計画性は、是非皆さんに参考にしていただきたいです!自学を重視して合格を掴みたい方にお勧めの先生です!

この先生に勉強を教えてほしい方へ

この先生は、家庭教師マッチングサイト「スマートレーダー」に在籍する先生です。

スマートレーダーでリクエストを行うことで、指導をお願い/記載内容についてより詳細に聞くことが可能です。

スマートレーダーとは

「スマートレーダー」は、生徒一人ひとりに合った理想の家庭教師が見つかり、直接契約できる CtoC プラットフォームです。教師の得意教科の評価をAI(人工知能)によって行い、レーダーチャートで表示する日本初のサービスです。

ご家庭の方は家庭教師の指導実績や得意教科の評価、時給や趣味 、家庭教師の出身高校や在籍大学などのタグから最適な家庭教師を見つけることができます。

スマートレーダーはオンライン指導に対応しました!

スマートレーダーがオンライン指導に対応いたしました

2020.08.11
株式会社 prd (本社:東京都品川区、代表取締役:金子 貴載、市川 靖裕、以下「当社」) は、スマートレーダーのオンライン指導サービスをリリースいたしました。 当社が独自開発したビデオチャット機能を活用し、これまでスマ...

スマートレーダーの授業をオンラインで受けられるようになりました!
これにより東京一工阪(東京大、京都大、一橋大、東工大、大阪大)をはじめとする難関大学生のハイレベルな指導を全国どこでも受けられるようになります。特に地方にお住まいで難関大学合格を目指す生徒さんや自宅で行う家庭教師に抵抗のあった保護者様などにオススメです!
もちろん、今まで対面で授業を受けていた方も、移動の必要のないオンライン指導を活用することで先生との時間調整がより簡単になります。また、オンライン上で完結するため、先生の交通費などがかからず今までよりもお手軽に授業を受けることができます。

オンライン指導の際にはパソコン(カメラ、マイク、スピーカー)を使用します。オンライン指導をご希望の方は事前にご用意ください。(Google Chromeの最新版を使用して授業を行います。正常にインストールされているかも合わせてご確認ください。)


こちらから公式HPへ移動できます。公式HP


他の注目記事