高校受験は優秀な家庭教師と乗り越えよう!

高校受験 家庭教師

高校受験に向けての対策は万全ですか?高校入学時に初めて受験を経験するというご家庭も多く、学習管理などの具体的なイメージが湧かない方も多いでしょう。

そんな時は、家庭教師を活用するのがおすすめです。この記事では、高校受験に家庭教師をおすすめする理由を紹介しています。「塾の効果が感じられない」「家庭教師を利用しようか迷っている」という方は、ぜひ参考にしてください。

スマートレーダー バナー

高校受験対策に家庭教師をおすすめする理由

集団塾や個別指導塾などさまざまな勉強スタイルがありますが、その中でも家庭教師をおすすめする理由を紹介します。

オーダーメイドのカリキュラムを受けられる

生徒 成績

進学塾の場合、“できる子”に合わせて授業が進められます。そのため、平均程度の学力の子が進学塾に通っても、あっという間に遅れをとり成績が上がりません。

家庭教師は、依頼者の学力や志望校の傾向に合わせてオーダーメイドのカリキュラムを作ることができます。また、最初に受験までのカリキュラムを立てとしても、勉強の進み具合や志望校の変更に伴って柔軟に変更することが可能です。

マンツーマンなので、苦手の傾向や理解度を汲み取りやすく、依頼者にぴったりとあったカリキュラムを立てられますよ。

個人契約なら緊急の依頼にも対応可能

通常の家庭教師センターや塾は、そこの会社が派遣した先生から決まったスケジュールで授業を受けることがほとんどです。

しかし、個人契約の家庭教師の場合、依頼者のスケジュールに合わせて授業日を決められるのがメリット。「今週はテストがあるから回数を増やしてほしい」「来週からすぐに来てほしい」など緊急の依頼にも柔軟に対応できます。

受験の追い込み期間のみなど、短期間の利用ももちろんOKです。

親が介入しやすい

塾の場合、親が送迎をしたとしていても、勉強をしている様子を見たり先生に勉強の進み具合を直接確認したりすることはなかなか難しいですよね。そのため、子どもが自分自身で学習管理をしっかりできていなければ、成績が上がりにくいです。

一方で家庭教師の場合、家に来た時に親とも顔を合わせます。部屋を覗いて勉強の様子を確認したり子どもが問題を解いている間に少し先生と話をしたりと、親が子どもの学力やモチベーションを掴みやすいです。

自室で勉強できる

当たり前ですが、高校入学がゴールではありません。さらに上位の大学を目指すのであれば、いかに自主勉強ができるかということが鍵になります。家庭教師と自室で勉強をすることで、家で勉強をするクセが中学生のうちにつけられるというのはかなりのメリットです。

また、「女の子だから塾で帰りが遅くなるのが心配」「塾まで交通費や送り迎えの手間がかかる」という保護者の負担も軽減できます。

スマートレーダー 登録
家庭教師 ホットライン

高校受験に向けた家庭教師の活用方法

せっかく家庭教師を雇ったのであれば、当該時間の指導だけではもったいないです。志望校合格に向けて最大限活用しましょう!

自習のアドバイスを貰う

家庭教師は、実際に難関校の受験を経験した先輩です。効果的な自習の仕方や受験までのタイムスケジュールなど、リアリティのある話を聞けるでしょう。

中学生くらいになると、学習計画を自分で立てる練習をすべきです。とはいえ受験の経験がないと1人で管理するのは難しいので、経験者のアドバイスを元に勉強の進み具合や学力の向上度合を照らし合わせ、家庭教師と一緒に受験までのタイムスケジュールを立てましょう。

学習計画を他人に任せきりにせず自分で管理できるようになれば、高校での勉強や大学受験に必ず役に立ちます。

親子の橋渡し役として活用

思春期まっさかりの中学生は、親にあれこれ聞かれたり指示されたりするのをうっとうしがるものです。年の近い先生なら、いろいろな話をしやすく、すんなりと意見を聞いてくれることもあるでしょう。

家庭教師をうまくパイプ役に使い、勉強の進み具合を確認したり課題を伝えたりするといいですね。

家庭教師にデメリットはある?

塾に比べると、家庭教師はちょっとハードルが高く感じる方も多いでしょう。デメリットを知り、解決策を講じたり勘違いの解消をしたりすると不安なく依頼ができますよ。

徹底比較!家庭教師vs塾

2019.02.27
家庭教師と塾を様々な点で比較。 生徒にあった家庭教師・塾選びのポイントを紹介しています。

授業料が高額?

