【一橋大】【商学部】Y.H先生の場合

本記事の目的

本記事では、家庭教師マッチングサイト スマートレーダーに登録する先生から聞いた、実際の大学受験体験を掲載しています。

大学受験を突破し超難関といわれる大学に進学された先生の当時/今の性格やご家庭環境、塾環境など生の実体験を公開することで、大学受験を目指す生徒ご本人、協力する親御様の方向性の再確認、勉強への正しい向き合い方、そして大学受験後の次なる目標を見つけていただくことを目的としています。

体験記

当時のあなた/今のあなたについて紹介してください!

自分は怠惰な性格だったため、全く勉強のやる気が出ませんでした。課題は夜11時以降に重い腰を上げてやり始めることが多く、必然的に自主的な勉強はできませんでした。

趣味はゲームでずっとゲームをしていたため高一のころは特に勉強していませんでした。

行っていた習い事/部活などはありますか?

スイミング、剣道

中学、高校を通じて学校での成績はどうでしたか?

中学では最初良くて、そこで油断してしまったために下がってきました。さすがにダメだと感じたため勉強しはじめ、中3のときにほとんど5を取れるようになりました。

高校では得意な教科は良い成績でしたが、苦手な教科のやる気がでず、3をとることも多かったです。

塾や家庭教師は利用されていましたか?

佐賀出身であるため佐賀の個別指導塾エコールに通っていました。始めたのは中一のころでした。全ての教科をカバーすることは出来なかったので、苦手な教科をやっていました。中学生のときは国語を、高校生のときは英語をやっていました。

その塾/家庭教師での成績はどうでしたか?

個別指導塾だったためクラス分けなどはありませんでした。最初は地元の公立高校がC判定という惨めな結果でしたが、中3のときに初めてA判定を取れるようになりました。

大学受験時はE判定をとることもありましたが、C判定からA判定の間にいました。

受験勉強を始める前の1日の勉強時間/受験勉強を始めた後の1日の勉強時間はどの程度でしたか?

受験勉強開始前は平日2時間、休日4時間ぐらいで、

開始後は平日4時間、休日10時間ぐらいです。

各科目毎の勉強法はどんなものでしたか?

国語は語彙力を養成したあとは問題を数多く解くことに限ると思います。話を読みながら論点はここだよなと心の中で確認し、答えをみます。その論点が間違っていたら解説を見て学ぶ、合っていたらどうやってそれを表現すればいいのかを考えるのです。

英語はまず単語と文法を確実にします。これは最低でも高校2年生までにはやっておくべきです。そしてそれがやり終わったら演習問題をといて、しっかりやり直しをすることです。やり直しが最も大事です。

数学も数多くとくことが大事です。問題を見て20~30分解いて分からなかったら答えをみます。そして答えを見て納得するのではなく、自分が分からなかったところを見つけ、そこを乗り越えたらこの問題が解けるというこの問題のポイントみたいな物を軽く書き出すとよいです。

社会は人に説明するのが1番いいと思います。それが無理ならクイズを出し合いましょう。

使っていた教材/おすすめの教材

数学はプラチカがいいです。

英語の単語帳は鉄壁をおすすめしたいですが、いきなりそれは挫折しやすいのでまずターゲットなど簡単な単語帳をやってから鉄壁に望んだ方がいいです。

成績はどのように変化していきましたか?

最初はE判定で良くてもC判定という程度でした。担任の先生からも無理じゃないかと考えられていたのも理解出来ました。その頃の自分は旧帝国大学も微妙なところにいたと思います。

しかし、高3のコロナ休みで10時間ほど勉強し、B判定やA判定を取れるようになりました。

合格した学校を教えてください

一橋大学、明治大学、立命館大学、中央大学

進学した学校を教えてください

一橋大学

入学後の学校の印象はどうでしたか?

入学後には周りのレベルに驚きました。高校生のころはやはり自分はレベルが高いと思っていたのですが、井の中の蛙だったのだと感じました。

ただ、みんな優しくて九州からきた自分にも積極的に話してくれました。そのおかげでちゃんと友達も出来ました!

合格の秘訣は何だったと思いますか?

やはり仲間の存在じゃないでしょうか。自分の周りには同じように頑張る仲間がいました。彼らが努力して自分より上にいて彼らに追いついたと思ったらまた抜かれる。その繰り返しだったと思います。彼らと張り合う中で成績が伴ってきたと思います。

最後に一言ください!

受験勉強に遅すぎるということはありません。自分は最後に先生とあったとき「最後まで諦めなかったお前の勝ちだよ」と言われました。誰しも成績が悪い時期はあります。でもそこで諦めないものが目標を達成できるのではないでしょうか。ピンチはチャンスです!

今回紹介する先生に関する運営コメント

初めの成績が悪くても、諦めずに勉強することの大切さがわかりますね。コロナ休みを逆手に取って集中的に勉強したという姿勢も素晴らしいですね。

この先生に勉強を教えてほしい方へ

この先生は、家庭教師マッチングサイト「スマートレーダー」に在籍する先生です。

スマートレーダーでリクエストを行うことで、指導をお願い/記載内容についてより詳細に聞くことが可能です。

スマートレーダーとは

「スマートレーダー」は、生徒一人ひとりに合った理想の家庭教師が見つかり、直接契約できる CtoC プラットフォームです。教師の得意教科の評価をAI(人工知能)によって行い、レーダーチャートで表示する日本初のサービスです。

ご家庭の方は家庭教師の指導実績や得意教科の評価、時給や趣味 、家庭教師の出身高校や在籍大学などのタグから最適な家庭教師を見つけることができます。

スマートレーダーはオンライン授業に対応しました!

スマートレーダーの授業をオンラインで受けられるようになりました!これにより東京一工阪(東京大、京都大、一橋大、東工大、大阪大)をはじめとする難関大学生のハイレベルな指導を全国どこでも受けられるようになります。

特に地方にお住まいで難関大学合格を目指す生徒さんや自宅で行う家庭教師に抵抗のあった保護者様などにオススメです!もちろん、今まで対面で授業を受けていた方も、移動の必要のないオンライン授業を活用することで先生との時間調整がより簡単になります。

また、オンライン上で完結するため、先生の交通費などがかからず今までよりもお手軽に授業を受けることができます。
オンライン授業の際にはパソコン(カメラ、マイク、スピーカー)を使用します。オンライン授業をご希望の方は事前にご用意ください。(Google Chromeの最新版を使用して授業を行います。正常にインストールされているかも合わせてご確認ください。)


こちらから公式HPへ移動できます。


他の注目記事
先生特集 2019.07.29

東工大 最強の合格体験記まとめ【2019最新版】

東工大志望の高校生に役立つ合格体験記を、スマートレーダー掲載中の記事から厳選してご紹介しています。東工大入試改革後の最新2019年度入試の合格体験記や、東工大AO入試の合格体験記も多数。東工大を志望している高校生に限らず、他の難関大を志望する高校生や、お子様の教育方針でお悩みの保護者の方々にも…