中学受験の直前期に子供が勉強しない?理由と解決法を解説します。

中学受験を控えた子供。もうすぐ受験だしそろそろラストスパート!と思った矢先、子供があまり勉強しない。あまりどころか、全然していない?直前期になって余計勉強しなくなったような。直前期くらいはやる気を出すと思ってたのに…勉強しろと言ってもやらないし、直前期なのにと焦っているのは親だけ。

このような事態に陥ってしまう家庭は少なくありません。どうしてこうなってしまうのでしょうか?今回は、中学受験の直前期に子供が勉強しない理由と、その解決策についてお話していこうと思います。

小学生はそもそも勉強すること自体が難しい

そもそも、小学生は長時間勉強をし続けることが非常に難しいということを知ってあげなくてはなりません。

報酬が存在しないと人間は動かない

人間は、報酬を期待して行動する生き物です。これは子供だけではなく、大人だって同じ。仕事に行くのも、テレビを見るのも、「報酬」の力によるものでなのです。報酬が予期されると、神経伝達物質が放出され、人間を行動へと導くのです。

ではいったい、子供が勉強することに対する「報酬」っていったい何なのでしょうか?「将来いい職業につける可能性が上がるから受験を頑張りなさい」なんていっても、小学生にはあまりイメージが湧きません。報酬なくしては、子供はとうてい勉強を長時間続けることが出来ません。

勉強することに対する報酬を与える、勉強することでどのような良いことがあるのかを教えるのは、親の仕事です。毎日の報酬は、「〇〇が出来たらお菓子あげる」のようなものでも構いません。最終的なゴールは、「行きたい学校に合格する」ことです。子供に「その学校に行きたい」と強く思わせることで、勉強に向き合う姿勢が変わってくるかもしれません。

「親がお金を出してあげているのだから勉強するのは当然」と思わず、子供がやる気を出せるように、補助してあげましょう。

子供の衝動性

子供は大人に比べて衝動性が高く、目先の報酬に目がくらみやすい、ということも知らなくてはなりません。赤ちゃんが、電車などで泣きわめいているのを耳にしたことはないでしょうか?あれは、「前頭前野」が十分発達していないことにより、電車の移動時間を我慢できずに泣き出してしまっているのです。小学生もまだ前頭前野の発達真っ最中。大人と同じように、先のことを考えて行動することはそもそも出来ないのです。

ゲームやテレビ、友達との遊びの約束などが目の前にあると、それよりも先に控えた受験を優先することが出来ず、つい遊んでしまうのは、仕方のないこととも言えます。子供が勉強するためには、親が根気強く遊びを制限してあげる他ないのかもしれません。

子供は群れの中で育つ

親がどれだけ勉強しろと言っても、言うことを聞かないのは、「子どもは、友だち関係を優先して親のいうことをきかないように進化論的にプログラムされている」からだと言われています。人間も動物の一種であり、群れの中で生きていく生き物なのです。親が自由に子供をコントロールするなんてことは絶対に出来ないようになっているのです。

それでも受験合格のためには親が口うるさく言ってあげなくてはなりません。「こどもはいうことを聞かないものだ」と割り切って向き合うしかないのかもしれません。

中学受験の直前期に子供が勉強しないときのパターン別対処法

子供が勉強をするのが難しいことを知ったところで、直前期に勉強しない子供に対してどのように対処すればよいのかについてみていきましょう。直前期に子供が勉強しなくなる主なパターンとして、下記の3つを考えてみます。順番に見ていきましょう。

  • 余裕を感じて勉強をやめてしまう
  • やることが多すぎて何をすればよいのかわからない
  • ストレスなど精神的な問題で勉強をしたくなくなる

余裕を感じて勉強をやめてしまう

1つ目は楽観主義パターンです。人間は、楽観的なイメージを持ちすぎると、その物事に対するモチベーションを失ってしまうことがあるとされていいます。常に塾の模試でA判定が出続けていて、本当に余裕なのだとしても、直前期に勉強をやめてしまうのは良いことではないでしょう。このパターンの子供には、適度に悲観的になってもらわなくてはならないでしょう。

具体的には、子供に落ちてしまう可能性、本番何があるのかわからないということを子供に教え込む必要があります。

やることが多すぎて何をすればよいのかわからない

2つ目は、情報量に圧倒されてパニックになってしまうパターンである。過去問演習に塾の直前講習、そして過去のテキストの復習も…とやるべきことが多すぎてパニックになってしまっている可能性がある。受験本番まで時間があまりない場合は、やるべきことを絞り、確実に終えられるようにしましょう。

直前期のおすすめの対策の仕方については、以下の記事で詳しく解説していますので、併せてご確認ください。

中学受験直前にすべき勉強法は?直前期の過ごし方も併せてご紹介!

2021.01.08
この記事では、中学受験直前に効果的な勉強や過ごし方を解説しています。受験直前にどのような勉強法を取り入れるかによって受験本番の結果が大きく変わります。また、直前期の家での過ごし方は受験当日に実力を発揮できるかどうかに影響を与えます。中学受験を間近に控えているという方は必見です!

また、過去問演習の効果的な行い方についても、以下の記事で詳しく解説してます。併せてご確認ください。

【中学受験】過去問はいつからやるべき?効果的な使い方は?中学受験経験者が徹底解説!

