家庭教師を選ぶときに重要な5つのポイント

近年、家庭教師サービスの質はますます向上しており、そのメリットも相まって成績向上や受験対策として、家庭教師の利用は非常によい選択の1つと言えます。

しかしながら、いざ家庭教師を検討しようと思うと、

「どのように家庭教師を選べば良いのかわからない」
「家庭教師の選び方のポイントはなんだろう?」
「本当に成績が上がる家庭教師の選び方ってあるの?」

という悩みが出てくるのではないでしょうか?

そこで本記事では、生徒本人や保護者の方が最低限知っておくべき、家庭教師の選び方の5つのポイントを丁寧にわかりやすく解説しています。

家庭教師の選び方に悩んでいる方、上手に家庭教師を活用してお子様の成績上昇を目指されている親御様は必見です。

家庭教師のメリット

家庭教師を選ぶポイントの前に、家庭教師ならではのメリットをご紹介します。

家庭教師のメリットは主に、

  1. マンツーマンによる直接指導
  2. ご家庭に合わせた対応が可能

という2点です。

家庭教師では、教師が教える対象がお子様一人という状況になりますので、より生徒さん1人ひとりの理解度や性格に寄り添う形で指導することが可能です。

わからないところがあれば直接何度でも質問することができますから、確実に理解度を深めて成績を向上させることができます。

また、家庭教師ではご家庭の予定に合わせて授業日を設定できるというメリットがあります。

なお、家庭教師は集団塾や個別指導塾と比較されることが多いですが、この点に関して、スマートレーダーブログの「徹底比較!家庭教師vs塾」の記事に詳しい解説がありますので、そちらも是非ご覧ください。

家庭教師を選ぶポイント

家庭教師 生徒

家庭教師を選ぶ際には、まず「先生に何をしてほしいか」を明確にすることが大切です。

受験対策をしてほしいのか?
学校の授業についていけるようなサポートがほしいのか?
勉強の習慣づけをしてほしいのか?

目的によって、適切な先生は変わってきます。受験対策であれば、優れた学歴や指導実績のある先生が最適でしょうし、勉強の習慣づけを行いたいのであれば、生徒との相性の良さが重要になります。

そこで、目的を明確にしたあとに、

  1. 教師と生徒の相性
  2. 費用
  3. 教師の学歴
  4. 教師の指導実績
  5. 個人契約か業者を利用するか

の5つのポイントから先生を選ぶことをオススメします。

以下では、この5つのポイントを詳しく解説しています。

①教師と生徒の相性

家庭教師を選ぶ上で最も大切なポイントだと言われているのが、家庭教師と生徒さんの相性です。

1対1での指導になるので、人によっては先生の人柄や性格と合う合わないが出てくるのものです。

教師との相性があまり良くない場合、お子様の成績はもちろん、勉強へのモチベーションにも深刻な影響が出てしまう恐れがあります。

事前の面談や無料体験などを上手に利用して、本契約を結ぶ前に先生とお子様の相性を良く確認すると良いでしょう。

②費用

家庭教師はお金がかかるというイメージがありますが、一体どれくらいかかるのかご存知でしょうか?

下の表にからもわかるように、個人契約の家庭教師の場合は2500円~4000円が料金の相場となっています。

料金相場(1時間あたり)
家庭教師(個人契約)2500円〜4000円
家庭教師(業者利用)
3000円〜6000円
個別指導塾1500円〜3000円

また、家庭教師をつけてから、実際に成績が伸びるまで最低3ヶ月はかかると言われています。

ですから、長期間にわたってお願いできるような費用感で先生を選ぶこともポイントの一つです。

スマートレーダーでは
スマートレーダーでは、先生ごとに定められた時給と交通費以外の料金は一切発生しません。したがって、安心して費用を検討することができます。

③教師の学歴

家庭教師の学歴は先生の指導力を見極めるための重要な判断基準となります。

難関大学の学生は、受験生時代にさまざまな工夫と努力によって成績を向上させた経験があり、その成功体験に基づいて優れた指導を可能にしています。

もちろん、学歴があるからといって必ずしも教師としての質が高いということにはなりませんし、難関大学に入学していなくとも指導の上手な先生はいます。

しかしながら、全体としてみれば学歴と指導の質には相関がありますから、学歴は家庭教師を選ぶポイントの1つとしておさえておくべきでしょう。

また受験においては、志望校ごとに異なった対策をする必要がある場合があります。これは特に、難関校と呼ばれる学校において顕著にみられます。

お子様を難関校に通わせたい場合には、同じ境遇を経験している家庭教師を選ぶに越したことはありません。

なお、事例は少ないものの経歴を詐称している先生もいるため、家庭教師を選ぶ際には、正式に契約する前に受験期の体験談や経験をヒアリングすることも大切です。

スマートレーダーでは
登録されている先生全員が超難関大学の所属です。またスマートレーダー事務局が厳格な審査を行っているため、経歴詐称の心配はありません

④教師の指導実績

家庭教師の指導実績は、学歴と同様に指導力を見極めるための重要な評価ポイントです。

生徒さんを難関校に合格させた経験や、成績を向上させた経験のある先生は、優れた指導を行うことができる可能性が高いと言えます。

しかしながら、特に学生の先生に関しては十分な指導経験を持っていないことが多く、望みの指導実績を持つ先生を見つけることは難しいかもしれません。

難関大学の学生は指導経験がなくとも優れた指導が可能なことが多いため、先生を選ぶ際には、指導経験に限らず学歴や人柄などの別の基準から判断することも必要です。

勉強 転機 エピソード

⑤個人契約か?業者を利用するか?

