【一橋大学 商学部】K.K先生の勉強の転機

本記事では、家庭教師マッチングサイト スマートレーダーに登録する先生から聞いた勉強における転機を掲載しています。

勉強ができる人は、勉強が好きな人でしょうか?

勉強ができる人は、ずっと勉強が出来たのでしょうか?

超難関大学に通う学生にも、

  • 自分を騙して勉強をするようになったきっかけ
  • 勉強を好きになったきっかけ

があるのです。

この記事は、そういった成功者の勉強に対する価値観やその価値観を変えた瞬間を提示することで、保護者様、そして一人でも多くの小・中・高生の将来を変える勉強のきっかけになることを期待しています。

勉強の転機とは

あなたについて紹介してください!

在籍していた公立中学校は、特に目立って素行の悪い生徒がいたわけでもなく、平和にごく普通の中学校生活を、私は楽しく過ごしていた。

そこそこ勉強していたので、上位の公立高校へ進学。中高時代の趣味は1人で行動すること。放課後や休みの日には1人で自転車を漕いでBOOK-OFFに遊びに行くことがよくあった。

あなたの勉強のきっかけはなんですか?

高校入試に向けた勉強を始めた時期が早かったため、私は第一志望の公立高校に比較的余力を持って合格することが出来た。しかし、これが裏目となって、高校入試が終わると、合格に特にこれといった感動も生まれず、勉強に対する熱意を失ってしまった。

結果、春休みの課題もほとんど手をつけないまま高校に入学してしまう。入学後は勉強しようとは思うものの、ゲームに手が出てしまったりと、机に向かう習慣すらままならず、クラスの中では下位に低迷していた。

転機が訪れたのは高校1年の冬だった。高校入試の期間はたいてい学校は休みになる。この期間の後に決まって定期テストがあるので、遊びつつも勉強することを求められる。私の高校のカリキュラムでは、少し早めに数学Ⅱの分野に突入するため、当然この範囲を勉強する必要があった。数学Ⅱは難しいイメージがあったが、最初のほうはなんだかパズルみたいでやってみると楽しかった。

私は問題集に没頭し、定期テストを受けてみればクラス3位をとるまでになっていた。ここで、まだ数学Ⅱだけだったが、勉強が楽しいことを私は知った。

1教科で良い成績を取れると、不思議な話だが他の悪い成績の科目がみっともなく思えてくる。この意識から自然と勉強時間が増えた。例えば、アニメ鑑賞の時間だった通学時間は、英語の多読の時間になった。そんなこんなで2年生の時にはクラス1位の科目もあったし、総合でクラス4位にもなれた。こうなると、周りからも頭良いイメージがつくので更に勉強するようになり、いつの間にか勉強が当たり前になった。

大学受験は1年浪人することになってしまったが、それでも勉強するようになったきっかけがなければ何年浪人しようが絶対に届かない大学に入学できたので、高校1年の冬を私は貴重な体験をした時期だと思っている。

お子様をお持ちの親御さん、やる気の起きない受験生に向けたメッセージ

小テストや定期テスト、入試がある以上、誰しも勉強しようという気持ちはあるけど、なかなか実際に勉強することは出来ない。私もそんな状態だった。

ただ、好きな科目、好きな分野は絶対にあるはずで、それを学ぶ楽しさを知ると、芋づる式に他の科目・分野にも興味・関心が湧いて、いつの間にか勉強自体が好きになっている。

そのためにも勉強全てを投げ出すのではなく、まず1つ、勇気を出して没頭してみると、意外な結果になるかもしれません。さあ、一歩踏み出してみましょう!!!!!

[コメント]先生の体験記を読んで・・・

1つの教科で良い成績をとると、その影響で他の教科も勉強するようになり、結果的に総合成績が伸びるという話はよくあります。

勉強は調子が出始めれば、驚くほどの勢いで成績が伸びるということもあります。まずは一教科からでも勉強を初めてみてください!

この先生からもっと話を聞きたい方へ

この先生は、家庭教師マッチングサイト「スマートレーダー」に在籍する先生です。

スマートレーダーでリクエストを行うことで、指導をお願い/記載内容についてより詳細に聞くことが可能です。

スマートレーダーとは

「スマートレーダー」は、生徒一人ひとりに合った理想の家庭教師が見つかり、直接契約できる CtoC プラットフォームです。教師の得意教科の評価をAI(人工知能)によって行い、レーダーチャートで表示する日本初のサービスです。

ご家庭の方は家庭教師の指導実績や得意教科の評価、時給や趣味 、家庭教師の出身高校や在籍大学などのタグから最適な家庭教師を見つけることができます。


こちらから公式HPへ移動できます。


他の注目記事