logo logo 超難関大生限定家庭教師マッチング
ご利用ガイド 依頼者はこちら ログイン 先生になる

利用規約

先生向けスマートレーダー利用規約

本規約は、株式会社prd(以下「当社」といいます。)が提供する家庭教師マッチングサービスであるスマートレーダー(以下「本サービス」といいます。)において家庭教師として紹介されることを希望する大学生等の先生(以下「先生」といいます。)の利用条件を定めるものです。先生と当社が本サービスの利用契約を締結する場合、本規約の諸条項は、当該利用契約の内容となります。

第1条(定義)
本規約における用語の定義は、特別の定めがある場合を除き、次の各号のとおりとします。
(1) 生徒:先生から家庭教師サービスを受ける生徒
(2) 依頼者:生徒に家庭教師サービスを受けさせるために本サービスに登録した保護者等
(3) 本サイト:本サービスのためのウェブサイト(URL https://app.smartrador.com/)
(4) 家庭教師実施契約:先生と依頼者との間で本サービスを通じて締結される家庭教師サービスの実施契約
(5) 未払報酬残高:本サービスにおいて先生が当社に支払いを求めることができる金額として当社により設定される残高
(6) 振込手数料相当額:振込手数料に相当する金額として当社が定める金額

第2条(先生の資格)
先生が未成年の場合、先生は、本サービスの利用契約を締結すること及び本サービスの利用によって家庭教師の営業を行うことについて事前に法定代理人の同意を得るものとし、先生は、自身が成年者であるか又は法定代理人より上記同意を得ていることのいずれかを満たすことを、当社及び依頼者に対して、表明し保証します。

第3条(登録申請)
1. 本サービスを先生として利用するには、本サイト上で本サービスのアカウント登録申請手続を行い、当社との間で本サービスの利用契約(以下「本利用契約」といいます。)を締結する必要があります。
2. 先生が、本サイト上で本サービスのアカウント登録申請手続を行った場合、その時点で、先生と当社との間で、本規約の諸条項に従った本利用契約が成立するものとします。この場合において、先生は、本規約の内容を理解しており、かつ、本規約の全ての条項について承諾したものとみなします。

第4条(登録審査)
1. 当社は、先生からアカウント登録申請があった場合、当社が別途定めた審査基準により登録審査を行います。
2. 前項の登録審査が完了するまでの間、先生は、依頼者から家庭教師実施の希望を受けることができないなど、本サービスの一部の利用が制限されます。
3. 当社は、先生が第1項の審査基準を満たさないと判断した場合には、登録申請を却下することができます。この場合、先生は、その時点以降、本サービスを利用することができません。
4. 当社が登録申請を却下する場合であっても、先生への通知は必要ありません。また、当社は、登録申請を却下した理由を先生に開示する義務を負いません。

第5条(アカウントの管理)
1. 先生は、自己の責任において、本サービスのアカウントにログインするためのメールアドレス及びパスワードを管理するものとします。
2. 先生は、いかなる場合でも、第三者に自己の本サービスのアカウントを利用させることはできません。
3. 先生は、本サービスの利用にあたって当社に申請した事実に変更が生じた場合には、速やかに、本サイトを通じて、当該変更の内容について当社に申請するものとします。
4. 当社又は依頼者は、先生以外の第三者が先生のメールアドレス及びパスワードを用いて本サービスにログインした場合には、当該第三者による利用を、そのメールアドレスを登録している先生自身による利用とみなすことができるものとします。

第6条(登録情報)
1. 先生は、当社に、当社が定める方法により、先生に関する情報その他当社所定の情報を登録するものとします。
2. 先生は、当社に登録した内容に変更があった場合、当社が定める方法により、登録情報の変更手続を行わなければなりません。変更しないことにより先生に生じた不利益については、先生が一切の責任を負うこととし、当社は責任を負いません。
3. 先生は、顔写真及びプロフィール画像について、著作権、肖像権、その他権利を有することを保証すると共に、その他情報の正確性についても保証します。
4. 先生が虚偽の情報を登録したことにより依頼者を含む第三者に対して損害を与えた場合、先生は当該損害について責任を負うものとします。

