【中学受験対策】社会が苦手なお子様必見!社会のお悩みを解決します!|中学受験対策は個人契約の家庭教師「スマートレーダー」

社会は暗記科目だと思われることが多いと思います。しかし、実はただ暗記してもなかなか点数は伸びづらいです。

そこで本記事では、中学受験に向けて社会に苦手意識をお持ちのお子様に対して、難関中学出身の優秀な先生からのアドバイスを元に、成績が伸びない原因解決/対策方法を紹介しています!

社会の成績が伸びない原因は?

暗記しようとしている

中学受験の社会は詳しいことまで幅広く聞かれるため、たくさん覚えなければならない事柄があることに焦り、年号や単語だけを語呂合わせで覚え続けてしまう人がいます。

しかし、それでは点数を伸ばすのは難しいです。よく社会を勉強する時に、点と点では理解せず、面で理解せよと言います。どういうことかと言いますと、単語同士の繋がりを理解しなければならないということです。

なぜこの事象が起きたのか」を考えたり、身近なものと結びつけて体験することが何よりも重要になってきます。

特に旧センター試験がより思考力を問う共通テストに変わったこともあり、中学生もより思考力を養うことが大切になってきます。しっかりと各事象の背景や本質を理解してなければ、太刀打ちできません。

完璧主義になっている

完璧主義な生徒はなかなか社会の成績を伸ばすのが難しかったりします。確かになんでも完璧にやろうとする事は素晴らしいのですが、どんなことも完璧にやろうとするとその分時間がかかります

中学受験は多くの教科を勉強しなければならないので、社会に多くの時間をかけることはなかなか難しいです。

そのような状況下で完璧に勉強しようとすると時間がなくなって特定の年代が手薄になるか、モチベーションがなくなって勉強しなくなってしまいます。大切なのは忘れても良いから何周も勉強することです。

人間は誰しも、覚えたことの半分はすぐに忘れてしまいます。実際エビングハウスの忘却曲線によると、人間は1時間後には覚えたことの56%を忘れるそうです。

東大生でもそれだけ忘れるので、大事なのは何回も忘れて、何回も覚えることです。何周もする事で徐々に忘れなくなり定着してきます。一度長期記憶として定着したものはなかなか忘れることはなくなるので、何周も頑張りましょう

受験のために勉強しすぎている

社会は他の受験教科と大きく異なる点があります。それは、私たちの日常に非常に近いという点です。

確かに霞ヶ関の戦いといった、昔の出来事も数多くありますが、同時に現在の生活と親しいことも多く聞かれます。特に現代史は現在の日本を作り上げた基盤ですから、かなり密着しています。

勉強だと思うと辛いことばかりだと思いますので、社会の日常に注目することで新たな視点を作り出せます。嫌々勉強するよりも、楽しみながら勉強する方が間違いなく成績も伸びるでしょう。

環境問題差別問題など現在も議論が続いているテーマはたくさんあるので、それらに関心を持つことで社会は暗記するただの勉強科目から変わるでしょう。

嫌いな単元を避けて勉強している

どの教科にも言えることですが、苦手な単元や分野がはっきりしてる人ほど成績の波が激しかったりします。なぜならその分野が問われた瞬間に、成績が一気に壊滅的になるからです。

社会の場合は、この年代は得意だけど、この年代は無理って感じている人も多いと思います。ただ、苦手な分野はどんな人でもあるものです。成績がよい人とそうでない人の大きな違いは、その分野を放置するかしっかりと穴を埋めていくかという点です。

苦手なものこそ、基礎から見直すことが大切なので、一冊かなり基礎的な教科書を買って1から勉強しなおすのがよいかもしれません。

1から勉強しなおすことや、苦手な単元ばかり勉強することがつらいことは十分理解できますが、そこであきらめていてもいつまでも成績は伸びません。

また苦手意識を持っていることでその勉強をすることが嫌になり、さらに成績が悪くなるという負のスパイラルに陥っている人も数多くいます。いち早く脱却したいので、基礎から勉強しましょう!!

中学受験成功のために、社会のここを意識しよう!

暗記しようとはせず、頭で考えてやろう!

社会は暗記しようとするとすぐ忘れてしまいますし、楽しくもありません。特に暗記をただの作業としてやってしまうのが一番よくないので、頭をしっかりと使っていく意識を保ちましょう。

戦い同士のつながりや、人物関係など各場面で把握しなければいけないことはたくさんあります。しかし、一連の物語を理解できれば、覚えなくても流れでわかるようになります。覚えようとするのではなく、理解しようとしましょう

教科書は何週も読もう!

