中学受験対策・追い込みは家庭教師を利用しよう!効果的な活用方法は?

中学受験対策のために、塾を利用している方は多いでしょう。ですが「思うように成績が伸びない」「子どものモチベーションが低い」と悩んでいませんか?塾に通っているにも関わらず成績が伸びない場合は、その塾や勉強方法が子どもにあっていない可能性があります。中学受験対策のためには、家庭教師も視野に入れてみましょう。

この記事では、中学受験対策に家庭教師が向いている理由などを紹介しています。「中学受験の追い込みをしたい」「子どもの成績を上げたい」と考えている方は最後まで読んでください。

中学受験で家庭教師を活用するメリット

家庭教師を活用するメリットを4つ紹介します。

マンツーマン指導で教えてくれる

やはり、家庭教師の一番のメリットはマンツーマン指導ということでしょう。小学生はまだ学力の差がそれほど大きくない時期です。ですが、この時期にいかに基礎をしっかりと身につけられるかということで、それ以降の学力に大きな差が生じます。

集団塾の場合は、生徒ひとりひとりに目が届きにくいため、理解できなくても授業が進み教室の中で少しずつ学力差が出てしまいます。また、学校と同じように先生が一方的に説明をする授業形式がほとんどなので、躓いたときに質問をしにくく、疑問点がその場で解決しないというのもデメリットのひとつです。

一方家庭教師の場合は、「分からない」と思ったときにすぐに質問ができるので疑問点をその場で解決できます。また、先生がそばで見ているのでペンの進み具合やミスによって完全に理解しているかどうかの判断がしやすく、子どもの「分からない」を見逃しません。そして理解するまで解説してもらえるので、学力の土台をしっかりと作ることができます。

時間を自由に決められる

塾は何曜日の何時からと時間が決められているので、私生活を塾の時間に合わせる必要があります。ですが、家庭教師は自分の予定に合わせて時間割を決められるのがメリット。

通信教育も自由に時間を決められますが、「家庭教師が〇時からくる」などの明確な区切りがないので、本人の確固たるやる気が必要になります。日程を決めた後は第三者(家庭教師)が介入する家庭教師の方が、メリハリを持って実行できるでしょう。

また、まだまだちょっとしたことで体調を崩しやすい年齢ですが、塾は1回休むとその時の授業を受けることはできません。一方家庭教師の場合は、別日に振り替えることができ、学習の穴をあけずにすみます。

受験前の追い込み時期は時間や日にちを増やすといったことも可能です。

カリキュラムが自由

例えば、同じ科目でも「学校の勉強を遡って教えてほしい」「予習に力を入れたい」など、勉強の範囲を自由に決められます。

そのため、「学校の授業についていけていない子」にも「学校の勉強以上のことを学びたい子」にも家庭教師はおすすめできます。

自宅で勉強できる

家庭教師と一緒に自宅で勉強をしていると「自分の机で勉強をする」ということに慣れ、自宅での勉強習慣がつきます。この習慣を中学入学前からつけておくと、難関中学校・高校・大学に入学したときにも役にたつはずです。

また、塾までの送り迎えの必要がないので親の負担を軽減できます。

中学受験にむけた家庭教師の活用法

家庭教師をつけたら、最大限活用しましょう!先生主体の授業をしてもらうのはもちろん、それプラスαの付加価値をつけることで、中学受験成功に大きく近付きます。

明確なビジョンを提示しその実現のための授業をしてもらう

まず初めに子どもにぴったりとあった先生とマッチングできるように、志望校はもちろん、子どもの性格、苦手科目、得意科目、家庭教師に何を求めるかなどを明確にしましょう。そして、家庭教師が決まり初回の面接の時にも目標や期間などを再度確認します。

中学受験の場合は、子どもだけで目標や勉強の方向性を決めることが難しいのでしっかりと親が介入することが大切です。授業終わりに数分でもいいので親も家庭教師と話をし、勉強の進み具合やこの先1ヶ月の目標などを確認しましょう。

