中学受験のための過去問演習はいつから始めるべき?過去問の目的や勉強法を押さえて中学受験合格を目指そう!

中学受験の志望校合格に向けて、最も重要と言っても過言ではないのが「過去問演習」です。これは受験を目指す方ならほとんどの方が理解していることで、中学受験直前期に過去問演習を行わない人はいないと言えるでしょう。

しかし、そのような方の中にも、過去問演習が実際のところ「なぜ重要なのか」「どのような勉強法をとれば効率的に成績を伸ばせるのか」そして、「いつから過去問演習を始めるべきなのか」などの疑問を持っている方が多いのではないでしょうか?

そこで、本記事では、「いつから過去問演習を始めるべきなのか」という疑問を中心に、過去問演習の目的や勉強法をご紹介していきます。

スマートレーダー

過去問演習は中学受験合格に必須!まずはその重要性を確認しよう。

中学受験を目指す人なら誰もが取り組む過去問演習。しかし、目的を理解せずにただ単に問題を解き進めていくだけでは、効果的に成績を伸ばすことができずに結果として無駄な時間を過ごしているだけになる可能性も否定できません。

そのような状況に陥ることを避けるため、まずは、過去問演習を実施する目的から確認しておきましょう。

志望校ごとの傾向と対策を掴む

中学入試の問題は、学校によって入試の傾向や形式が違います。例えば、ある学校は算数で図形問題が多く出題される。国語では文字数の多い作文が出題される。などなど、その傾向は学校の数だけ存在します。

その問題の傾向を掴むのに役立つのが過去問演習なのです。過去問の傾向を掴むためには、複数年の過去問を最低でも2回以上解くことが必要となります。

そして、過去問を解き終わった後の復習はもちろんですが、その際に過去問の共通点を見つけることを意識することが重要です。このようにすることで、その中学校の入試問題特有の傾向を掴むことができ、合格に1歩近くことができるはずです。

時間配分を確認する

過去問演習を繰り返すことで、それぞれの志望校の問題はどれぐらいの分量で1問あたりにかけることのできる時間はどれくらいなのか、また確実に解答しないといけない問題はどれなのかを確認しましょう。

入試は必ずしも全ての問題を解く必要はなく、解ける問題をミスなく解答して合格点に達することができれば良いのです。そのためにも、合格のために必要な点数や一つの問題にかけることができる時間をあらかじめ知っておき、中学受験入試の解答戦略を立ててておくことが重要です。

いつから過去問演習を始めるべき?

それでは、本記事の本題である「いつから過去問演習を始めるべき」かについてご紹介していきます。

過去問を適した時期に始めることができるか否かで受験の結果は大きく変わると言っても過言ではないのでしっかりとチェックしておきましょう!

過去問演習の前にまずは基礎を固めよう!

早速過去問を始めよう!と決める前に1点注意事項があります。それは、お子様に過去問演習を始めるだけの基礎力があるかどうかという点です。過去問はテキストや問題集の問題と比較すると難易度が高い場合がほとんどで、基礎力が低い状態で演習にのぞんでも、解くことができずに貴重な過去問を1年分無駄にしてしまいます。

ですので、お子様の基礎力に不安がある場合は、急いで過去問演習に取り組むのではなく、しっかりと基礎を身につけてから過去問に取り組むようにしましょう。

基本は小学6年生の夏以降から

過去問に取り組む時期は、基本的に小学6年生の夏以降、具体的には9月くらいからが良いとされています。なぜなら、この頃になると過去問を特に足りる基礎力がついている場合が多く、また、時間的にも無駄なく入試本番を迎えられるからです。

それぞれの過去問を解く回数としては、第1志望校は最低5年分、第2志望は3年分、その他併願校は2年分を目安とすると良いでしょう。また、それぞれの過去問を1周ではなく、2周・3周と繰り返すとさらに完成度を高めることができます。

「何度も同じ問題を解くことになるので、答えを覚えてしまい意味がないのでは?」と思う方もいるかもしれませんが決してそんなことはありません。なぜなら志望校の過去問の傾向を忘れないため、またお子様の「入試問題が解ける!」というモチベーションを高めることに繋がるから。時間に余裕があれば、何度も繰り返す過去問演習に取り組みましょう!