2022.11.25
合否を大きく分ける過去問を用いた学習を始める時期と効率的な使い方を教科別に解説しています。

ストレスなど精神的な問題で勉強をしたくなくなる

最後に、精神的に限界を迎えてしまったパターンです。このパターンが一番危険です。もし陥ってしまっている場合は、すぐに解消してあげる必要があります。受験が終わっても精神的な傷は消えることなく、燃え尽き症候群や鬱のような症状を引きずってしまう可能性があります。

まず、親が先走って焦りすぎている可能性があります。親の焦りは子供に伝わり、無駄にプレッシャーを与えてしまいかねません。上でも話したように、子供は勉強しないもの、親の言うことを聞かないものと割り切って考えることが大事です。

また、子供がストレスで限界を迎えているようなら、リフレッシュさせてあげる必要があります。時には塾を休ませたり、半日遊びに連れていくなど、勉強から離れる時間を作ってあげることも必要です。子供の様子をしっかりと見ながら、精神面のコントロールを行ってあげて下さい。

中学受験の直前期に保護者がやるべきサポートについて「中学受験の直前期の過ごし方は?保護者がやるべきサポートを現役家庭教師が徹底解説!」の記事に詳しく書いていますので、ぜひご参照ください。

中学受験の直前期の悩みの解決に【スマートレーダー】

スマートレーダー 家庭教師

やるべきことが多すぎて子供がパニックになってしまっていたり、子供がどうしても親の言うことを聞かず、喧嘩が起きてしまう…など、中学受験直前に起こった悩みを親の力だけで解決できない時は、スマートレーダーの家庭教師を利用して解決してみましょう。

スマートレーダーとは

システム利用型の家庭教師個人契約サイト「スマートレーダー」は、生徒一人ひとりに合った理想の家庭教師が見つかり、直接契約できる CtoC プラットフォームです。教師の得意教科の評価をAI(人工知能)によって行い、レーダーチャートで表示する日本初のサービスです。

ご家庭の方は家庭教師の指導実績や得意教科の評価、時給や趣味 、家庭教師の出身高校や在籍大学などのタグから最適な家庭教師を見つけることができます。

直前期の追い込みなど短期利用にぴったり!

スマートレーダーでは授業1回1時間から契約を結ぶことができます。その授業ごとに、契約を結ぶ形式となっていますので、短期的な利用や単発での利用をするのにぴったりです。

中学受験直前期の最後の追い込みや、受験に関する不安を解消するための短期利用などにおすすめです。これを機にスマートレーダーを利用して、最後の調整をかけましょう。

スマートレーダーでは先生の質が最高クラス!

スマートレーダーでは東大、京大、東工大、一橋大、旧帝大などの難関大学の先生に登録を限定させることで、先生の質がかなり高くなっています。そのため、解答を教えるだけの指導するような先生は少ないです。

また先生の登録者数も5000人以上いるのでぴったりの先生を見つけることができます。このなかには、難関中学校出身の先生も多くいるため、志望校出身の先生をすぐに見つけて、授業を依頼することができます。

また、先生の変更には別料金がかからないため、相性が悪い先生だった場合でも安心して別の先生を探すことができます。

トラブル発生時は安心のサポート

スマートレーダーでは料金支払いが授業完了後であるため、時間になっても先生が来ないといった問題が発生しても安心して対応することが可能です。

また、料金についてもAIを用いた独自のアルゴリズムによって先生の適正時給を査定していますので、能力に応じた納得のいく料金体制となっています。

トラブル発生時は運営事務局が仲介に入り解決することができるので、安心して利用することができます。また先生の変更も無料であるためリスクも小さいです。

オンライン指導も可能!!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1-1024x536.jpg

スマートレーダーはオンライン指導にも対応しています。

お家にいながら優秀な学生から様々な知識を教えて頂きます。地方に在住の方も、パソコンさえあれば、東大生の勉強法までも伝授してもらえます!

また、一回1時間から指導を依頼することができます。ハイレベルな指導を必要な時に必要な分だけ受けることができるため、時間を効率的に使うことができます。

他の注目記事
中学受験対策 2022.11.25

中学受験直前期の12月の過ごし方は?現役家庭教師が解説!

12月から入試当日に向けた調整を始める必要があり、受験を本格的に意識することになります。体調管理や過去問対策など、最後の調整がうまくできれば、安心して入試に臨むことができるようになります。今回は現役家庭教師の筆者が、中学受験直前期である12月の過ごし方や、やるべきことについて解説していきます。

中学受験情報 2022.12.21

オンライン個別指導で中学受験対策!現役家庭教師が失敗しない活用法を解説!

最近オンライン個別指導という言葉を耳にすることが増えたと思います。オンライン個別指導では、日々の学習のサポートから入試対策まで、様々な用途があります。今回は中学受験対策に焦点を当てて、現役家庭教師の筆者が失敗しないオンライン個別指導の活用方法を解説していきたいと思います。

家庭教師 中学受験コラム記事 2021.09.13

中学受験には家庭教師がおすすめ!中学受験対策に最適な先生の選び方もご紹介!

中学受験対策のために、塾に通うか・家庭教師をお願いするかお悩みの方は多いと思います。
この記事では中学受験には家庭教師がおすすめである理由を詳しくご紹介していきます。
また、家庭教師を依頼する時に悩まれる方も多い「生徒に最適な先生の選び方」についても併せてご紹介していますので、家庭教師選びの参考にしてみてください。

中学受験情報 2022.11.19

中学受験に家庭教師はおすすめなの?現役家庭教師が徹底解説

実は家庭教師を利用されている方の多くは、中学受験対策として利用されています。「中学受験には家庭教師がおすすめ」とよく聞きますが実際はどうなのか気になっている方も多いと思われます。そこで今回は現役家庭教師の筆者が中学受験に家庭教師がおすすめなのかを解説していきます。