基礎に戻るときには教科書を何度も読むことが一番有効的です。教科書は入試に必要な最低限の知識がまとまっており、たしかにページ数は多いかもしれませんが、必要な背景知識なども得られるためかなりおすすめです。

何度も教科書を読むことで自然と少しずつ覚えていけると思いますので、たくさん読み、何周もしましょう。

アウトプットをしっかりとやろう!

教科書を読むことが大切と先程述べましたが、同時にアウトプットもしなければ知識として定着しません。スポーツで言うならば、得た技術は実践練習しなければ習得できたとは言えない事と同じです。

アウトプットする事で苦手分野もわかりますし、解けてくると楽しくなってくると思いますので、どんどんチャレンジしましょう

満遍なく勉強しよう!

最後にはなりますが、満遍なく勉強するようにしましょう。

例えば、苦手分野の勉強ばかりしていて、できていた分野を忘れてしまったら元も子もありません。重点を置く分野は決めるべきですが、同時に満遍なく勉強することも意識しましょう。満遍なく勉強する時間と重点を勉強する時間を別々で確保するのがおすすめです。

また、スマートレーダーブログでは、中学受験における国語・算数の勉強法もご紹介しています!
中学受験合格を目指す方はぜひ参考にしてみてください!

【中学受験対策】国語が苦手なお子様必見!国語のお悩みを解決します!中学受験対策は個人契約の家庭教師「スマートレーダー」

2021.09.05
中学受験に向けて国語に苦手意識をお持ちのお子様必見!難関中学出身の優秀な先生からのアドバイスを元に、成績が伸びない原因と解決/対策方法を紹介しています。

【中学受験対策】算数が苦手なお子様必見!算数のお悩みを解決します!中学受験対策は個人契約の家庭教師「スマートレーダー」

2021.08.27
中学受験に向けて算数に苦手意識をお持ちのお子様必見!難関中学出身の優秀な先生からのアドバイスを元に、成績が伸びない原因と解決/対策方法を紹介しています。
スマートレーダー

個人契約の家庭教師スマートレーダーなら、社会に強い先生を探せる、選べる!

スマートレーダー 家庭教師

家庭教師は難関大生のみ

スマートレーダーの先生たちは東大・東工大・一橋大・京大・阪大といった超難関大学と呼ばれる一流の大学の生徒のみに限定されているため、教師の質が非常に高くなっています。

勉強のプロとも言える難関大生から指導を受けることで、苦手ポイントの克服や受験対策にぴったりです。

オンライン指導にも対応

スマートレーダーでは自宅やカフェ等で指導を受ける一般的な家庭教師に加え、オンライン指導にも対応しています。

オンライン指導なら住んでいる場所にかかわらず、お好きな先生から指導を受けることが可能です。例えば北海道にいながら東京大学の先生から指導を受けることもできます!

スマートレーダーには2,500名を超える先生が在籍していますので、まずは先生の出身校や得意科目などを参考にして指導を受けたい先生を探し、初回面談をお願いしてみましょう!

他の注目記事
勉強方法/受験対策 2021.01.08

中学受験直前にすべき勉強法は?直前期の過ごし方も併せてご紹介!

この記事では、中学受験直前に効果的な勉強や過ごし方を解説しています。受験直前にどのような勉強法を取り入れるかによって受験本番の結果が大きく変わります。また、直前期の家での過ごし方は受験当日に実力を発揮できるかどうかに影響を与えます。中学受験を間近に控えているという方は必見です!

中学受験対策 2022.11.18

中学受験の直前期の過ごし方は?保護者がやるべきサポートを現役家庭教師が徹底解説!

中学受験の合否を決める大きな要因として、受験当日までの精神の安定、心の持ち方が挙げられます。しかし、まだ小学6年生の子供が自ら俯瞰して、メンタル面を調整するのは大変難しいです。そこで今回は現役家庭教師の筆者が、受験直前期の過ごし方や保護者がやるべきサポートを解説していきます。

勉強方法/受験対策 2021.01.07

塾に通っている小学生の割合ってどれくらい?いつから塾に行くべきかについても解説!

小学生の塾に通っている割合や難関中学合格を目指す場合はいつから塾に通うべきかを紹介。周りの小学生がどれくらいの割合で塾に通っているのかを知って、お子様を塾に通わせる際の指標にしましょう。また、難関校合格のためにはいつから塾に通うべきかについてを現役難関大生へのアンケートをもとにご紹介します。