個人契約と業者(家庭教師サービス会社)を通した契約では、それぞれにメリットがあるため一概にどちらが良いという判断をすることはできません。

下の表に

  1. 指導の質
  2. 費用
  3. 日程調整

の3つの観点からそれぞれの特徴をまとめてみました。

先ほどご紹介した4つのポイントを踏まえて、この表を参考にしながら個人契約・業者のどちらを利用するかを選びましょう。

個人契約業者利用
指導の質         
先生ごとに大きく異なる

多くの合格実績に基づいた教育システムや管理方法により指導力を担保
費用
手数料がかからないため、割安

仲介手数料があるため、割高
日程調整
先生との直接のやり取りが可能であるため、柔軟に対応

業者を介する必要があるため、直前の変更は行えない場合が多い

以上の表からわかるように、業者利用の場合は指導管理システムが整えられていることで、ばらつきがで発生しがちである大学生の指導力を一定程度担保できている一方、費用・日程調整面でネックを抱えていることがわかります。

次に個人契約の場合は、先生の指導力にばらつきがあり、求めていたレベルの指導が行われない可能性がある一方、業者による仲介がないため、割安で契約できる点や先生によっては、直前の急なスケジュール変更にもLINEの簡単なやりとりで対応してくれるこの柔軟性という強みがあります。

ただし、個人契約の場合は逆に契約があやふやになってしまい、トラブルのもととなることがあります。

これに関しては、スマートレーダーブログの「個人契約の家庭教師でよく起こる5つのトラブル」の記事に詳しく書かれておりますので、是非ご覧ください。

以上のように、個人契約と業者を通した契約はどちらにもメリット・デメリットがあります。

ですので、家庭の事情や指導の目的に合わせてどちらを選択するかを決定すると良いでしょう。

スマートレーダーでぴったりの家庭教師を見つけましょう

今回は、家庭教師を選び方をご紹介しました。

様々なところに目を向けていく必要があり、とても手間がかかるということがお分かりいただけたと思います。

しかし、お子様の成績向上や受験合格のためには必要なことだと、意識しなければいけません。

環境を用意することができるのは、お子様ではなく保護者様自身です。

スマートレーダーでは生徒一人一人にぴったりな家庭教師選びをサポートしています。

完全実力型家庭教師プラットフォーム「スマートレーダー」とは?

スマートレーダー 家庭教師

スマートレーダーでは先生の模試・定期テスト・本試験などの成績から、「適正時給」「レーダーチャート」を算出し、家庭教師を「見える化」することで適切な先生選びをサポートしています。

生徒一人一人にピッタリ合う家庭教師とのマンツーマン授業で塾では学べない、勉強の極意をぜひ体験してください。

(追記)スマートレーダーはオンライン指導に対応いたしました!

スマートレーダーの授業をオンラインで受けられるようになりました!
これにより東京一工阪(東京大、京都大、一橋大、東工大、大阪大)をはじめとする難関大学生のハイレベルな指導を全国どこでも受けられるようになります。特に地方にお住まいで難関大学合格を目指す生徒さんや自宅で行う家庭教師に抵抗のあった保護者様などにオススメです!
もちろん、今まで対面で授業を受けていた方も、移動の必要のないオンライン授業を活用することで先生との時間調整がより簡単になります。また、オンライン上で完結するため、先生の交通費などがかからず今までよりもお手軽に授業を受けることができます。

オンライン指導の際にはパソコン(カメラ、マイク、スピーカー)を使用します。オンライン指導をご希望の方は事前にご用意ください。(Google Chromeの最新版を使用して授業を行います。正常にインストールされているかも合わせてご確認ください。)


こちらから公式HPへ移動できます。


他の注目記事
休校 オンライン指導 家庭教師家庭教師情報 2020.08.28

【新型コロナ対応】オンライン家庭教師で生じやすいトラブル

個人契約のオンライン家庭教師で生じがちなトラブル例をご紹介します。オンライン家庭教師は、コロナ禍においてメリットが大きい学習方法です。しかし、個人契約の場合、通常の家庭教師とは違ったリスクも存在します。個人契約を結ぶ前に、デメリットもしっかりと把握しておきましょう!