第7条(登録情報等の使用許諾等)
1. 先生は、前条によって登録した情報(顔写真、プロフィール画像、氏名のイニシャル、自己紹介文、出身中高校、大学、専攻、実力のランク、認定タグ、指導の対価、最寄り駅など)が本サイト上で開示されることに同意します。
2. 先生は、前条によって登録した情報に含まれる著作物(顔写真、プロフィール画像及び自己紹介文等を含みますが、これらに限られません。)及び先生が本サイト上に投稿した書込み(本サイト上におけるコメント、送信メッセージ及び合格体験記等を含みますが、これらに限られません。)に関する著作権を当社に譲渡すると共に、譲渡した著作物について著作者人格権を行使しないことに同意します。
3. 先生は、当社及び当社が許諾した第三者が、前項の著作物を本サービスの向上、本サービスの宣伝広告又は出版を含むその他の営業活動のために使用することに同意します。
4. 先生は、第9条に基づき依頼者との間で家庭教師実施契約が成立した場合に、当社が依頼者に対して先生の氏名、電話番号、メールアドレス、その他必要な事項(以下、「依頼者開示先生情報」といいます。)を開示することを予め同意します。また、当社は、先生が本サイトにおいて依頼者との間で家庭教師実施契約を成立させる手続を操作した場合には、同操作をもって、先生が依頼者開示先生情報を当該依頼者に対して開示することに個別同意したと見なすことができるものとし、先生は予めこれに同意します。

第8条(収納代行)
1. 先生は、当社に対し、本サービスを通じて締結される家庭教師実施契約について依頼者から授業料、交通費その他金銭の収納を行うことを委託し、そのために必要な権限を当社に授与します。
2. 先生は、前項の規定により当社に収納を委託した授業料、交通費その他金銭については、依頼者又は生徒から直接収受してはなりません。

第9条(家庭教師実施契約)
1. 先生と依頼者が、本サイト上で手続を行い、家庭教師サービスを受ける生徒、授業料、交通費、授業日程その他当社が定める事項について合意し、かつ、依頼者が合意された全ての授業に係る授業料及び交通費を先生の収納代行者である当社に対してクレジットカードを利用して決済した場合には、当該合意に係る事項及び次の各号に基づいて、先生と依頼者との間で家庭教師実施契約が成立するものとします。
(1) 先生は、依頼者と先生との間の合意内容に従って、生徒に授業を行います。
(2) 授業日程の変更、授業のキャンセルその他家庭教師実施契約の内容の変更については、本サイト上で依頼者と先生の双方が手続を終えた時点又は当社がこれに代わる措置を執った時点で有効となります。
(3) 依頼者と先生は、依頼者と先生が合意した全ての授業に係る授業料及び交通費が先生の収納代行者である当社に支払われたことを確認します。
(4) 一つの授業が問題なく終了した場合、先生は、翌日までに、本サイト上での手続を通して授業報告を行うものとし、当該授業報告に異議がない場合、依頼者は、授業報告がなされた日の翌日までに、本サイト上での手続により、当該授業報告を是認するものとします。
(5) 先生の授業報告に問題がある場合、依頼者は、授業報告がなされた日の翌日までに本サイト上の問合せフォームから当社にその旨を報告するものとします。
(6) 依頼者が授業報告を是認した場合又は授業報告がなされた日から14日以内に依頼者が当社に対して前号の報告をしなかった場合、授業報告どおりの授業がなされたものとみなします。
(7) 授業予定日に授業が行われなかった場合、依頼者及び先生は、当該授業予定日の翌日までに、本サイト上の問合せフォームから当社に報告するものとします。また、本サイト外において依頼者と先生との間で授業予定日を変更(延期)したために授業予定日に授業が行われなかった場合、依頼者及び先生は、元々の授業予定日の翌日までに、本サイト上で授業予定日の変更手続を行うものとします。
(8) 依頼者から第(5)号の報告があった場合、依頼者又は先生から第(7)号の報告があった場合、授業予定日の翌日までに先生から授業報告がなされなかった場合、その他当該授業についての先生から依頼者への返金の要否について判断をする必要が生じた場合には、当社が当該返金の要否や依頼者、生徒又は先生の責めに帰する事由の有無等について判断することとします。依頼者及び先生は、当社の判断に異議を述べることなく従うものとします。
(9) 本サイト上の手続による授業キャンセル又は依頼者若しくは生徒の責めに帰さない事由による授業の不実施等の状況が発生し、当社が依頼者に対して返金すべきと判断した場合には、先生は、当社を通じて、依頼者に対して当該授業に係る授業料と交通費を返金します。但し、依頼者又は生徒の責めに帰すべき事由により授業が実施されなかった場合には、いかる理由であれ、先生は依頼者に対して授業料及び交通費を返金する義務を負わないものとします。
(10) 一つの授業についての依頼者と先生との間の損害賠償義務は、前号の規定により返金されること又は返金されないことをもって解決されるものとします。
2. 先生は、家庭教師実施契約は先生と依頼者との間の契約であり、当社は家庭教師実施契約の当事者とならず、当社が家庭教師実施契約に基づく責任を負うものではないことを確認します。

