家庭教師個人契約の結ぶときの注意点は?現役家庭教師が解説!!

家庭教師で個人契約を結んでいる人は多くいます。しかし、その中にはトラブルに巻き込まれたり、先生選びに失敗するなどして後悔する方が一定数います。

そこで今回は、現役家庭教師の筆者が家庭教師個人契約での注意点とその対策を解説していきます。

3000人以上 バナー 最新版

家庭教師個人契約の注意点

目的・目標を定めない個人契約

これは個人契約家庭教師のみで起こる注意点です。その他の教育機関(塾や個別指導、派遣会社)の指導にはカリキュラムがあり、それに沿ったテキストや授業で指導します。明確な達成目標があるため、効果的になります。

しかし個人契約の家庭教師にはそういったカリキュラムが存在しません。理由もなく、課題を任せたのでは、何の効果を得ることもできません。

特定のカリキュラムがないというのはメリットでもあります。これは目標・目的の立て方に自由度が高いことを指し、自分の志望校に沿った対策や苦手科目にフォーカスした授業を受けることもできます。

個人契約を結ぶ前に、「何のために家庭教師を雇うのか」「何を目標として授業をお願いするのか」をしっかりと確認しましょう。目標や目的がしっかりしていると効果も確認しやすくなります。

よくある目標の立て方の例としては

  • 中学受験算数を網羅的に学びたい
  • 定期試験の国語を対策して、成績を上げたい
  • 時間配分を間違わないような対策をしたい、

こういった具体的な目標を立てられるのが家庭教師の個人契約をする強みです。目標・目的に合わせて先生を選び、強みを十分に生かしましょう。

解答を教えるだけの指導

塾や個別指導で非常に多い指導として、問題の解き方だけを網羅的に教える指導です。これはどの生徒にも同じような、効果が得られ、柔軟性が不要な指導方針なため、安定したカリキュラムを作りたい学校や塾などで取り入れやすいからです。

しかし、こういった万人受けする指導は、効率的ではありません。勉強を作業化してしまうと、生徒の思考力や柔軟性が養われません。少し奇をてらった問題が出ると、対応できなくなります。

上記に述べた通り個人契約の家庭教師にはカリキュラムがありません。個人に合うように指導方針を固めてくれるので、効率的かつ柔軟な授業を受けられます。

これは同時に先生の質がダイレクトに出てくることを指します。この個人契約の強みに気が付いていない家庭教師は問題を見て、答えを教えるだけの指導をします。

中には解答を見ればわかることしか説明しない家庭教師も存在します。こういった家庭教師の指導では成績が伸びることは少なく、時間と費用の無駄なので気を付けましょう。

また、正しい家庭教師の授業の受け方について詳しく知りたい方は以下の記事をご一読ください。

家庭教師で成績を伸ばすためには「授業の受け方」が大切!正しい授業の受け方を理解しよう!

2021.04.05
家庭教師の授業を有効活用して成績を伸ばすためには「授業の受け方」が大切です。本記事では家庭教師を活用して成績を効率的に伸ばすためのコツを対面指導の場合とオンライン指導の場合にわけて詳しくご紹介しています。

経歴が不透明な先生の指導

経歴がわからない先生と個人契約を結ぶのは危険です。受験経験のない先生の指導には目標や目的があいまいになってしまうことが非常に多いです。

何のためにこれを教えるのか、何を期待してこの問題を解かすのかなどを考えることができるのは実際に受験を経験した人だけです。

塾や個別指導の講師、派遣会社の家庭教師の経歴もかなり不透明なことが多いですが、カリキュラムがない分、個人契約の家庭教師の経歴が不透明だとリスクが大幅に上がります。

中学受験経験や高校受験経験はあるのか、指導科目を実際に勉強していたのか、不得意を得意にした経験があるのか、目的に応じて必要な経験がはっきりとしている先生と個人契約を結びましょう。

相性が悪い先生の指導

これはどの教育家機関にも共通する注意点です。相性の悪い先生による指導は非効率です。相性が悪い例として挙げられるのは、

  • 説明してほしいところに重点が置かれていない
  • 授業スピードが合わない
  • 図、文章、話のどれが好きかの好みが合わない

特に個人契約の家庭教師の場合、カリキュラムがない分先生と生徒の相性が悪いと非効率になります。塾や派遣会社の家庭教師の指導は、効率自体はよくないものの万人受けする指導を目指していることが多いので、相性が悪いことは比較的に少ないです。

契約を結んで最初のうちは、先生の説明はわかりやすいのか、必要に感じうることを教えてくれているのかなど相性を確認しましょう。

家庭教師には成績が伸び悩む以外にも様々なトラブルがあります。トラブルについては「個人契約の家庭教師でよく起こる6つのトラブル」の記事に詳しく書いていますので、ご参照ください。

失敗しない個人契約家庭教師の選び方

先に述べた注意点を考慮して、失敗しない家庭教師の個人契約の結び方を解説していきます。

志望校のOB,OGと個人契約を結ぶ

受験対策を目的に家庭教師の個人契約を結ぼうとしている方には志望校のOB,OGの先生がおすすめです。これは受験対策等目標を失うことなく必要ことに重きを置いて授業をしてもらえるためです。

また、解答だけでなく、本番に問題を解くために必要な考え方まで指導してくれることが多く、カリキュラム化させた塾や、個別指導では学べないような入試に必要な知識や考える手順を学ぶことができます。