家庭教師と聞いて多くの方がイメージするのは、「授業料が高い」ということではないでしょうか?

確かに金額だけを見ると塾に比べて家庭教師は割高になることが多いです。ですが、例えば月謝が12,000円(3人制の個別指導塾、週1回、1回90分)の場合、1回の金額は、3,000円になります。単純に90分を3人で割るとマンツーマンで指導してもらえるのは30分です。

たとえ90分5,000円の家庭教師を雇ったとしても、塾と比べて決してコストパフォーマンスは悪くありません。

また、基本的に学校や自前のテキストを使う家庭教師と違い、塾や通信教育の場合は、最初に専用の教材などを購入することが多く、結果的に高くつくこともあるので月謝だけに捕らわれないようにしましょう。

ふたりきりで勉強させるのが不安?

異性の家庭教師と密室で勉強をさせることに不安を感じる親御さんもいるようです。また、子ども本人も慣れない大人とふたりきりだと、気疲れすることがあるでしょう。

勉強場所といえば子ども部屋を想像しますが、実はリビングで家庭教師に勉強を教えてもらっている家庭もあります。ただ、ずっと親が見ていると家庭教師も子ども集中しにくいので、親は親で別の仕事をしたり時折席を外したりするといいでしょう。

また、最初はリビングで勉強をし、回数を重ねて慣れてきたら子ども部屋に変更するというのもありです。

先生との相性が合うかが不安?

苦手なタイプの先生だと息が詰まり、勉強に身が入らなかったり家庭教師が来る日が苦痛になったりすることがあるでしょう。中学生くらいの子どもはモチベーションにムラが出やすいので、相性の悪い先生だとやる気が大幅にダウンしてしまうことも考えられます。

これは塾でもいえることですね。塾の場合先生を変えたい場合は、塾そのものを辞めるということにもなりかねませんが、家庭教師は変更が比較的簡単にできるので、別の家庭教師を選べばOKです。

ただ、家庭教師センターによっては変更料がかかる場合もあるので、登録する家庭教師センターは慎重に選びましょう。

スマートレーダー
家庭教師 ホットライン

家庭教師に向いている子どもの特徴

以下で紹介するタイプの子どもは、特に家庭教師に向いています。

平均学力から逸脱している

「授業についていけない子」はもちろん、進学クラスの上位など「とても優秀な子」も家庭教師が向いています。分かっている問題の解説を聞くのは時間の無駄です。

上記でも紹介した通り、家庭教師はオーダーメイドの授業が可能なので、受験後も視野に入れた難易度の高い学習をすることで、受験合格はもちろん、高校生活でも一歩先を行った学力を身に着けられるでしょう。

引っ込み思案

集団塾のように大勢の前で質問できない引っ込み思案なタイプは、家庭教師がおすすめです。マンツーマンであっても質問をしにくい子もいるでしょうが、自分から発言しなくても常に側で教える家庭教師は躓きを見逃しません。

部活動や習い事が忙しい

勉強だけでなく、部活動やスポーツなどの習い事にも力を入れているご家庭は、なかなか希望の時間帯の塾を見つけるのは難しいでしょう。依頼者に合わせて空いた時間や曜日に自由にスケジュールを決められる家庭教師は、学校外活動などで忙しい子にもぴったりです。

終わりに

中学生は、しっかりしているように見えてもまだまだ大人のサポートが必要です。家庭教師であれば、親も先生とコミュニケーションを取りやすく、子どもの勉強の進み具合などを確認できます。

また、勉強以外にも、学習計画の立て方をアドバイスしてもらえるでしょう。親子と家庭教師、三人四脚で高校受験を乗り切ってください!

スマートレーダーは、通常のかかる入会金や紹介料、家庭教師の変更料などは一切かかりません。

また、家庭教師は模試などの結果から算出した個々のレーダーチャートや料金、利用者のレビューをHPに掲載することで、能力や人柄を「見える化」しミスマッチを防いでいます。

個人契約の家庭教師「スマートレーダー」について

2019.12.05
個人契約の家庭教師スマートレーダーについて、料金体系や利用方法を実例を踏まえてご説明いたします!

新規登録も完全に無料なので、「高校受験対策に不安がある」「家庭教師が向いているか1度試してみたい」という方は、お気軽にご利用ください。

スマートレーダー
家庭教師 ホットライン
他の注目記事