第10条(授業料)
1. 本サービスを通じて締結される家庭教師実施契約における先生の1時間あたりの授業料は、原則として本サービスによって算出された時給(以下「適正時給」といいます。)とします。
2. 前項にかかわらず、先生は、毎月20日から末日までの間、当社が認める範囲において、翌月における自身の授業料(時給)を100円単位で変更設定することができます。但し、変更設定できる授業料(時給)の範囲は、適正時給を上限とし、適正時給の50%を下限とします。
3. 前項に基づく授業料(時給)の変更設定は、当該変更設定の結果が本サイト上の表示に反映される翌月1日以降に成立する家庭教師実施契約から効力を持つものとし、変更設定前又は変更設定が本サイト上に反映される前の時点においてすでに成立していた家庭教師実施契約については効力を有さず、これらの契約においては変更設定前(各家庭教師実施契約を締結した時点における授業料(時給))が適用されることを確認します。

第11条(利用料)
1. 先生は、本サービスの利用料として、家庭教師実施契約に基づく授業について次の各号のいずれかの事由が発生するたびに、当該授業に係る授業料に当社が定める割合を乗じた金額を当社に支払う義務を負います。
(1) 授業が実施されたこと
(2) 先生と依頼者の合意による本サイト上での授業のキャンセルの手続がなされず、かつ、依頼者又は生徒の責めに帰する事由により授業が行われなかったこと
(3) 先生と依頼者の合意による本サイト上での授業のキャンセルの手続がなされず、かつ、先生の責めに帰する事由により授業が行われなかったこと
2. 前項の割合は、先生の貢献度、授業報告、評価等を総合して当社が定めるものとします。ただし、当該割合は、最大でも25%とします。
3. 第1項の利用料は、第13条及び第15条の規定により精算するものとします。

第12条(当初の未払報酬残高)
本利用契約締結時の先生の未払報酬残高は、0円とします。

第13条(未払報酬残高の加算)
1. 先生が家庭教師実施契約に基づき授業を実施した場合、当社がその事実を確認でき次第、当社は、当該授業に係る授業料及び交通費の合計から本サービスの利用料を控除した金額を、先生の未払報酬残高に加算するものとします。
2. 第11条第1項第(2)号の場合であって、家庭教師実施契約に従うと先生から依頼者への返金を要しない場合、当社がその事実を確認でき次第、当社は、当該授業に係る授業料及び交通費の合計から本サービスの利用料を控除した金額を、先生の未払報酬残高に加算するものとします。
3. 家庭教師実施契約に基づき先生が依頼者に対して返金義務を負う場合、先生は、原則として当社による第三者弁済の方法により返金するものとします。但し、上記返金が当社を通さずになされた場合、当社がその事実を確認できた場合に限り、当社は、当該返金額から当該返金額に係る本サービスの利用料を控除した金額を、先生の未払報酬残高に加算するものとします。

第14条(先生への送金)
1. 先生は、未払報酬残高の範囲内で、当社から先生に送金(以下「急ぎ振込」といいます。)することを指示することができます。この場合、当社は、当該送金指示に係る金額を、当該送金指示から3営業日以内に先生の指定する口座に振込送金します。当社が急ぎ振込の指示に従って先生の指定する口座に振込入金した場合、当該振込額及び振込手数料相当額は、先生の未払報酬残高のうち早く発生した分から順次差し引かれます。
2. 前項の規定にかかわらず、毎月20日から25日の期間中においては、次項に定める定期振込対応に支障が生じることを避けるため、当社は急ぎ振込に対応できない場合があるものとし、先生は予めこれを承諾します。
3. 当社は、毎月20日の時点において、前月までに発生した未払報酬残高が残存している場合には、前月までに発生した未払報酬残高の額から振込手数料相当額を控除した金額を、同月25日までに先生の指定する口座に振込送金(以下「定期振込」といいます。)します。当該定期振込がなされた場合、当該振込額は、先生の未払報酬残高から差し引かれます。
4. 当社は、急ぎ振込及び定期振込それぞれに関する振込手数料相当額について、当社の任意の判断で異なる金額を設定することができるものとし、また、当社の任意の判断でいつでも金額変更することができるものとします。当社は、本サイト上で振込手数料相当額を明示するものとし、先生はこれに従うものとします。
5. 当社は、先生が口座を指定しなかったこと、先生が誤った口座を指定したこと、その他当社の責めに帰さない事由により先生に第1項又は第3項の送金ができなかった場合、先生に遅延損害金を支払う義務を負いません。この場合、先生は、当該送金されるべきだった金額について、当社に対して直ちに、適切かつ合理的な送金依頼を行わなければなりません。当該送金依頼がないまま当初の送金予定日から6か月が経過した場合、当該送金に係る金額は当社に属し、当社は先生への支払義務を免れます。
6. 先生は、当社が依頼者からの収納を代行した金額から本サービスの利用料を控除した金額のうち、いまだ未払報酬残高に加算されていない金額については、営業保証金として当社に留保することとし、未払報酬残高に加算されるまでは当社に対して支払いを請求しないこととします。

