【東大】【理科I類】T.K先生の場合

本記事の目的

本記事では、家庭教師マッチングサイト スマートレーダーに登録する先生から聞いた、実際の大学受験体験を掲載しています。

大学受験を突破し超難関といわれる大学に進学された先生の当時/今の性格やご家庭環境、塾環境など生の実体験を公開することで、大学受験を目指す生徒ご本人、協力する親御様の方向性の再確認、勉強への正しい向き合い方、そして大学受験後の次なる目標を見つけていただくことを目的としています。

体験記

当時のあなた/今のあなたについて紹介してください!

性格としては明るかったと思いますが、初対面の人と話すのは苦手で、高校に同じ中学校の友達は一人もいなかったので、初めは友達作りに苦労したのを覚えています。

趣味としてはヒップホップを聞くのがとても好きで、中でもラップ系の音楽はよく聞いていました。

行っていた習い事/部活などはありますか?

バスケ、空手、水泳、ピアノ

中学、高校を通じて学校での成績はどうでしたか?

中学校の内申に関しては、学校の定期試験の勉強をちゃんとやっていたので満点をとることができました。

高校に関しては入学当初は真ん中あたりだったと思いますが高校1年生から周囲が勉強をしなくなったこともあり最終的にはぎりぎり上位1割にはいることができました。

塾や家庭教師は利用されていましたか?

高校1年から東進で映像授業を一つ受講し、自習室をよく利用していました。基本的に高校で習ったことを予習、復習することに時間を費やしました。

特に数学は得意科目にしたかったので、比較的多目に復習や演習を行いました。

その塾/家庭教師での成績はどうでしたか?

高校1年から勉強をする子は少なく、部活の後に自習室に通う習慣をつけると成績はすぐに伸びはじめました。

それが勉強のモチベーションにつながり、勉強を続けるうちに2年の終わり頃にはかなり上位層にあがることができました。

受験勉強を始める前の1日の勉強時間/受験勉強を始めた後の1日の勉強時間はどの程度でしたか?

2時間/5時間

各科目毎の勉強法はどんなものでしたか?

英語と数学は高2までに1周しあらかた土台をかためておくと後々理系科目や演習に時間が割けるのでおすすめです。

具体的にはまずは学校で習ったことを身につけ、それをアウトプットする練習をするとよいと思います。国語は古文単語、助動詞、漢文の句法を徹底することで古文漢文での減点を減らしましょう。現代文はあまり対策しませんでした。

使っていた教材/おすすめの教材

自分に合ったものをしましょう。

成績はどのように変化していきましたか?

高1のはじめと受験勉強をはじめた夏の終わりに二度成績は大きく飛躍しました。

どちらにも共通するのは他者より勉強したということです。特に高1、高2は勉強に本腰をいれていない人が一定数いるので成績をのばしやすいです。

合格した学校を教えてください

東京大学理科一類

進学した学校を教えてください

東京大学理科一類

入学後の学校の印象はどうでしたか?

僕には少しレベルが高い大学で授業内容や周囲の友達の意識の高さに日々ついていくのがやっとですが、やはり知的刺激が溢れている点でいい大学だなと思います。

また、五月祭や駒場祭など行事も多いので楽しいことも多いのが特徴かなと思います。

合格の秘訣は何だったと思いますか?

高1のスタートダッシュがうまくいったことと、高3の夏で部活でとったビハインドをしっかり取り戻せたことだとおもいます。

部活をしっかりやりきったことですぐに勉強に意識を切り替えることができたので、ぜひ皆さんも部活はやりきってほしいと思います。夏以降できっと取り戻せます。

最後に一言ください!

毎日少しずつ積み重ねましょう。
頑張ってください。

今回紹介する先生に関する運営コメント

T.K先生のおっしゃるように毎日継続的に勉強し、勉強時間を積み重ねていくことはとても重要なことです。

ただ、高校1年生の早い段階から継続的に勉強することは部活やその他の学校生活が忙しいため中々難しいのです。
そんな時は家庭教師の先生の授業や宿題を活用して継続的に勉強する習慣をつけるようにしましょう。

スマートレーダーとは

「スマートレーダー」は、生徒一人ひとりに合った理想の家庭教師が見つかり、直接契約できる CtoC プラットフォームです。教師の得意教科の評価をAI(人工知能)によって行い、レーダーチャートで表示する日本初のサービスです。

ご家庭の方は家庭教師の指導実績や得意教科の評価、時給や趣味 、家庭教師の出身高校や在籍大学などのタグから最適な家庭教師を見つけることができます。


こちらから公式HPへ移動できます。


この記事をシェアする!
他の注目記事