自主勉強中の「分からない」をメモして解説をしてもらう

授業時間は、週に1~2回、各1~2時間ほどになるでしょう。その時間で、勉強できることはそこまで多くありません。大切なのは、家庭教師が来る日までにしっかりと予習復習をするということ。その時に「分からなかった」「親がうまく説明してあげられなかった」という問題をメモして、重点的に解説してもらいましょう。自分で勉強できる範囲は自分で、独学では難しい内容は家庭教師を活用することで、効率よく学力の底上げができます。

中学受験までのタスクを作ってもらう

長い受験までの道のりのペースメーカーとして活用します。小学生が一人で数か月先の目標に向けてタスク管理をするのは無理ですよね。次の家庭教師の日までにするべきことや課題を提示してもらい、学習のペースを作る手助けや管理も担ってもらいましょう。

家庭教師スマートレーダーが中学受験対策に最適な理由

家庭教師の仲介サービスは数多くありますが、その中でもスマートレーダー利用者の満足度が高いのにはいくつかの理由があります。

志望校出身の先生を指名できる

家庭教師スマートレーダーは、志望校出身の先生を検索できるので、志望校に合わせた勉強の対策はもちろん、当日の様子や入学後のことなど、リアリティのある話を聞くことで漠然と思い描いている中学校生活が一気に現実的に想像できるはずです。具体的な話を聞くことで、モチベーションの向上や維持に役立つでしょう。

子どもと相性のいい先生が見つけやすい

基本的に、家庭教師の仲介サービスは会社が選んだ家庭教師を派遣しますが、スマートレーダーでは、依頼者自ら先生を指名できます。子どもは、「この先生と頑張りたい」「先生にほめて貰いたい」という気持ちがモチベーションに直接繋がるものです。そのため先生との相性はとても重要!スマートレーダーは、先生の学歴や学力、写真で垣間見える雰囲気だけでなく、利用者のレビューも見ることができるので子どもと相性のいい先生が見つけやすいのです。

万が一相性が悪いと感じたら、追加料金なしで先生の交代を自由に行えます。

「どんな先生を選んだらいいのか分からない」という方でもプロの担当スタッフが家庭教師の選定や操作をしっかりサポートするので安心してくださいね。

適切な価格設定

「家庭教師は授業料が高額」というイメージを持っていませんか?大学受験ならまだしも小学生に高額な教育費をかけるべきなのか悩んでいる方もいるでしょう。

しかしスマートレーダーは、家庭教師の模試や学力などを元に適正な時給をひとりひとり査定し、その報酬の一部をシステム利用料としていただくかたちで運営されているため、一般的にかかる入会金や登録費などは一切なく、利用者の金銭的負担を軽減しています。

また、一般的な個人契約紹介業者の場合、通常8,000円前後の紹介料が発生しますが、スマートレーダーは、紹介料は必要ありません。専用テキストの購入も必要ないので、初期費用を押さえられるのもメリットです。

個人契約の家庭教師について

終わりに

小学生に家庭教師はまだ早いと思う方もいるかもしれません。ですが、「塾に行っても成績が伸びない」「学習計画や管理がうまくいかない」と思う方はぜひ家庭教師を選択肢に入れてください。また、中学受験の追い込み時期に、塾と併用して家庭教師を活用するのもいいでしょう。

スマートレーダーでは「1時間4,000円以下、算数を教えてほしい」など依頼者から予算や条件を提示し先生を募集できるので、希望の予算に合わせて家庭教師を探せます。また、入会金や紹介料は一切ありません。登録も完全に無料なので、試しに家庭教師を依頼してみたい、先生を探してみたいという方もお気軽にご登録ください!


他の注目記事
勉強方法/受験対策 2019.12.03

家庭教師にトライ!はじめての依頼でも5つのポイントを抑えれば大丈夫!

お子様の成績が伸び悩んでいたり、より良い教育を提供しようとお考えの保護者さまの中には、家庭教師をお願いすることに不安がある方が多いのではないでしょうか。今回は家庭教師にトライする際のおさえておきたい5つのポイントを紹介します。家庭教師のご利用に不安を持っているみなさまは、是非ご覧ください。