第15条(先生の責めに帰する事由により授業が行われなかった場合の利用料の精算)
第11条第1項第(3)号の場合であって、家庭教師実施契約に従うと先生から依頼者への返金が必要である場合、当社は、当該授業に係る本サービスの利用料を、先生の未払報酬残高から差し引くものとします。当該未払報酬残高が当該利用料に不足する場合、先生は直ちに当該不足額を当社に支払わなければなりません。

第16条(依頼者への返金代行)
1. 当社は、家庭教師実施契約に基づき先生から依頼者になされるべき返金について、第三者弁済をすることができます。この場合において、先生は、この第三者弁済に反対しないものとします。
2. 前項の第三者弁済がなされた場合、当社は、当該弁済額を、第14条第6項の営業保証金から差し引くことができます。当該営業保証金が当該弁済額に不足する場合、当社は、当該不足額を未払報酬残高(将来発生するものを含みます。)から差し引くことができます。当該未払報酬残高をもってしても当該弁済額に不足する場合、先生は直ちに当該不足額を当社に支払わなければなりません。

第17条(禁止事項)
先生は、本サービスの利用にあたり、次の各号に掲げる行為をしてはなりません。
(1) 当社に虚偽の情報を登録する行為
(2) 当社又は第三者の知的財産権その他財産権、プライバシー権又は肖像権を侵害する行為
(3) 当社又は第三者の名誉又は信用を毀損する行為
(4) 当社又は第三者を誹謗中傷する行為
(5) 当社又は第三者に経済的損害を与える行為
(6) 当社又は第三者に対する脅迫的な行為
(7) 依頼者、生徒や他の先生の個人情報等を収集又は蓄積する行為
(8) 他人に成りすます行為
(9) 個人情報を先生、生徒、他の先生や第三者に漏洩する行為
(10) 当社による本サービスの運営を妨害するおそれのある行為
(11) 当社が提供するインターフェース以外の方法で本サービスにアクセスを試みる行為
(12) 犯罪に結びつく行為
(13) 前各号に掲げるほか、当社が不適切と判断する行為

第18条(依頼者等との直接取引の禁止)
1. 先生は、本サービスを通じて知り合った依頼者若しくは生徒又はこれらの者の知り合いに対し、本サービスを利用せずに家庭教師サービスを提供してはなりません。ただし、当社が本サービスの提供を永続的に終了した後についてはこの限りではありません。
2. 先生が前項の規定に違反した場合、先生は、本サービスを利用していたならば先生が当社に支払ったであろう本サービスの利用料の3倍に相当する金額(その額が100万円に満たない場合は100万円)の違約金を、直ちに当社に支払わなければなりません。
3. 先生は、当社が前項の違約金の請求にあたって弁護士費用その他費用を要した場合には、その費用についても、直ちに当社に支払わなければなりません。

第19条(利用の制限等)
1. 当社は、以下の各号のいずれかに該当する場合には、事前の通知なく、先生による本サービスの利用を制限し、又は先生のアカウントを削除して以後先生に本サービスを利用させないことができるものとします。
(1) 先生が本規約のいずれかの条項に違反した場合
(2) 先生が本サービスのアカウント登録手続において虚偽の事実を申請した場合
(3) 本規約のいずれかの条項に以前違反したことのある先生が新たに本利用契約を締結した場合
(4) 先生が、暴力団、暴力団関係企業、総会屋若しくはこれらに準ずる者又はその構成員(以下「反社会的勢力」と総称します。)である場合
(5) 先生に近しい関係者が反社会的勢力である場合
(6) 先生が反社会的勢力に自己の名義を利用させて本利用契約を締結した場合
(7) 前各号に掲げるほか、当社が先生による本サービスの利用を適当でないと判断した場合
2. 当社は、前項の規定に基づき当社が行った利用の制限、アカウントの削除又は本サービスの利用中止により先生に生じた損害について、一切の責任を負いません。