また定期テスト対策として家庭教師を雇いたい場合には、同じ学校の卒業生から学ぶのがおすすめです。これは、学校でのカリキュラムはそう簡単に変わることがないため、先生が実際に経験したテストに必要な知識をそのまま生かすことができるからです。

知人の家庭教師を雇う

知人の家庭教師と個人契約を結ぶのは多くのメリットがあります。生徒と先生が知り合いの場合には、なんでも気兼ねなく聞けるので相性が良くなることが多いです。また先生の教え方に不満がある場合もすぐに直してもらうことができます。

また相手の素性がはっきりとしているので、経歴詐称の心配がありません。トラブル発生のリスクも大幅に少なくなります。目標・目的がはっきりとしていて、その条件に合致する際はぜひ個人契約の話を持ち掛けてみましょう。

知人の個人契約を結ぶ例として以下のものがあります。

  • 兄弟の知り合いや従兄弟などの身内
  • 近所の難関大学に通う先生
  • 個人契約を結んでいる知り合いに紹介してもらう

これらを参考にしてぜひ先生を探してみましょう。

家庭教師個人契約マッチングサイトを使う

知り合いに家庭教師がいない場合は、家庭教師個人契約マッチングサイトを利用することをお勧めします。マッチングサイトには以下の3種類のものが存在します。

  • 契約仲介型
  • 掲示板型
  • システム利用型

この中で掲示板型には注意が必要です。仲介料や紹介料はかからないものが多いですが、その分先生の経歴が不透明なことが多いです。また厳密な審査をしていないので、経歴詐称の心配もあり、危険性が高いです。

契約仲介型や、システム利用型は運営が登録時に審査をしているので、経歴詐称の心配がありません。またシステム利用の場合、紹介料がかからないことが、多いので相性が悪くても先生を何度でも変更することができます。

家庭教師個人契約マッチングサイトについて詳しく知りたい方は「家庭教師個人契約サイトってどうなの?タイプごとに特徴を解説!!」の記事をご参照ください。

また個人契約の結び方について以下の記事に詳しく書いていますので、ぜひご一読ください。

個人契約の家庭教師の探し方を解説!

2022.01.05
家庭教師の契約方法には主に業者を介した契約と個人間の契約の2種類あります。あまり馴染みがない個人契約家庭教師の探し方を中心に、個人契約のメリット・デメリットも併せてご紹介します。

家庭教師個人契約はスマートレーダーが安心安全!

スマートレーダーとは

スマートレーダー 家庭教師

システム利用型の家庭教師個人契約サイト「スマートレーダー」は、生徒一人ひとりに合った理想の家庭教師が見つかり、直接契約できる CtoC プラットフォームです。教師の得意教科の評価をAI(人工知能)によって行い、レーダーチャートで表示する日本初のサービスです。

ご家庭の方は家庭教師の指導実績や得意教科の評価、時給や趣味 、家庭教師の出身高校や在籍大学などのタグから最適な家庭教師を見つけることができます。

スマートレーダーでは先生の質が最高クラス!

スマートレーダーでは東大、京大、東工大、一橋大、旧帝大などの難関大学の先生に登録を限定させることで、先生の質がかなり高くなっています。そのため、解答を教えるだけの指導するような先生は少ないです。

また先生の登録者数も4000人以上いるのでぴったりの先生を見つけることができます。この中には当然志望校出身の先生もいらっしゃるため、志望校に特化した指導を受けることができます。

また、先生の変更には別料金がかからないため、相性が悪い先生だった場合でも安心して別の先生を探すことができます。

トラブル発生時は安心のサポート

スマートレーダーでは料金支払いが授業完了後であるため、時間になっても先生が来ないといった問題が発生しても安心して対応することが可能です。

また、料金についてもAIを用いた独自のアルゴリズムによって先生の適正時給を査定していますので、能力に応じた納得のいく料金体制となっています。

トラブル発生時は運営事務局が仲介に入り解決することができるので、安心して利用することができます。また先生の変更も無料であるためリスクも小さいです。

オンライン指導も可能!!

スマートレーダーはオンライン指導にも対応しています。

お家にいながら優秀な学生から様々な知識を教えて頂きます。地方に在住の方も、パソコンさえあれば、東大生の勉強法までも伝授してもらえます!

また、一回1時間から指導を依頼することができます。ハイレベルな指導を必要な時に必要な分だけ受けることができるため、時間を効率的に使うことができます。

他の注目記事
家庭教師情報 2022.01.24

【スマートレーダー 】東大生の家庭教師が見つかる家庭教師マッチングサービス

東大生の家庭教師はその指導力や勉強への理解度の高さから非常に人気となっています。スマートレーダーは東大生をはじめとする超難関国立大学に在籍する先生が約3,000名以上しているため、様々な経歴を持つ先生の中からご自身にあった先生を選んで指導を受けることができます。

家庭教師情報 2022.07.30

中学受験に家庭教師は必要なの?現役家庭教師が解説!!

中学受験に家庭教師が必要なのか、悩んでいる方も多くいると思います。特に進学塾の授業についていけなかったり、志望校の対策をうまく詰めていないときに、家庭教師という選択肢が浮かんでくると思います。そこで今回は家庭教師が中学受験に本当に役立つのかを現役家庭教師の筆者が解説していきます。