過去問演習のポイントは?

いつから過去問に取り組むべきかがわかったところで、次は過去問演習を実際に行う際のポイントを理解しましょう。

過去問演習は成績を格段に上昇させることができる可能性を秘めている反面、気をつけるべき点がたくさんあります。ここでは、その中でも最も意識してほしい2点に絞ってご紹介します。

常に本番を意識する

まず過去問演習で大事なのが、「本番意識」を持つことです。本番意識とは、その名の通り過去問を入試本番だと思って解き進めること。時間を正確に測り、静かな環境で取り組みましょう。本番の緊張感をあらかじめ知ることで、入試当日に緊張しすぎて実力が発揮できないといった状況を避けることができるでしょう。

小学生のお子様の場合、自分で本番を意識して過去問に取り組むことが難しいかもしれません。そのような場合は保護者様が、静かな場所を提供したり、試験時間を管理するなどの手助けをして可能な限り本番と同じような環境で過去問演習に取り組めるようにしましょう。

復習は時間をかけても良いから完璧に

過去問演習が終わったら採点・復習を行うことは当然ですが、この復習にもしっかりと時間をかけて行うことも心がけましょう。重要なのはただ単に間違えた問題を解き直すのではなく、「どうして間違えたのかを理解する」「類題が次出たときに確実に解けるようにする」ことです。

完璧に復習するには時間がかかってしまい、ときには試験時間以上の時間が経ってしまうこともありますが、それでも全く問題はないので安心してください。

過去問演習をした後は、たとえ長い時間がかかったとしても焦ることなくじっくりと完璧な復習をして、次似たような問題が出題されたときには確実に解けるようにしましょう。

3000人以上 バナー 最新版

個人契約の家庭教師スマートレーダーなら、中学受験に強い先生を探せる、選べる!

スマートレーダー 家庭教師

家庭教師は東大・東工大・一橋大・京大・阪大生などの超難関大生のみ

教師たちは東大・東工大・一橋大・京大・阪大といった超難関大学と呼ばれる一流の大学の生徒のみに限定されているため、教師の質が非常に高いです。

安心した環境でハイレベルな個別指導を受けられるため、成績上昇や目標の達成に大きく近づくことができます。

入会金、手数料が一切かからない安心で適切な料金体系

スマートレーダーでは入会金や手数料といった諸経費がかからない仕組みになっています。

また授業料は教師の能力から適切に算出されているため、お互いに納得することができる料金設定となっていることが特徴です。

詳しくは、下記の記事をお読みください

中学受験対策は個人契約の家庭教師「スマートレーダー」で決まり!

2021.08.06
中学受験対策ならスマートレーダーで決まり!個人契約の家庭教師「スマートレーダー」なら中学受験のプロの先生が3000名以上登録中。オンライン指導にも対応しています。
他の注目記事
コラム記事 2021.06.11

100%失敗しない中学受験家庭教師の探し方は?おすすめの家庭教師活用方法や個人契約のメリットもご紹介!

近年、首都圏を中心に中学受験を目指すご家庭が増えており、受験塾はもちろんのこと家庭教師を活用する方も多くなっています。
本記事では中学受験合格を目指すための優れた家庭教師を探すためのポイントやおすすめの家庭教師の活用法をご紹介していきます。

中学生 家庭教師 勉強 中学生 家庭教師 おすすめ中学・高校 2021.11.22

中学生のお子様の成績を上げるにはスマートレーダーの家庭教師で決まり!中学生におすすめの家庭教師の活用方法もご紹介!

家庭教師が中学生の成績アップに効く理由! まずは、家庭教師が中学校の成績アップに効果的である理由をいくつかのポイントに分けて解説します。 マンツーマンでの指導で苦手を作らない! 集団授業ですと、とうしても苦手分野などに入…