第20条(サービスの提供の一時停止等)
1. 当社は、必要に応じて、先生に事前に通知することなく、本サービスの全部又は一部の提供を一時停止又は中断することができるものとします。
2. 当社は、本サービスの提供の一時停止又は中断により、先生又は第三者が被ったいかなる不利益又は損害についても、理由を問わず一切の責任を負わないものとします。

第21条(サービス内容の変更等)
1. 当社は、先生に通知することなく、本サービスの内容を変更し又は本サービスの提供を永続的に終了することができるものとします。
2. 先生は、当社が本サービスの提供を永続的に終了した場合、それ以降は本サービスを利用することはできません。
3. 当社は、本サービスの内容の変更又は本サービスの提供の永続的な終了によって先生に生じた損害について、一切の責任を負いません。

第22条(免責)
1. 当社は、本サービスから先生が得る情報(依頼者又は生徒の登録情報を含みます。)の正確性等についていかなる保証も行なわず、一切の責任を負いません。先生は、本サービスから得る情報の正確性等につき、自己の責任において判断するものとします。
2. 当社は、本サービスに関して、先生と依頼者、生徒、他の先生又は第三者との間において生じた取引(家庭教師実施契約を含みます。)、連絡又は紛争等について一切責任を負いません。
3. 当社の債務不履行責任は、当社の故意又は重過失によらない場合には、免責されるものとします。
4. 当社は、本サイトに不具合が生じないことについて、何ら保証するものではありません。
5. 当社は、本サイトが先生の利用環境に適合していることを保証するものではなく、本サイトの先生の利用環境への適合性については一切の責任を負いません。
6. 当社は、何らかの理由によって責任を負う場合にも、通常生じうる損害の範囲内かつ当該損害が発生した月に先生から受領した利用料金の範囲内においてのみ、賠償の責任を負うものとします。
7. 当社が先生に対して支払いすることを目的として当社から先生に対して問合せをしたにも関わらず、先生が6か月以上に渡り適切な返答又は情報提供をしなかったことにより当社から先生に対する支払が処理できなかった場合、当社は当該金員について支払義務を免れるものとします。

第23条(秘密保持)
先生は、本サービスの利用に関して当社又は依頼者若しくは生徒から開示又は提供された情報を善良なる管理者の注意をもって取扱い、事前に書面により当社の同意を得ることなく、本サービスの目的以外に使用し、又は第三者に開示又は提供してはならないものとします。

第24条(プライバシーポリシー)
当社は、先生が登録した情報について、別途定めるプライバシーポリシーを定め、これに従って情報を管理するものとします。本規約と当該プライバシーポリシーが矛盾抵触する場合には、当該プライバシーポリシーの規定を優先するものとします。

第25条(損害賠償)
1. 先生が本サービスの利用に関連して当社に損害を与えた場合、先生の費用と責任において、当社に対して損害(訴訟費用及び弁護士費用を含みます。)を賠償するものとします。
2. 先生の行為により、第三者から当社が損害賠償等の請求をされた場合には、先生の費用と責任で、これを解決するものとします。当社が、当該第三者に対して、損害賠償金その他の費用を支出した場合には、先生は、当社に対して、当社に生じた一切の費用(損害賠償金及び弁護士費用を含みます。)を支払うものとします。

第26条(譲渡禁止)
先生は、当社の書面による事前の承諾なく、本利用契約上の地位又は本利用契約に基づく権利若しくは義務を、第三者に譲渡し又は担保に供してはならないものとします。

第27条(通知等の方法)
先生と当社との間の通知及び連絡は、本サイトにログインした際に本サイト上で表示されるメッセージ又はその他当社が別途定める方法によって行うものとします。

第28条(本規約の変更)
1. 当社は、当社の判断において本規約を変更することができるものとします。本規約が変更された場合、先生と当社との間の本利用契約も、本規約の変更内容に応じて変更されるものとします。
2. 当社が本規約を変更する場合、本サイトを通じて、本規約を変更する旨及び変更後の本規約の内容並びにその効力発生時期を先生に周知するものとします。

第29条(分離可能性)
本規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りのその他の条項、及び一部が無効又は執行不能と判断された条項の残りの部分は、継続して完全にその効力を有するものとします。

第30条(準拠法及び裁判管轄)
1. 本規約及び本利用契約並びにこれらに係る法律行為については、日本法を準拠法とします。
2. 先生と当社とを当事者とする本サービスに関する訴えその他紛争は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

以上
2018年9月20日改定
2018年6月7日施行